トップ > 製品紹介 > 空母決戦Ver1.5(シナリオ解説)

空母決戦Ver1.5

シナリオ解説

※画面は開発中のものです。

マレー沖海戦

■作戦内容
シンガポール攻略を目論む日本軍を悩ませていたのが、英東洋艦隊でした。
この艦隊には、イギリスが誇るプリンスオブウェルズが存在しています。
その英東洋艦隊を、航空隊戦力で撃滅すべく、作戦が発動されました。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
■日本軍戦力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・ツダウム基地
一式陸攻26機
九六式陸攻33機
・サイゴン基地
九六式陸攻5機(索敵機)
九六式陸攻26機
・ソクトラン基地
九八式陸偵2機(索敵機)
・プロコンドル島基地
零式水偵3機(索敵機)



セイロン沖海戦

■作戦内容
先のマレー沖で、日本軍は見事、プリンスオブウェルズを撃沈しました。
しかしインド洋には、空母戦力を含む英東洋艦隊が、まだ健在です。
この艦隊を撃滅し、東南アジア地域の制海権を得る為、作戦が発動されました。
日本機動部隊と、英東洋艦隊との決戦です。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
■日本軍戦力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・日本機動艦隊
空母5隻 赤城、蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴
九四式水偵2機(索敵機)
零式水偵2機(索敵機)
零式戦闘機90機
九七式艦攻99機
九九式艦爆92機
戦艦4 金剛、比叡、榛名、霧島
重巡2 利根、筑摩
軽巡1 阿武隈
駆逐艦8 谷風、浦風、浜風、磯風、陽炎、不知火、霞、霰




真珠湾攻撃

■作戦内容
大陸へ進出していた日本は、第一次世界大戦後、太平洋上にも権益を得ました。
そんな日本へ、アメリカは経済制裁を続け、互いの関係は悪化をたどりました。
この状況下、米太平洋艦隊へ怒りの鉄槌を降すべく、作戦が発動されました。
前代未聞の大奇襲作戦です。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4

■日本軍戦力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・日本機動艦隊
空母6隻 赤城、加賀、蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴
九五式水偵1機(索敵機)
零式水偵4機(索敵機)
九七式艦攻2機(索敵機)
零式戦闘機98機
九七式艦攻144機
九九式艦爆131機
戦艦2 比叡、霧島
重巡2 利根、筑摩
軽巡1 阿武隈
駆逐艦9 谷風、浦風、浜風、磯風、陽炎、不知火、秋雲、霞、霰




珊瑚海海戦

■作戦内容
快進撃を続ける日本軍は、ポートモレスビーを攻略すべく、作戦を発動しました。
米軍もこの作戦を阻止すべく、空母戦力を含む艦隊を同海域へ差し向けます。
ここに初の、日米機動部隊同士の決戦が発生しました。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
■日本軍戦力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・ラバウル基地
九六式陸攻2機(索敵機)
零式戦闘機12機
一式陸攻12機
九六式陸攻20機
・ツラギ基地
二式大艇2機(索敵機)
・デボイネ基地
零式水偵5機(索敵機)
・日本機動艦隊
空母2隻 翔鶴、瑞鶴
九七式艦攻6機(索敵機)
零式戦闘機37機
九七式艦攻24機
九九式艦爆36機
重巡2 妙高、羽黒
駆逐艦6 曙、潮、有明、夕暮、白露、時雨




ミッドウェー海戦

■作戦内容
日本軍は先の珊瑚海での戦いで、敵空母戦力により、被害・消耗を受けました。
そして、敵空母から発艦したB24により、初の本土空襲も受けました。
その状況下、ハワイへの橋頭堡として、ミッドウェー島の攻略作戦が発動されました。
又、この海域へ敵空母をおびき出し、一気に殲滅する作戦です。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
シナリオ選択5
■日本軍戦力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・第一航空艦隊
空母4隻 赤城、加賀、蒼龍、飛龍
九五式水偵1機(索敵機)
零式水偵4機(索敵機)
九七式艦攻2機(索敵機)
零式戦闘機72機
九七式艦攻79機
九九式艦爆108機
戦艦2 霧島、榛名
重巡2 利根、筑摩
軽巡1 長良
駆逐艦12 嵐、野分、萩風、舞風、風雲、夕雲、巻雲、秋雲、磯風、浦風、浜風、谷風




???

シナリオをクリアしていくと「???」の部分に新たなボーナスシナリオ2本が出現します

ボーナスシナリオ①
シナリオ選択1シナリオ選択2
ボーナスシナリオ②
シナリオ選択1シナリオ選択2




南太平洋海戦(Ver1.5より追加)

■作戦内容
ミッドウェーで大敗を喫した日本機動部隊でしたが、全滅した訳ではありません。
翔鶴・瑞鶴を中心とする、錬度の高い精鋭部隊がまだ健在です。
ミッドウェーでの雪辱を晴らすべく、米軍との決戦が開始されます。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
シナリオ選択5 シナリオ選択6
シナリオ選択7
■日本軍勢力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・ショートランド基地
二式大艇3機(索敵機)
・機動部隊主体
空母3隻 翔鶴、瑞鶴、瑞凰
九七式艦攻7機(索敵機)
  
零式戦闘機75機
  
九七式艦攻40機
  
九九式艦爆36機
重巡1隻 熊野
駆逐艦8隻 時津風、天津風、初風、浜風、舞風、雪風、照月、嵐

・機動艦隊前衛
零式水偵3機(索敵機)
戦艦2隻 比叡、霧島
重巡3隻 利根、筑摩、鈴谷
軽巡1隻 長柄
駆逐艦7隻 浦風、磯風、谷風、夕雲、風雲、巻雲、秋雲

・前進艦隊
空母1隻 準鷹
零式水偵4機(索敵機)
零式戦闘機24機
九七式艦攻6機
九九式艦爆19機
戦艦2隻 金剛、榛名
重巡4隻 妙高、高雄、愛宕、摩耶
軽巡1隻 五十鈴
駆逐艦9隻 海風、涼風、江風、高波、長波、巻波、黒潮、親潮、早潮




マリアナ沖海戦(Ver1.5より追加)

■作戦内容
日増しに増強を続ける米軍に対し、日本軍も兵力の再整備に努めてきました。
装甲空母大鳳の完成と共に、真珠湾攻撃以来の陣容で、絶対国防圏を死守する作戦に出ました。
航続距離の長い日本軍は、アウトレンジ作戦にて決戦に持ち込みます。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
シナリオ選択5 シナリオ選択6
シナリオ選択7 シナリオ選択8
シナリオ選択9
■日本軍勢力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)
・本艦隊甲部隊
空母3隻、大鳳、翔鶴、瑞鶴
天山5機(索敵機)
零戦52型76機
天山43機
彗星53機
零式艦爆11機
重巡2隻 妙高、羽黒
軽巡1隻 能代
駆逐艦6隻 秋月、初月、若月、浦風、磯風、朝雲

・本艦隊乙部隊
空母3隻 準鷹、飛鷹、龍凰
零式水偵4機(索敵機)
零戦52型56機
天山15機
彗星11機
零式艦爆27機
九九式艦爆28機
戦艦1隻 長門
重巡1隻 最上
駆逐艦8隻 浜風、野分、時雨、五月雨、満潮、山雲、秋霜、早霜

・前衛艦隊
空母3隻 千代田、千歳、瑞凰
零式水偵8機(索敵機)
 
零戦52型17機
零式艦爆45機
戦艦4隻 大和、武蔵、金剛、榛名
重巡8隻 利根、筑摩、高雄、愛宕、摩耶、鳥海、鈴谷、熊野
軽巡1隻 矢矧
駆逐艦8隻 島風、沖波、浜波、藤波、玉波、岸波、長波、朝霜




第二次ソロモン海戦(Ver2.0より追加)

■作戦内容
ミッドウェーで大敗を喫した日本機動部隊でしたが、全滅した訳ではありません。
翔鶴・瑞鶴を中心とする、錬度の高い精鋭部隊がまだ健在です。
ソロモン海域の戦いで、再び日米両機動部隊がぶつかり合います。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
シナリオ選択5 シナリオ選択6
シナリオ選択7 シナリオ選択8
シナリオ選択9
■日本軍勢力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)

準備中





レイテ沖海戦(Ver2.0より追加)

■作戦内容
マリアナ沖海戦での敗北により、日本機動部隊の打撃力は壊滅的な状態となりました。
しかもその後も米軍の反攻は進み、決戦の場はフィリピンになりました。
残る戦力を結集して連合艦隊の反撃作戦が開始されます。

シナリオ選択1 シナリオ選択2
シナリオ選択3 シナリオ選択4
シナリオ選択5 シナリオ選択6
■日本軍勢力(ゲームのデータであり史実及び各文献とは異なる場合があります)

準備中



このページのトップへ