フランク王国の末裔

本日の薔薇の騎士ブログにてフランク王国の話がエントリ
フランク王国と言えばトゥール・ポワティエの戦いおいて
イスラムを撃退したカールマルテルが有名ですが
この戦いの勝利で事実上のローマの庇護者となり
後のゲルマン人国家の礎となりました
フランク王国はその後分裂し
 西フランク王国はフランスとイギリス
 中部フランク王国はオランダやイタリア等
 東フランク王国はドイツやオーストリア
現在のこうした国々が形勢されていく事となります
この中の中部フランク王国はフランク王の長子が相続した国で
今のオランダからイタリアに至る細長い国で
ロタール王国とも呼ばれています
首都も2つあったとされ
地域性の違いからすぐに分裂してしまいました
この分裂によりドイツとフランスの間にある北部の領土は
この後も両国で奪い合いが続く地域となり
オランダが誕生してからも文化の違いからベルギーが独立するなど
非常に不安定な大国同士の干渉地帯となりました
また中央のスイスは傭兵国家となり
傭兵を輸出する事で収入を得るという際どい存在となり
南のローマを抱えるイタリアはドイツ(神聖ローマ帝国)と接近するものの
神聖ローマ帝国の皇帝がローマ教皇と対立して弱体化していきますので
イタリアの各都市は自治を高め商人達が力を持っていきます
こうした流れでナポレオンやヒトラーが登場し
現在のヨーロッパ諸国が形勢されていきました
また中世欧州の各国の王たちは
ほぼフランク王国の王族の末裔か
ローマのカエサルや皇帝の末裔を称しています
カエサル(ジュリアスシーザー)もローマの庇護者です
という事でローマを守る責任者というポジションは
古代から非常に重要な役割を果たしていました
先に出した神聖ローマ帝国の皇帝も
元はローマ教皇が指名したローマの庇護者でした
ゲームの中でのヘンリー6世の子であるエドワード王太子は
そうした歴史教養が深く
古のカロリング朝(フランク王国)を継承する事で
新たなローマの庇護者として君臨する事を夢見ています
本日はこれより澪(MIO)さんとの会議
Windows10対策やタブレット対策とテスティング体制
全体的なスケジュールの確認など行なってきます
薔薇戦争
(画像はゲームに登場するタロットカードの法王と皇帝)

Windows10に悪戦苦闘

女子部で請けているノベルゲームや
こまあぷチームでも再開しようとしている一般ゲームなど
Windowsで動くゲーム開発を手がけている関係で
どうしても最新OSに対応する必然性がある事と
先々月行なわれたWin10強制アップデートへの対応や
売線と言われるノートかタブレットか分かり難い機種への対応等
これら現状の問題をを考えてテストマシンをWin10にupしたり
テスト用のWinタブレットを増やしたりしています
また今月からインターンを始めた事もあって
インターン生用にWin10のPCを購入した事から
自分のメインマシンもWin10にアップデートして
先週から本格的に触り始めたものの
なんとも従来の機能が不便に感じ
便利になった機能が不要に感じるなど
テクノロジーの進化に反する明らかな老害化現象に悩んでいます
ただ若い子らも使いたがらないのがせめてもの救いですが
一般ユーザーも同じ思いならこれはこれで問題
実際うちも7月以降のパッケージ販売は急減し
ゼロに等しい状態となりました
かといってWindowsストアも微妙な状態でして
昨年アナウンスされていた従来のexe型対応版の
Windowsストア対応キットの公開もなされていない模様
(もう第3四半期も終わろうとしてんですが)
とりあえず澪さんのタイトルの発売を延期した事で
Win10とWinタブレットを研究する時間が確保されました
スタッフにもタブレットを支給して
もう少しやれる事を研究したいと思います
そんなこんなで女子部の会議が続いてます

アウトロー黒烏旅団(ブラッククロウ)

本日の薔薇の騎士ブログにて
ゲームの中でアウトロー集団として登場する
黒烏旅団(ブラッククロウ)の話がエントリ
立ち絵と一緒にご紹介したいのですが
諸事情によりビジュアル無しとなっています
彼らはケルトの末裔として登場し
イングランド王に縛られない存在としています
よってエドワードたち王子や
王に仕える貴族たちに服属する必然性はなく
場合によっては(というかほぼ)敵対します
こうした存在を物語に取り込む事で
中世当時のイングランドの状態を表し
話を伝え易くしたいと考えての登場となりました
キャラとしては
フォックス・デック・ラッツという三人が登場し
エドワードたちに絡んで物語が進んでいきます
薔薇戦争
(ブラッククロウのエンブレム?かな)

百年戦争ver1.3.0.0アップデート

新着情報の通り
本日iOS版の百年戦争へエクストラモードが追加され
現在配信されております(ver1.3.0)
(こまあぷニュースはこちら)
Android版とWindowsストア版は9/16までに配信します
一部機種で起動できない事が判明した為
現在対策を施しております
暫くお待ち下さい
百年戦争

百年戦争エクストラモードの追加はiOS版より

今朝のTwitterの情報として流していますが
こまあぷ百年戦争のエクストラモード追加を
先週末にiOS版に申請しております
本日か明日には更新されるかと思います
またAndroid版ですが
申請すると本日の反映が可能なのですが
約20~30くらいの機種で起動しない事が判明し
現在対策中となっております
こちらの更新は9/16(金)までに行ないます
Windowsストア版につきましては
この期間中に更新を行ないます
また百年戦争と薔薇戦争には
近日BGMの追加を予定しております
あと暫くお待ち下さい
なおプレスリリースは明日配信します

ベッドフォード公ジョン

ベッドフォード公ジョンはヘンリー5世の弟です
百年戦争を西海したヘンリー5世がフランスへ渡ると
兄である王の代理として国内統治に携わりました
しかしながら兄が急死してしまった為
代わりにフランス戦へ赴きます
王はヘンリー5世の子であるヘンリー6世ですが
幼少(9ヶ月)の為に摂政として政務にあたりました
ただジョンがフランスへ赴くた為
イングランド国内は更に弟のグロスター公ハンフリーが
護国卿として代理の代理を務める事となります
ところが若く血気盛んなハンフリーは
同盟国であったブルゴーニュ公と矛を構えたり
フランス戦の軍費を拒否する議会を説得できなかったりと
結果的に兄の足を引っ張る結果となりました
こうしてイングランド国内と距離が開いたジョンは
大陸内の領土で軍費を賄おうとしますが
諸侯がこれに反発してしまい
フランス戦は次第に悪化を辿ります
この時登場したのが後に有名となるジャンヌダルクであり
過労の為かジョンも急死してしまいます
この後のイングランドは穏健派と主戦派が衝突し
主戦派の代表であったハンフリーは
ヨーク公リチャードへ接近するものの暗殺されてしまい
穏健派のフォーク公ウィリアムドュラポールが実験を握り
フランスとの講和を成し遂げました
ところがこの講和の内容があまりにイングランドに不利で
議会からも突き上げを食らった彼も暗殺されてしまいます
こうして穏健派も主戦派も代表格が居なくなったものの
この後のイングランドは薔薇戦争へ突入してしまいます
こうした時代を
こまあぷ薔薇戦争で切り取り
エクストラモードのシナリオとする事にしました

サイフォンボードゲーム研究会(2016/09/03)

今月からインターンシップを再開した事もあり
20歳の子がやってきているのですが
なんとHOI(Paradox)に興味があるとの事
実況動画で興味を持ったものの
プレイはできなかったと言うのが
まさに近年起こっていた問題なんだろうなと感じつつ
インターンを行っています
また「しまにょ艦隊」「空母決戦1942」もプレイしたと言い
ミリタリーや学校教育で端折られる近代史への関心高く
昨日は明治から昭和までの話しをして終わりました
それと幸いなことに
「打ち抜きカウンター」の存在を知っていたので
こまあぷて登場する「ユニット」は「小さいカードではない」
といった始めに躓く部分が無かったのが大きく
すんなりと初動を乗り切りました
この後は「しまにょ艦隊」を題材にインターンを続け
アナログゲームのデザインまで進めれば
いろんな事ができるようになるかと思うまですが
後は本人のやる気と日程(期間が10月末まで)次第
また百年戦争のエクストラモードの進捗は順調ですので
こちらを配信申請するか
あと少し調整するかを検討しています
今般インターンで「しまにょ艦隊」を取り出したのは
陰で進めている空母戦の設計の中に
索敵ライブラリを埋め込んでいた関係があって
こちらがiOS審査に落ちたままで止まっていますので
審査に向けてなんとか解決策を見出したいところ

薔薇戦争の中のアウトロー

本日の薔薇の騎士ブログの中で
アウトローの話がエントリされています
40代以上でアウトローと聞くと
昔の西部劇に登場する無法者をイメージしますが
あれと似たようなものでもあり
違ったものでもありという事で説明も難しい存在です
中世のイングランドがどのようなものかというと
支配していたローマ人が消えて
(ケルトはそれより昔から住んでた模様)
代わりにやってきたのがゲルマン系のアングロサクソン
同じくゲルマン系ヴァイキングのデーン人もやってきて
アーサー王で有名な七王国時代に突入します
これらを排除して王朝を立てたのが
海を渡ってやってきたノルマン人(彼らもヴァイキング)
この王朝が現在の王朝に繋がります
新たに支配者となったノルマン人は
その後プランタジネット調となり支配を続けました
この過程でイングランドの法に従う事で
イングランド王の庇護を受ける事ができる様になります
しかしながらそれはイングランド王に支配される側の話
敵対する側はイングランドの法に支配される必然性が無く
よって庇護を受けたくないのであれば
税を納める必要もなく好き勝手に振舞えるわけです
結果としては両者は衝突します
こうしたアウトローの存在として
ゲームの中では山賊と海賊が登場し
一時的に組み込まれる存在として傭兵部隊
双方に取り入る存在として商人
全く別世界から関わる存在として妖精とフクロウ
こうしたキャラたちがアウトローとして登場します
薔薇戦争

2016年インターンシップ開始

本日より2年ぶりにインターンシップを再開します
学校の校長先生が以前の方に戻った事もあり
教育に対する考え方も通じ易くなって
今般再開する運びとなりしまた
今回もデザイン系の子が希望してきたので
(ミリタリーにも興味があるとか)
これまでのノウハウを活用して取り組みます
また昨日は地元商工会のお偉い方が見えられて
意見の交換を2時間近く行ないましたが
やはりどの産業も20代後半から30代半ばの
本来であれば中間管理職となるべき層の定着率が悪く
作業管理だけでなく労務管理にも苦労しているとの事
ただ全体的に20台前半の若い世代には
都合が悪くなるとすぐ辞めちゃうって傾向が
年々減少に向っているみたいなので
こうした若い世代に期待したいところ

薔薇戦争の中のケルト

本日の薔薇の騎士ブログの中で
ケルト人の話がエントリされています
実はこのケルト
イギリス史に深く関わってきた様に
今回の物語にも深く関わっています
その辺りのお話を
先月の上京時に中世演劇の先生とお話できまして
色々と勉強させて頂きました
中世イングランドというフィールドの中で
ノルマン・プランタジネット王朝から
テューダー朝へ移り変わる時期
ケルトがどう関わっていったのかを
物語の骨格に組み入れたいというのが
そもそもの始まりでして
中世イングランドにしろ
ケルトにしろ
日本ではあまり馴染みのない存在を取り扱うのに
外部より一定の不安の声も入ってきましたが
日本の戦国と異なり
まだ荒らされていないこのモチーフを扱う事は
自分なりにモチベーション高く
リサーチ作業を続けられた一年でした
(百年戦争から合わせる1年半ほどかかりました)
取り分けシェイクスピア史劇とは異なる切り口で
物語の構築を手がける事にしています
薔薇戦争

こまあぷサイコロClassicのAndroid版を更新

新着情報の書き換えと
ツィッター上でのアナウンスとなりますが
こまあぷサイコロClassicのAndroid版にて
一部の機種で生じるバグを修正しました
バージョンはver1.0.1.0となります
iOS版に変更はございません
また百年戦争のエクストラモードにつきしまては
9/2の配信設定を予定しております
後しばらくお待ち下さい
こまあぷサイコロClassic
(GooglePlayにて既にver1.0.1.0が公開されています)

徳岡正肇さんと「こまあぷ」の意見交換会in20160828

昨日は高田馬場で徳岡さんとうちのプロデューサーの子とで
こまあぷの意見交換会を行ないました
出張の合間ではあったのですが
最近はノベルゲームの方の作業が増えていて
肝心のシミュレーション側に割り当てる時間が減っており
Si-phon本体の打ち合わせとしては久しぶりかもしれません
中黒さんが加わっていただけていたら
かなり面白い展開だったと思うのですが
こちらはまたの機会にセッティングしたいと思います
徳岡さんとはタイトル個別の意見をいただきまして
特にしまにょ艦隊で取り組んだ内容につきましても
ご意見を頂きました
こちらはiOS対策を行なうか破棄するかを決めたいと思います
こまあぷにつきましては
タイトルごとに一歩ずつ新たな取り組みを実施して
プログラムとしてのライブラリを充実させてきましたが
ことアナログとデジタルの融合という矛盾した問題に対して
(かつオールドユーザーと若いユーザーとの取り組み方)
SiphonDigitalAppliからの課題を話し合いました
根本的にゲームとしての設計が異なるので
どうした指針で踏み込む事が有効か等
話している内にあっと言う間に時間がきたので
今回はお開きとなりましたが
次からにつなげたいところ

東京出張道中記(20160828)

一昨日から東京に出てきており
先日の澪(MIO)さんとこの薔薇戦争の延期に伴い
割り込みとなった作業の打ち合わせとなりました
台風10号が謎の反転をしている事もあり
日時を早めた訳ですが
各位に対応して頂きまして
なんとかスケジュールを折り返せています
今回も前回に引き続きライターと音楽関係の会議が
メインとなっていまが合間にこまあぷを入ました
現在「百年戦争」と「薔薇戦争」では
訳があってBGMを外していたわけですが
こちらの発注もしてきましたので
後日実装したいと思います
本日は用件を済ませた後で
馬場にある地ビール屋さんにでも寄って
アナログデジタルについての意見交換したいところ
今年に入ってから進めているスタッフの世代交代も
なんとかスムーズに進んでおり
極端に悪かった昨年同時期の成績と比較しても
今年は数倍の売上げを出しているので
この勢いで次期へ繋げたいと思います

GameJournal第60号

ゲームジャーナル60号が9/1発売されます
(ページはこちら)
ページを見に行くと日本地図のゲームマップがあり
マップの切り方から源平か太平記かなと思えば
なんと付録のゲームは「本土決戦1945」
太平洋戦争のクライマックスがゲーム化されています
セットアップ図を見る限り
米軍が本土上陸を躊躇するのもよくわかりますが
上陸していたらどうなるのかという疑問に答えられるのも
ゲームの利点です
ゲームの難易度は今回も魅力的な2
設定としては8/15に陸軍がクーデターを起こしたとされており
11月に押し寄せたとされているようです

薔薇の騎士たちのご先祖さまエドワード1世

本日の薔薇の騎士ブログにて
エドワード1世の話がエントリしています
この王様は薔薇戦争には登場しないご先祖様ですが
戴冠式で登場するエドワードの椅子の説明として
リサーチミーティングの時に出した王でした
この時スクーンの石の説明もしました
ゲーム中にエドワードという名の王子が数名登場するのと
エドワードという名にこだわる理由として
エドワード1世の功績は外せないとの思いで
話を出していた次第
この王自身は失地王ジョンの孫で
イングランドの力を高める事に注力した王の一人でした
そしてエドワード1世の孫のエドワード3世が
百年戦争を始めるわけです
更にその孫がヨーク公リチャードや
ヘンリー5世となります
(この辺りから血塗られた歴史が繰り返されるのですが)
エドワード1世
(画像をクリックすると拡大します)

幸村外伝(ゲームジャーナル別冊7号)

8/20にゲームジャーナル別冊として
幸村外伝』が発売されています
1986年にツクダホビーから出ていた製品の再販で
マップ等は今風のデザインへ変更しています
ツクダさんから出た当時は高校生になっていて
ゲームから離れていた事もあり
あまり記憶に残っていないのですが
戦国群雄伝シリーズとともに
タクテクス誌(HobbyJapan)に広告があったような
そんな記憶は残っています
当時は戦国に興味が無かっただけかもしれませんが
自分の場合
 OperationWinterStorm(アドテクノス)
 失われた勝利(エポック)
あたりが最後に購入した製品でしたので
それ以前に発売されたと思われます
(自分の場合これ以降の製品知識があまりありません)
ゲームそのものにつきまして恐らくは
幸村率いる赤備えが家康へ突撃するものと想像しますが
射撃と白兵戦の簡単なシステムであるというので
機会があればプレイしたいところ
それと気になる点は
近年は幸村を祭る三光神社へ初詣に行っている関係で
マップと現在の地図をトレースして
現地確認したいところ

エドワードの椅子とスクーンの石

本日の薔薇の騎士ブログにて
エドワードの椅子とスクーンの石の話がエントリ
失地王ジョンの孫エドワード1世が戦利品として
持ち帰ったスクーンの石と
それが埋め込まれたエドワードの椅子の上で
戴冠式が行なわれるという行為か何を意味するのか
征服感に浸る他方で屈辱感を与えるこの行為について
ゲーム中にどう表現しようかと迷っています
CGはそんなエドワードの椅子に座るエドワード4世
(但し場所は聖堂ではなく大広間という設定)
薔薇戦争
(スクーンの石の上で行なわれる戴冠式)

9年前の空母決戦(開発前)

もう9年以上昔になりますが
空母決戦を始めた時も今年の様な暑い夏でした
天神(福岡)のメインストリートを歩くと
地面から凄い熱風が立ち上って来てて
凄い量の汗をかいて
着ていたTシャツをホテルで捨てた記憶があります
その頃まだ開発に着手しておらず
エレメンツの石川淳一さんとの打ち合わせが主で
業界の事もいろいろと教えて頂きました
これが2007年の事です
それから12月くらいに本格的にスタートし
2009年3月6日に発売しました
この間の1年以上は今以上に建設業の作業が多く
久しぶりにそちらの作業が増えた今現在
暑い夏と共にあの頃を思い出した次第
自分は今も細々と空母戦アプリを作っていますが
これもあの頃の苦労があればこそ
久しぶりに石川さんにアポとってみようかな?

こまあぷサイコロClassicの配信申請

こまあぷニュース新着情報の通り
本日こまあぷサイコロClassicの配信を開始しました
Android版が配信中
iOS版は早ければ明日の配信となります
また百年戦争のエクストラモードの追加を
9/2に予定しております
こちらの情報は追って発表しますが
ジャンヌダルクの時代を切り取ったシナリオで
イングランド軍でプレイする高難易度モードとなります
詳細は追って発表します

5年目の女子部

来週からインターンが二年ぶりに再開されますが
現在の女子部スタッフがインターン生だったのは
今からなんと5年も前の話です
当時は最初に採用した子がまだ残ってくれていて
それまでの3年間蓄積していた技術の引継ぎを行い
現在に至るという流れです
5年目の彼女らがいるので
当時と比べると3~5倍の作業量をこなせています
自分の方も昨年の10月から建設業の仕事が増え
特に今月は営業面の作業も増えてしまい
ゲームにあてる時間は限られていますが
それでも昨年以上の作業進捗や出来高が上がるのは
彼女らの頑張りがあるからかもしれません
そんな彼女らと次のインターンをどうするか
カリキュラムを立てる事になりましたが
学生の方も学校も5年の変化があるだろうから
その辺りを早くシンクロさせたいところ
この5年間で様々な方々とも会ってきているので
人を見る目も肥えてきたと感じています
あとはこれまでキャリアをスキルに転化していけば
良い感じて成長できるはず
という事で週末はまた上京予定

澪(MIO)版「薔薇戦争」にて戴冠式のCG公開

澪(MIO)さんとこの薔薇の騎士ブログにて
昨日「戴冠式CG」の追加が行われたエントリがあり
サイトに追加されています
今回は流れによったイングランド王が誰になるのか
 王太子エドワード(ヘンリー6世の子)
 マーチ伯エドワード(ヨーク公の子)
 クラレンス公ジョージ(ヨーク公の子・マーチ伯の弟)
以上の3パターンがあり
 ペンブルック伯ジャスパー(ヘンリー6世の弟)
 クリフォード卿(ヨーク公の仇敵)
 ウォリック伯(大貴族)
の3名が護国卿となるパターンと組み合わさります
但しこれはエンディングには直結しない
ストーリーとしての話でして
エンディングはこれらのストーリーに対して
持っているパラメーターにより決定されます
理論上96パターンから144パターンありましたが
理由づけを統合して50~60くらいにまとめてます
という話から11月まで追い込む予定でしたが
先日のご連絡の通り
2017年春へ調整させて頂く事となりました
何らかのイベントが可能な時間が確保された形です
あとは余力次第で何やるか決めます

こまあぷサイコロClassicの配信申請

こまあぷサイコロClassicの配信申請を行なっています
iOS版につきまして昨晩は何故か受け付けられず
本日の受付となりました
前回の薔薇戦争同様に3日で配信できると
23日(火)に配信開始となりそうです
Android版につきましては22日(月)に配信申請し
同日配信開始になるかと思います
これらのプレスリリースは22日に出します
現在は百年戦争エクストラモードの作業に移りました
こちらは9月2日の申請を予定しています
こまあぷサイコロClassicこまあぷサイコロClassic
(モデリングの変更に伴うジャギーの発生はなんとか抑えました)

2016年インターンシップの準備へ

今月より親会社の方で営業マンを一名増員し
来期は事務職の増員も考えているのですが
ゲームの方の会社でもエンジニアの増員を考えていて
先月二社合わせての会社説明会を行なってきましたが
応募の連絡が入りましたので
来月からインターンシップの再開を行なう事にしました
応募者はデザイン枠での応募なので
それ用にカリキュラムを組む必要がありますが
これまでのインターンでも続けていた枠なのと
その枠で採用した子らが
今では主軸となってがんばってくれているので
カリキュラムに関しては一緒に考えていきたいところ
ちょうど今は福岡・長崎とも
作業スタッフが20代へ入れ替わっている時期なので
更に若い感覚が増える事はことらちとしも興味深く
一緒に取り組んで生きたいと考えています
説明会で一応の面接は行なっていますが
再度面談というか座学から入る事となります
自分としては編集向きの子かなという印象です
あとは本人のやる気次第

こまあぷサイコロClassic(再度つづき)

先日よりご案内しておりました
「こまあぷサイコロClassic」ですが
生じていたUnity5と3Dモデリングデータとの
相性問題が解決し動作するようになりました
こちらは明日8/19にiOS版の配信申請する予定です
8/22(月)にAndroid版を申請すれば
同時に配信にいきつけるかもしれません
(薔薇戦争同様3日で審査されればの話ですが)
難点としては
動作中は気になりませんが
スクリーンショットにすると
モデリングデータがジャギーっぽく見えてしまう点
スクショどうしようかというのが専らの悩み
こまあぷサイコロClassic

全員集合

お盆明けの16日は久しぶりに全員集合
という訳で朝から会議が続きましたが
こまあぷの方が問題生じて
16日配信予定でした「こまあぷサイコロClassic」が
Unity5と3Dモデリングデータのの相性問題から
配信日を遅らせる事となりました
まずはこま会議で半日
その後は遅れる事となった澪(MIO)さん案件の代わりに
割りこむ事にした別の伝奇もののお手伝い仕事案件で
ほぼ半日の会議
そして澪で半日・・・あれっ
て状態で1日が終わってしまいました
1週間前の事をさかのぼって会議するのも苦痛ですが
毎年盆明けはこんな調子で進捗が滞るものの
今年は数名が交代で出てきてくれたので
随分と助かりました
とりあえず年内のスケジュールはほぼ固まりまして
今年後半へスパートをかける事にしています
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121