2016年の総括

今年はスタッフのシャッフルに努めた年でした
2014~2015年に生じた問題に対応する事と
各員の能力を伸ばす為に
職務を入れ替えたり
より多人数のチーム作業へ取り組む為に
チーム編成を小刻みに入れ替えたりなど
より組織だった物づくりの体制へ取り組みました
前年までに出ていた問題の根幹も
人の話を聞かない指示を無視する結果を省みない等
組織としての基本ができていない事から生じていたので
これらへの対応となりました
結果こちらの問題は次第に改善されていき
比例して成績も回復していきました
但しこまあぷに関しては色々と問題が山積しており
特に毎年登場する新しいOSへの対策が残っています
WIndowsとは異なり
下位換性を保ってくれないAndroid/iOSへの対策は
常にプログラムを更新していかねばならず
 Androidの場合は新しいOSが全く普及しない事
 iOSの場合は古いAPIが切り捨てられる事
こうした問題へ個別に対応していくしかありません
タイトル数が増えていくとほぼ不可能な状態となります
アプリでよくあるサービス停止の問題は
サーバー管理コストのほかにも
こうした問題があるかと思われますが
こまあぷはできるだけ何時までも遊べるものにしたい所
12月はいったん解散して女子部の応援を行わせましたが
ここでの経験(チーム制作)は次に生きると思います
それと今年は本社の作業部屋をひとつにまとめました
これはこれで新たな問題も生じるのですが
総合するとプラスになったのではないかと思います
ついでに壁に向かって机を配置したので
全員が何の作業をしているのかわかるようにしました
電話/FAXは皆の背側の部屋中央を置いたので
これも全員が取れるようになりました
意外と作業効率はこれだけでも倍になった気がします
他にはまだ引越しが完全ではないので
来年早々には完了して新年の作業に移りたいと思います

2016年納会

昨日は海辺のゴルフ場で15時より納会
そのまま忘年会となりました
ゲームの方も描くスタッフ疲れが溜まっているので
そのまま休んでもらい
年始の出社(出初式は1/4)日に会議を行い
来年のスケジュールはその時汲みたいと思います
20161229納会パサージュ琴海
(海辺のゴルフ場で納会&忘年会)

姉川の戦いを改修中

こまあぷで試作していた姉川の戦いというものがあり
よくよく調べると桶狭間の前に作っていたものでした
よって空母決戦1942と桶狭間の中間のシステムが採用され
その桶狭間は初期バージョンである為
大幅な改修作業が必要だと判断しました
正月に通販セールできれば
ソロ版を特典にしようかと思っていましたが
停止バグも残っている為こちらも断念
ソロアプとして改修しています
基幹システムは調整しやすい薔薇戦争を元に
いろいろと調整してみたいと思います
姉川とはいっても攻城戦ゲームなので
長篠や大阪夏の陣にも転用できるかもしれません
詳細は来年の公表となります

2016年年末と2017年年始のご案内

新着情報にて
年末年始のご案内を出しておりますが
例年の如く
通販はできるだけ対応して出荷いたします
31日も午前中の注文分位は対応できるかもしれません
明日28日は大掃除
29は午前中はビルの大掃除
午後からは納会と忘年会となります
新年は1月4日が初出となりますが
実作業は5日からとなります
福袋は未定
何か出せるか検討してみます
確か一昨年の正月に「今年最後のバーゲンセール」やって
今年はまだ何もやれてない気がしますので
「今年最後のセール」ができればいいな常態
こまあぷ「姉川の戦い」(未完成)をデモ版で付けたいものの
確かまだバグが残っていたような……
今月余力があれば姉川改造の「夏の陣」作れてたんでしょうけど
ほぼ全く時間がありませんでした
来年こそは!という思いで新年を迎えたいと思います

2016年最後の会議(反省会)

今週が2016年ラストの週という事で
本日朝一で反省会(&年末調整)を行ないました
本来でしたら打ち上げもしてあげたいのですが
29日が納会・忘年会という事もあって
どうするか躊躇しています
会議の中では各員から良かった点と悪かった点
そして反省点の克服手段などを口にしました
従来から懸念していた「特にありません」は無く
これが一番の進歩だと感じた次第
来年からの作業に繋げたいと思います

格安タブレットやノートと格闘中!(更につづき)

自称クリスマス休暇中も
格安タブレットやノートと格闘を続けてたのですが
ATOM搭載の格安タブレットでは
レイヤー数の多いゲームの動きはとても悪いながら
動画はヌルヌルと動いています
恐らくハードウェアで再生支援しているのでしょうけど
Celelon3050搭載のノートより動いている姿に感動
思い出せば「戦ノ国」でモンタージュ顔グラ使った時
パーツが多い今川義元みたいなキャラは
モバイル用のCPUで極端に処理が遅くなって
一枚絵に差し替えた報告を思い出しました
このように昔からモバイル向けのCPUでは
使えるレイヤーの数限りがありましたので
その流れが続いているのかもしれません
一長一短でどちらが良いとは言い切れませんが
モバイル用でもCoreMくらいになると
軽く処理できているみたいなので
これらの性能が標準化してくれる事を望みます

クリスマス休暇(12/24~25)

昨日までの下請作業で皆疲れが溜まっていた為
本日と明日は全員休みとしました
正月休み前最後の連休となります
いろいろと夏以降止めていた作業は
来週から再開予定
こまあぷも再開したいと思います
その前に26日(月)は今年最後の反省会
生じた問題点などは来年フィクスします

股肱の騎士クリフォード卿

本日の薔薇の騎士ブログに
クリフォード卿のCG追加のご紹介がエントリ
股肱の騎士です
孤高ではありません
ブログにもあるように
シェイクスピアのヘンリー6世では
クリフォード卿が3名出てきます
子と父と老という事なので親子三代なのかと思いますが
老が誰なのかは自分も勉強不足でよくわかりません
とりあえずゲームに登場するのは「子」の方です
史劇では父がヨーク公との一騎打ちで討ち取られて
その仇を子が取る形になっていますが
父の死はゲームの中には登場しません
設定として父がヨーク公に殺されたという事にしており
ゲームの中では度々その話が出てくるかもしれません
ウォリック伯は爺さんとリチャードネヴィル
サマセット公(ゲームには登場せず)は2代4名が
一人の人物として描かれている史劇の中で
三代3名にわけて描かれているクリフォード卿は
異例のキャラと言えます
ただ一般にはヨーク公リチャードの首をとった人物
としての認識が大きいかと思いますが
ゲームではifの世界も含めて活躍させたいと思います
薔薇戦争
(追撃してくるヨークの軍勢を食い止めようとするクリフォード卿の図)

格安タブレットやノートと格闘中!(つづき)

今月はずっと女子部の応援でテスティングを手伝ってて
そのお陰でWindows10にも随分くわしくなってきました
Vista/7を殆ど使っていないまま8/8.1に移った自分としては
10は当初そんなに違和感無かったのですが
テスティングとして最低動作環境の機材を触りだすと
途端にアンチ化!しています
まず購入して最初にアップデートかかるのに時間が必要
その後もバックグランドで何かが動き続ける事が多く
テスティングなのでその状態で作業続けるしかなく
とにかくじれったい時間が長すぎる
こうした状態がまだまだ続くのでしょうか
PCゲーム作ってる側からするとすごく不安になります
ただ10インチ以下のモデルだと
MSofficeが無料である事を今更ながら知りました
ライセンス体系が面倒臭くて調べてなかったのですが
これは助かる
どうせなら全モデルで無料にしてくんないかな
せめてエクセルだけでもいうのは贅沢な願い……
もうひとつ仮想キーボード使うのになれてきたので
あまりテキスト打たないディスクトップも
マウスだけ繋いで仮想キーボードに変えました
Windows7でも意外と使えてます
基本格安モデルの用途ってこんな感じでしょうか

ハガキのブダペスト

中黒さんデザインのソリティアゲームで
ハガキのブダペスト」がBlogで公開されています
2016/12現在小さなウォーゲーム屋さんでお買い物すると
ついてくるとの事
ブダペスト包囲戦といえばHJの日本語版ゲームがあって
確か未プレイながら持ってました
マップはハードマップでしたが購入時は反り返っていて
色々と悩ましいしろものでしたが
翻訳者か作者か忘れましたが
「プダペシュト」という発音を連呼していた記憶があります
一度くらいはプレイしてみたかったのですが
ルールがちょっと面倒たったかな(微かな記憶)
ハガキゲームに話を戻すと
勝率3割くらいという黄金比率みたいなので
遊んでいても楽しいかと思われます
(こまあぷガザラのイギリス軍と同じ位の勝率です)

King Henry the Sixth 到着!

今月初めに注文しておいたヘンリー6世がやっと到着
日本語訳されたものは目を通していたのですが
原文に近いものが読みたくて注文した次第
ただ古典英文はサッパリだったので現代英文訳されたものを
どれがよいのか分からずにめくら注文
本場イギリスから2週間かけて届きました
注釈も入っててこれは助かる
ただテキスト検索したいのでePub版が欲しいところ

King Henry the Sixth (New Kittredge Shakespeare)

真田丸最終回

昨日は我慢できずにワンセグで視聴したものの……
昔のジャンプの打ち切り最終回みたいな内容にがっかり
DVD買って後から見ようと思っていたものでずか
流石にあれはない
断片的に見ていた内容は気に入っていただけに残念!
 何故真田勢と家康本陣の間がガラガラなのか
 片桐且元が戦場に居ない?から浅野勢の話も無し?
正直結末はどうでもいいのですが
クライマックスは松平勢を押し切ってく姿と
苦労の末に家康本陣に切り込む姿を想像したいただけに
……これはない……絶対にこれはない……
道明寺の回はまだ見てませんけど
最終回の出来から何か悲惨な姿を想像してしまう
一番の見せ場を失った真田丸にDVD買うモチベーションが
ただいま急降下中です一晩経っても立ち直れない
あと毛利勝永は何かの複線持ってるんでしょ
って思ってたら最後まで何も無しでただのモブキャラ扱い
コーエーゲームみたな戦況図でお終いとか終わってる
別にゲーム画面を見たくて大河みてるんじゃないと思う訳で
三谷幸喜は真田丸で何を伝えたかったのかが分からない
ただのホームドラマだったのかな

格安タブレットやノートと格闘中!

女子部の応援でテスティングや動画の調整などを
このひと月行なっていますが
難関なのが格安タブレットやノートなどのテスト
表記は最低動作環境を満たしているはずなのに
極端に挙動が悪い
いろいろと試していたのですが
最大の問題は「1280x720の画面ですか」の信号に
NOの信号を返してくる辺りで察して下さい
画面のプロパティでは1366x768なんて出てるのに
実際はそうではないみたいです
昔EeePCが登場した時も
600x480のモニタなのに謎のドライバを入れると
1280x600の画面へ様変わりしていました
これの延長の仕様なんでしょうか
まぁトロくてもネットみれれば良い程度なら
まだ我慢して使えるレベルですが
数レイヤーの画材を動かすゲームとなると
程ほど動きません
Bitrate低めのHD動画ですらデコードでコマ落ちします
そもそもSD画質前提の頃のCPUならいざしらず
HD画質の動画再生に移って久しいのに
なぜ同じCPUでコマ落ちするものしないものがあるのか
テスト重ねていくと謎を解くヒントが浮かんできました
動画のデコードは軽いに越した事ないので
できるだけ破綻しない画質かつデコードは軽くで調整
タブレットはサポート対象外にしやすいんですが
ノートの選別が難しいなぁ
何せメーカーサイトにも画面のプロパティにも
最低動作環境を満たす表記があるのだから
逆に格安ノートながら
真面目に仕様を満たしているメーカーもあり
関心する事もあります
こうしたメーカーの製品は売れてほしいなぁ

サイフォンボードゲーム研究会(2016/12/17)

ただ今こまあぷチームも女子部の応援をしている関係で
ウォーゲーム関連の仕事が全く進まない状態
そんな中「ドイツ戦車軍団」が先日届いてので
どこかのタイミングで伝えようとしていたのですが
今月は皆が超急がしいスケジュールの中なので
そっとしまってたものの
スタッフの一人が届いた事をフェイスブックで知って
知らせなかった事のお叱りを受けてしまいました
そのスタッフは士官学校でプレイ済なので
面白さがわかっているわけです
こうしたスタッフがいると助かるので
今後のプレイ会に活かしたいところ
ゲームの面白さとは別に
(エルアラメインシナリオの)
あの4ターンに何が詰まっているのかを感じて
それを制作面にフィードバックできればと思います
現在はAdbeのAftereffectsで効果などを作らせているので
その経験もこまあぷにフィードバックしたいと考えています

ぱんつぁー・ふぉー2

12/21(水)に国際通信社から
「ぱんつぁー・ふぉー2」が発売されるとの
(ページはこちら)
ゲームデザイナーは前作同様に堀場亙氏
前作も結構うれたみたいです
正直自分にはガルパンも前作もわからないので
どのようなものか判断つかないのですが
コンポーネントデザインみる限り
特に遊園地跡マップみてると面白そうに感じます
こういう要素が重要なんだろうなぁ
と思いつつも手持ちのチームがいなくて何もできません
うちの再始動は来年からかな
main-img.jpg

信州未来アプリコンテストZERO

2日前にFacebookに流れてきた
アプリ公募イベントの広告ですが
最初は長崎でやるのかと思って
人口が激減したりふるさと納税が赤字だったりと
元気ないニュースばかりの長崎も
やる気でてきたじゃんと思っていたのですが
実は長野県のイベントでした
何か長野の事をつぶやいていたのかもしれませんが
それに広告プログラムが引っかかって
表示されていた様子
長野には小5の時に行った事があります
(黒姫山とか野尻湖あたり)
それでも参加してみようかと要件みていると
30歳以下でないと無理の時点で却下
更に応募締め切りが11/13(日)との事
既に終わってる広告が流れてきてました
いろいろと残念
ナウマン像で世界制覇したり
「御旗縦無ご照覧あれ」を日本中に唱えたり
なんてゲームを考えていたのですが
機会があればそのうち作ってみよう
信州未来アプリコンテストゼロ

コマンドマガジン132号

コマンドマガジン132号が12月20日発売されます
(ページはこちら)
『マンシュタインの切り札The Battle of 3rd KHARKOV』
第三次ハリコフの戦いを取り扱ったものです
戦いそのものは押し寄せる赤軍をドイツ軍が
マンシュタインお得意の機動防御戦で撃退した戦いですが
これをハーフマップとカードドリブンを用いて
遊び易くデザインされている模様
ちなみにこのハリコフでの戦闘は
JWC『ドイツ戦車軍団』の中にも
「ハリコフ攻防戦」というシナリオが収録されています
この直前に行なわれていた「冬の嵐作戦」より
後退を続けるドイツ軍が追撃してくるソ連軍をココで撃退し
この次の「ツィタデレ作戦」へ繋がる戦いとなります
そうしたふたつのターニングポイントの繋ぎとなる戦いです
コマンドマガジン132号

Si-phonAPP開設から4年

GooglePlay(旧AndroidMarket)のアカウント開設が
2012年12月16日なのでおよそ4年が経ちます
この辺り何してたんだろうと考えると
信玄上洛を11月のゲームマーケットで先行発売し
(アナログゲーム)
12月9日に正式発売しています
この間にマニュアル誤植事件をやってしまい
第二版マニュアルを整備しつつ
Si-phonGameClubを制作していました
これだけでも首がまわらない状態だったものの
いざアナログゲームを発売すると
あちらこちらから移植したいのと話が舞い込み
デジタルアプリ化を進める事となりました
その為なれないAndroidの勉強しながら
アカウントを開設した記憶があります
厄年を過ぎた42歳の時の話です
同時に太平洋決戦(アナログ版)の制作準備に移り
3月上旬のゲームマーケット大阪に合わせて
先行発売の手配を取っていました
もしかしたら一番忙しい時期だったかもしれません
この後スタッフの入れ替わりも生じて
数年かけて今の体性へ変わっていきました
その後iOSやWindowsストアと広げていきましたが
今年は何も広がっていなかった・・・
何か考えよう

澪パin20161212

本日は夕刻よりスタッフの誕生会を兼ねて「澪パ」
お酒の「澪」の広告のに載っていた「澪パ」の文字見て
やろうやろうという事になりました
後ろの写っているのはお酒ではなくジュース
ベルギー産との事で少し甘酸っぱい一品でした
ジュースの癖にコルク抜かなければならず
少し手間取ったのですが
会議して澪パして残務に戻るというのがSi-phonStyle
明日からもがんばります
澪パ
(会議室にて暫しの小休憩)

こまあぷ薔薇戦争の改修計画

こまあぷ薔薇戦争を改修予定です
現在チームは遅れていた女子部の作業の応援に
丸ごと取られているのですが
戻ってきたらキャンペーンモードを改修します
難易度を落とすというか
エクストラモードて追加したイベントの中から
寝返り機能などを反映しようかと思います
現在仕様をまとめています
その他しまにょ艦隊も国旗なども元に戻します
こちらはiOSの審査に合わせて変更したのですが
それでも駄目でしたので元の旭日旗に戻します

ゲームマーケット2016冬

本日12月11日はゲームマーケット2016冬
東京ビックサイトで開催されています
こちらの会場に代わってからは
一度も参加してないのですが
参加人数は年々増えているとの事で喜ばしい限り
先月の段階ではお忍びで行こうかと準備してましたが
今月に入ると流石にどうにも首が回らず
今年も不参加となりました
気になっているのは昔は5月か6月に行なわれていて
途中から10月の秋開催が追加され
3月の大阪が追加していった記憶なのですが
最近は春が早まり秋が冬になって
次第にスパンが縮まっていまして
それでなくとも年3回は流石に辛いような気がします
別に情熱が無くなったわけではないのですが
一度抜けると中々参加するサイクルに乗れなくて
今後どうしようかと悩んでいます
次の春に期待!

薔薇戦争の音楽情報を調整中

できれば本日までに
薔薇戦争の音楽情報を出したかったのですが
手が回らずに出せませんでした
来週を逃すと年末に差し掛かるので
どうしたものかと検討しているのですが
契約関係などに調整が残っておりますので
来年になるかもしれません
作業そのものは進行しております

太平洋戦争から75年

75年前の12月8日(日本時間)
太平洋戦争が勃発するわけですが
最終的にこの戦争に負けた事から
日本では近代史に墨を入れられます
基本的に日本が宣戦布告したのは
 アメリカ
 イギリス
 オランダ
そして蒋介石の中華民国が日本に宣戦布告
こうして太平洋戦争が始りました
墨を入れられている関係であまり知られませんが
中華民国は汪兆銘を中心とした南京政府に分かれています
この南京政府(1938)は日本など主に枢軸側諸国から承認され
清国以来の不平等条約を解消していきました
ただ汪兆銘の死(1944)と日本の敗戦(1945)もあり
その後は蒋介石に吸収されて共産党との戦いを継続します
この辺りの関係が分かり難いのですが
 中華民国の汪兆銘と蒋介石は対立
 日本は汪兆銘政権を支援
 日本は蒋介石と対立
 中華民国(汪兆銘も蒋介石も)は共産党と対立
こうした対立構図です
1980年代以降よく耳にするようになった南京事件というのは
1938年に上海から南京を制圧した日本軍が
何十万人もの人々を大量虐殺したとされている事件の事ですが
南京を制圧したあとの日本軍は
南京政府を樹立させてその支援を行なっています
この過程で汪兆銘を中心とした組織になっていくわけです
仮に汪兆銘が長生きしていたら
蒋介石とは逆の人生だったかもしれません

真珠湾とかマレー沖とか

75年前の真珠湾やマレー沖の戦闘で
連合軍へ啖呵切った日本陸海軍ですが
今では中国軍がその勢い
大統領になる前のトランプが恫喝してまいますが
どうなるのでしょうか
空母決戦のシナリオ1は
真珠湾ではなくマレー沖海戦でして
ゲームはここから始まります
8年前の今頃はスクリーンショットを切りまくってました
その後も12/7にはサイトを模様替えしたり
イベント打ったりしてきましたので
Si-phonとしても思い出は数多くあります
10thまでには新しい空母戦ゲームを表に出したいところ
1208.jpg
(12/9までサイトのアニメを昔のものに変えてます)

サイトオープンから8年

1941/12/7が真珠湾を攻撃した日ですが
2008/12/7はSi-phonのサイトを仮オープンした日
実際は12/15にプレイリリースだして
正式オープンとなりましたが
流石に8年立つと随分とゲーム会社らしくなりました
最初は一人でしたので
サイトの仮オープンとはいっても
サイト制作も外注でしたし(他も全て外注作業からスタート)
打ち合わせにしろ何にしろ右往左往でしたが
サイトもオープンしてしまえば後は更新作業
年明けから人を入れて更新を続けつつ
少しづつ大きくしていきました
PHPでいうとまだ3.0の時代でした
当時のバーナーとか見てると懐かしい
実は12/7正式オープンの予定でしたが開発が遅れて15日になったのは内緒の話です
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126