Si-phon Game Club (SGC)Simulation Game & Column (SGC-シミュレーションゲームとコラム-)

| Si-phon トップページへ | 表示 | | 管理 | 分類 | 履歴 |
こまあぷ『空母決戦1942』 とは 2 years ago
‐陣取型の空母戦ゲーム‐

このあぷ第二弾として登場したのは『空母決戦194』である。
デザイナーは第一弾『ガザラの戦い』と同じく中黒靖氏であり、1942年の太平洋を舞台とする。

同氏が直前にデザインした『太平洋決戦』からスピンアウトしたミニゲームである。
だがミニゲームと雖も、その内容はしっかりしている。
史実と似た展開が再現され、多様な戦略性を持っている点がそうだと言えるだろう。

確かに「空母戦」という言うキーワードから、索敵や航空隊の編成などを想像される方も多いだろう。
だが『空母決戦1942』は、空母が登場するものの、「陣取型のゲーム」である。
この点を念頭に、以下を展開したい。

‐1942年の太平洋戦争‐

最初に言うと、ゲームは太平洋戦争そのものを再現したシミュレーションゲームではない。
真珠湾の奇襲からセイロン沖の海戦を経て、珊瑚海海戦が発生する直前ありからスタートする。
つまりは、1942年中頃からのスタートである。

この年は何が起こったかと言うと、空母戦が最も集中した年である。
珊瑚海海戦・ミッドウェイ海戦・第二次ソロモン海海戦・南太平洋海戦、この全てがこの年に発生した。
そうした1942年を舞台に、空母という兵器を用いて、ゲームを成立させるのがデザイナーの意向である。

‐空母の表現‐

まず空母という兵器は、航空兵器という打撃力の行使に用いる移動基地である。
この部隊が行なう事は、あくまで敵兵力への打撃力行使であり、決して制圧行動ではない。
また行動後は、見方基地へ帰還する必要がある。

こうした事を反映し、空母ユニットは複数で艦隊を編成し、移動しての攻撃を可能とする。
そして攻撃後は、見方の基地(本拠地若しくは前進基地)へ帰還しなければならない。

‐太平洋戦争の表現‐

また太平洋戦争は、その殆どが「島嶼作戦」である。
どんな事かと言うと、太平洋に浮かぶ島々の奪い合いであった。

ゲームではそうした表現として、太平洋上に5つの陸上基地が設定されている。
ミッドウェイ・マーシャル・ラバウル・ガダルカナル・ポートモレスビーの5つだ。
この奪い合いで勝負を決するのである。

ミッドウェイとマーシャルは離れているものの、残りの3つは隣接している。
この南方3つの基地の奪い合いによって、激戦が生じる仕組みが成されているのだ。
そして、陸上基地を奪い合う過程で空母戦が生じるルールにより、太平洋戦争が表現されている。

‐ゲーム視点から見た戦略の多様性‐

ゲームには様々なイベントが用意されており、こららも互いの戦略に影響を及ぼす。
また復帰の拠点である本拠地と、攻撃の拠点である前進基地という設定は、その移動ロスに悩む。

最も大きなイベントでは「日本軍の慢心」がある。
日本軍の空母が戦闘により最初に沈む時、その艦隊を構成する全空母が沈むというイベントだ。
序盤は優勢な日本軍も、このイベントが生じると、一気に形勢が逆転する事も多々ある。
逆に米軍からすると、このイベントは有効に活用したい。
仮にトラックに集結している日本軍空母を、これで一気に沈没させる事も可能だからだ。

日本軍の悩みのポイントは、日本という本拠地を攻撃の拠点にするメリットか全く無い点だ。
トラックを拠点にした方が、全ての陸上基地に近いからである。
しかし上記のイベントの関係で、空母を分散させた場合、各個に撃破されていくという問題もある。

米軍の悩みは、本拠地の真珠湾と前進基地のフィジーに分散してしまう点だ。
ミッドウェイのみ、真珠湾からは1ターンで届くものの、フィジーからが遠い。
よって日本軍に奪われると、奪還するには真珠湾からの攻略が楽なのである。

こうして序盤は、集結できない日本軍と分散を強いられる米軍、という構図が出来あがる。
また中盤以降は、数は減っても集結出来る日本軍は、分散している米軍と戦いを継続可能だ。
もろちん、プレイヤーはその逆のパターンも採用できる。
但しその時は「大きな効力」を得るものの、「大きなリスク」も保持する事となるだろう。

‐空母決戦1942で出来た事から‐

今般『ガザラの戦い』からの変更点として、スタック機能を追加できた。
こまあぷクラスの規模であると、この機能だけでゲーム1本分の工数を必要とする。
しかし、こうした機能を追加できた事で、今後の展開が明るくなるだろう。

またコンピュータとの対戦に必要なAIの開発でも、前回の作戦級AIの改修を行なった。
こうして戦略級ゲーム用のAIに仕上げる事ができた事も、今後を明るくする。
本命はウォーゲームの王道「独ソ戦」ゲームの展開であるが、これらの機能が必要だからだ。
そうした意味において、このゲームで出来た事は今後の展開において、非常に大きいと言えるだろう。

2014年7月2日、今後もウォーゲームの面白さを広め、その楽しさを拡げていきたい。


関連リンク
空母決戦1942公式サイト
ガザラの戦い公式サイト
こまあぷ公式サイト
コマンドマガジン公式サイト
盆栽ゲームズオンラインサイト
太平洋戦史公式サイト


関連記事リンク
Si-phon NewS No.010 ご紹介
SGC別冊6号 ガザラの戦い-Battle of Gazala-売記念号 ご紹介
Si-phon NewS No.009 ご紹介
『こまあぷ(駒アプ)』 とは
チラシゲーム『ガザラの戦い』 とは