兎丸不調(大河ドラマ平清盛)

昨日の大河平清盛の視聴率が不調の模様
そりゃあの兎丸は悪乗りしすぎ
耳までついてるのがこれまたバカにしている
壇ノ浦では角に変わるのだろうか?
なんて話しを昨年末に白浜さんと合った時にしました
大河が外れるとしたらあれだよなぁと
そもそも清盛=悪人ってイメージで年配者が興味を示していない
特に時代劇と比べても太刀回りの動きにTV作りとして格段の差があるし
登場人物が知らない人ばかりだと興味も湧かない様子
放送前の広報もwebばかりでTV見てる層は無視されてたみたいです
またこの時代の源平に興味があったとしても
それはガツガツした義朝や暴れまわる為朝や義平を見たいもの
他にも源平時代の大鎧や平安貴族の衣装などが興味の対象
少なくとも大河みてる層は「海賊になりたーい」なんて思わないし
そんなキャラに興味も沸かない
お笑いタレント使ってるけどそっち系のキャラでもないし
そんな自分も早くこのパート終わんないかなと思いながら見てました
今後は玉木宏演じるクールな義朝の活躍で巻き返してくんないかな
さいピョン.JPG

こそこそと追加シナリオ配信の準備中

伸び伸びになっておりました戦ノ国の追加シナリオ第二弾
「表裏比興の眼(まなこ)」の配信準備中
明日正式発表します
sen4.jpg

兎丸登場

本日の大河平清盛で松山ケンイチの清盛と兎丸が登場
同じ時系列で義朝の話を流す手法で暫らく続くのでしょうか
ナレーション役が頼朝という事で壇ノ浦までがドラマになっています
河野水軍か松浦党のかわりに最期まで活躍するのでしょうか
まぁ泥臭い清盛とクールな義朝という構図は続きそうです
本日は祖母の見舞いに行ってきたのですが大河は見ていないとの事
やはり清盛=悪人というイメージが見るモチベーションに繋がらない様子
タイトルづくりの失敗かな
ドラマは面白いんですが
kenichi.jpg

信玄上洛の次の追加シナリオ予定

まだ少し先の話になります
先日「謙信上洛」追加シナリオを公開した信玄上洛ですが
次は「叡山焼討」を予定しています
名前の通り信長プレイのシナリオ
大河ドラマの影響からか姉川の戦いで浅井・朝倉を破った信長が
その勢いで両者を滅ぼしたイメージが一般的に強いのですが
実は姉川の後も浅井・朝倉は信長を梃子摺らせています
その原動力となったのが比叡山の延暦寺の存在
比叡山を焼き討ちしたのにはそうした一因もあったと思われます
延暦寺を焼き討ちした事により浅井は滅亡し朝倉も滅亡します
その後は武田を長篠で破り謙信と北陸で対するのですが
そうしたゲーム視点でみた延暦寺の存在感を知ってもらう為の
追加シナリオとなります

信玄上洛サイトのページ追加など

信玄上洛のページを2つ追加しています
Si-phonNewS003号がらみの情報ページとなります
追加シナリオページ
シナリオ紹介記事ページ
信玄上洛に関しましては追加シナリオ発表されると
上記ページへ追加していきたいと思います
次回は「叡山焼討」なるものを予定しており現在調整中です
また戦ノ国の追加シナリオの配信を予定しているのですが
インストールがらみの問題が残っておりまして
あと数日お時間を頂く事となりました
申し訳ございません
配信時期は2月15~17日くらいになりそうです
正式に決まりましたら発表いたします

Si-phonNweS003号

Si-phonNewS003号のページをアップしました
(ページはこちら)
今回は『太平洋決戦~全軍突撃せよ~』の発表記事と
『信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~』の紹介記事
また特別付録として信玄上洛の追加シナリオ「謙信上洛」が入ります
「謙信上洛」シナリオデータは信玄上洛のサイトでも上げますので
もう暫らくお待ち下さい
付録のデータはゲーム本体がないとプレイできませんのでご了解を
こうしたデータの掲載は昔タクテクスに付いてた様な記憶があり
(隔月の頃だったか記憶は曖昧)
子供心に一番ホットなページでそうした思いから制作してみました
SGC別冊の制作と太平洋決戦の制作が重なっていたので
4月に持ち越そうかとも考えていたのですが
第二版の解説書付きの製品が出回り始めたこの時期なので
思い切って印刷物へ投入してみました

SGC別冊信玄号とSi-phonNewS003号の配付サービス

先日より配信しておりますSGC別冊信玄号ですが
今回特別に信玄上洛第二版解説書配付サービス対象者へお送りします
但し今後の製品でも継続できるサービスかは未定です
また同時にSi-phonNewS003号も出しているので一緒にお送りします
こちらは信玄上洛の追加シナリオを付録としております
NewS003は何時もと同じ部数刷ったのですが
NewS自体の刷り部数が元から少ないので早く無くなるかも知れません
早くも残部数200を切ったので優先的にお送りする事と致しました
Si-phonNewS003は今日中にサイトアップします

SGC別冊信玄上洛発売記念号の配信開始

本日は信玄上洛の発売記念号を配信開始しました
(配信ページはこちら)
第二版ルールブックと解説書に合わせて作っています
少し早く出来ていたのですがSi-phonNewS作っていた関係で
最後のチャックがなかなか進まず塩漬けになっていました
また先週末に体調を崩した事もあり本日の配信開始となります
それっぽい説明ページも時を同じくしてあげています
(解説ページはこちら)
あとはSi-phonNewSか残っていますが明後日頃配信します
こちらには信玄上洛の追加シナリオデータも掲載しております
戦ノ国の追加シナリオと合わせて今週は更新が続きます
SGCex003_01.jpg

新作ゲームやコラムなど追加中

先々週あたりからてんてこ舞いで首が回らない状態なのですが
新作ゲームのサイトとコラム1本を追加しています
新作ゲームはプレオープンという事でこれから変更は出てきます
(プレオープンという事でリンクがまだ完全ではありません)
■新作ゲーム『太平洋決戦~全軍突撃せよ~
■空母コラム「戦略級空母戦ゲームの可能性 について
戦ノ国は準備しているのでもう少し待って下さい
img005.jpg

清盛の海賊討伐

今週も大河平清盛が見れました
5週続けて見れたのでこの勢いで最期まで見たい所
そろそろ松山ケンイチの清盛が活躍を始めるのか
実際には忠盛の海賊討伐がモチーフなんでしょうが
清盛が活躍しような匂わせ方で終わりました
来週はパイレーツオブカリビアンもどきの兎丸が暴れるんだと思います
この辺りの話はどうでもいいんですが
折角の舟をもう少しみせてくんないかなという思いで見てました
あと食事内容も見せてくれないなぁ
これは戦国ものでもあまりみせてくれないので諦めてますが
兎丸の登場で玉木宏の義朝とは暫らくお別れの様です
kenichi.jpg

来週の予定

春の目覚め作戦へ向けて着々と印刷物の入稿が続いているのですが
まだまだ先は長いのに多少バテてきました
Si-phonGameClub別冊とSi-phonNewSの同時制作は辛かったものの
(信玄上洛の追加シナリオも加わった為)
無事入稿できたので空母戦新作ゲームの制作へ集中しています
こちらは3月の発売予定
それに信玄上洛のデジタルアプリ版が続きます
信玄上洛の追加シナリオデータが昨日届いたのでチェック後配信予定
シナリオの追加と全シナリオのデータ調整を行なっており
海路の一部変更も行ないました
データ調整は「武威」の平均値を下げて差別化を目指しました
時間がかかり申し訳ございませんでしたが来週には必ず配信します
信玄上洛の追加シナリオは「謙信上洛シナリオ」
北陸道へ進み織田との決戦を行なうものですが
北条とのからみで関東の兵が転用できず楽な展開とはなりません
その為「揚北衆」の活躍が大きなウェイトを占めます
強力な謙信attackと揚北衆の活躍で織田に勝つのは難しくありません
しかし戦力の回復と時間不足に悩まされます
関東勢を引き抜くかどうかも悩みのポイントとなります
また織田に勝つと酒宴を開き「1」の目でゲームエンドにしていたものの
非常に評判が悪かった為オプションにしています
データはサイトの方でも公開しますので暫らくお待ち下さい

ソロモン戦の反省から(続き)

ソロモンというよりガダルカナルの戦いが再現できなかった事から
スタートした戦略級空母戦ゲームですが
ガダルカナルへの突撃と空母戦の両立をどう表現するかが重要です
これはミッドウェーでも同様で
空母戦ゲームであるのにミッドウェーがないのもどうかと思うので
ちゃんとミッドウェーも入ったものとなっています
ただ負けるべくして負けた戦いをどう表現するかも問題ですが
ゲームの制作は着々と進んでおります
前回の反省から打ち抜きカウンターの入稿を急いでます
3月の発売を目指してますのでそろそろサイトもオープンしないと
また先月よりアマゾン様で購入できなくなっていたムック
『ゲーム視点から見た空母の戦い』ですが
昨日より購入できるようになりました
システムが復旧した模様で他の不具合も解消しています
でも復旧するのに結構時間がかかったなぁ
kidou.jpg
(まだまだ変更は多いと思います)

Si-phonNewS003号制作中

予定の締め切り過ぎてしまったのですがSi-phonNewS003号を制作中
詰めの段階にきています
新作ゲームの情報と信玄上洛プレイ風景
それと追加シナリオのデータ付きとなります
これと別にSi-phonGameClub別冊信玄上洛発売記念号(16p)も入稿済
新作ゲームの制作と信玄上洛アプリ版の開発も同時進行なので
非常にバタ狂っている状態ですがなんとか今月を乗り切りたい
少なくとも5月まではビッチリ詰まっており
特にDTPの人手不足が深刻なので体制をどうするか考えています
専門学校へ行ってみるにも行く時間がない

ソロモン戦の反省から

空母決戦の反省点のひとつがソロモン戦が再現できなかった点
もちろん第二次ソロモン海戦はシナリオにありますが
ソロモン戦全体の流れが再現できませんでした
(キャンペーンシナリオでは多少踏み込めました)
空母戦に特化した仕様だったので仕方のない事ですが
現在作成中の戦略級空母戦ゲームではここを再現したいと思い
調整作業を進めております
まだロゴもないのでサイト公開できないのですが
コンポーネントの制作は先に進んでいるので
サイト作成はロゴなしの状態作業しております
タイトルとロゴ(仮ロゴでも)ができれば公開したいと思います
(こちらは数日中に)
また「ゲーム視点から見た空母の戦い」がアマゾン様で購入できない
こちらは未だ返答がなく原因もよくわかりません
取り扱っている仕様孫の数が多いからかレスポンスが悪いのが難点
今日も返事がこなかったらマーケットブレイスに出店して様子をみます

追加シナリオ第二弾につきまして

今月中に配信予定の追加シナリオ第二弾につきまして
先週MustaAttackの日記中に少しお話しを出していたのですが
シナリオデータは出来ているものの
前回同様インストーラの作成に苦慮しております
installshieldというインストールソフトを使っているのですが
上手く更新できずにお時間を頂いております
空母決戦パッチの時の用に独自のインストーラを用いるか
再インストール方法を取ると進むのですが
どちらにも一長一短があり対策を考えております
日数がかかっております事大変申し訳ございません

松山ケンイチの清盛

珍しく今年の大河は今回まで毎回見れてます
前回から玉木宏の源義朝と松山ケンイチの平清盛が絡みだしました
それと同じく為義と忠盛も絡みだし
源氏vs平氏という構図でドラマは進んでいくようです
無理やり感は否めませんが一般にはその方が分かりやすいんでしょう
後はそろそろ例の兎丸が暴れだす頃かな
kenichi.jpg

ウォーゲーム制作者支援企画の検討

コミケやゲームマーケットなどで活躍されている方々向けに
小ロットコンポーネントの製作を支援する企画を立ち上げるか検討中
最低限のコストでという方には向かないかも知れませんが
せっかく作ったゲームに打ち抜きカウンターを揃えたい
オフセット印刷のマップを加えたいといった
そこそこのパッケージングまで行ないたい方向けの企画です
20~50の小ロットでも安く仕上がる様に
うちの予備資材や持ってる型を流用する案ですが
カウンター数などの制限(15mm198個固定等)はでそうです
とりあえずは次の浅草ゲームマーケット向けに始めようかどうしようか
といったところ
但し始めるにしても制限は多く出そうです

ソリティア空母戦は戦略級ゲームへ(続き)

Blogの中でコソコソと持ち出したソリティア空母戦ゲームですが
数名の方よりご連絡を頂きました
とても有り難い事なのですがこちらからのご返答ができないままで
大変申し訳ございません
まだまだ変更する内容が多いと思われるのですが
なんとか来週中には発表したいと思います
恐らくSi-phonBoardGameのシリーズ第二弾となります
(多分これは確定)
とりあえずこれがほぼ確定した事で入稿スケジュールを練っています
肝心な所でタイトルがまだ未定
これを決めないと先に進まないものが多い
あとジャケットのビジュアルどうしようかと悩んでいたのですが
こちらもなんとか目途が立ちそうで気が楽になりました
週末はチャート類の整理とルールの固定を目指し
来月からはバランスの調整作業に集中したいと考えています
前回の問題点として
・ユニットが最後まで届かず画像が作れなかった
・ダンボールやスリーブの段取りに時間を取られた
・ルールの最終稿ファイルのつなぎ方に問題があった
等の問題が発生したので今回は全てクリアする体制で進めています

三月までのスケジュールを組む

福岡へ出張し戻ってきてまた会議と
三月までのスケジュールを組んでいます
印刷物が結構あるのですがこちらが間に合うかどうか
アプリ版の開発やアナログ版ゲームの制作が加わった為
どうしてもこちらの作業が多くなっております
来週より色々と発表していきたいと思います

摂津源氏

京武者としての色合いが強いのが摂津源氏
名称の通り摂津に住み着いていた源氏の一派です
源頼光の流れを組む勢力が多く源平期では源頼政や多田行綱が有名
保元・平治の乱でも多くの武者が登場します
ウォーゲーム日本史12号清盛軍記の中では源光保も登場します
平治の乱での光保は頼政と共に義朝と同じ側で戦っていましたが
別に義朝に従っていた訳ではなく
二条天皇に仕える京武者として参加していた様です
所が二条天皇が見当たらない事から戦う意義を失い
後白河陣営へ鞍替えする格好となります
最初から義朝に従っていた訳でもなく義朝を裏切った訳でもないのです
それを再現してかゲームの中では二条天皇が出てきません
二条天皇がいるのに裏切るのも変ですのでこれは正しい判断だと思います
その代わり皇族がもつ調略の能力を藤原氏に持たせています
こうした話しを中嶋真さんから聞く事ができ巧いなぁと感じました
ちなみにSi-phonNewS002号の話しの最後に登場する明智光秀ですが
光保(平治の乱後に殺されます)の兄が土岐氏を名乗りだすようで
その子孫がバサラ大名で有名な土岐頼遠
その土岐氏の流れで明智氏が居ると言われているので出してます
これに義平の雷神逸話を書き加えました
ゲームから摂津源氏の存在を知って貰えた上で
興味を持つ事で調べ始めるとこうした逸話に掛けている事に気づくかな
その為には光保を知って貰いたいのだけれど
光保を知って貰うにはもっと有名な子孫へ繋げる必要があるかな
という事で回りくどいのですが話しを纏めました
あとは地味に続いている渡辺党をチラ出ししているのも同じ理由
こちらは御先祖様が有名です
また渡辺○と名前が一字なのは伝統の様です

シミュレーションとキャラ

大河平清盛が始まった関係で今年は「清盛軍記」を2週ほどプレイ
20年ぶりにあった知人曰く「源平わかんないや」
何がわからないのかというと人物(キャラ)の違いがわからないという
例えば源頼政や源光保といった人物が摂津源氏と分類できていて
その摂津源氏がどうした性格のものか知っていると楽しめるゲームです
けれどもそれがわからないとゲームの楽しむポイントが絞られる
その事はある程度想像できていたので人物の逸話から入ったのが
Si-phonNewS002号での記事なのですが
もう一つの壁が源○○だとか平○盛ばかりで覚え難いとの事
でも独ソ戦で多いPz○というユニットには何の疑問も湧かないとも言う
子供の頃からの知識が大きいんだろうなぁとも感じます
生まれた時に湾岸戦争が終わってた世代などはWWIIの兵器について
「見た目も古臭くて何が良いのかわからない」とも言われます
こんな事を考えてるとコーエーさんらがやってきた
戦国ゲームのキャラゲー化は浸透させる意味では正攻法とも言えます
キャラへの思い入れを強めさせる事でファンを獲得してきている訳ですから
更に歴史観に捕らわずに展開したバサラは新しいユーザー層を獲得しました
そうした事を考えると源平を広めるには
同じような間口商品が必要なんだろなとも感じています
鬼の形相の義親や義平そしてイケメン義忠など
それにダメ親父の為義に賢く見せる義朝や貧乏臭くがめつい行家なども
プレイしたいと思わせるには当然ながら必要な要素に
シミュレーションゲーム業界は全般的に疎いが衰退の原因なのか
源平争乱でもこの辺りの打ち合わせが出来なかった事を反省してます
平家物語のゲームも作っているのですが完成度が低く空母戦を先にしました
逆にこちらは時間がとれたのでキャラ化という方向も考えます

ソリティア空母戦は戦略級ゲームへ

先日からお話ししていましたソリティア空母戦ゲームは
戦略級ゲームとして登場する予定
まだ確定してませんがSi-phonBoardGameで出せるかどうか
別のシリーズの可能性もあり決定までもう暫らくお待ち下さい
デザインの子が急ぎ作成したサンプルの出来が良かったのか
内々のお披露目では一定の評価を得たので仕上げに入ります
戦略ゲームの中でどう機動力を発揮できるかを表現したいと思います
信玄上洛のアプリ版もまだ開発中なので
こちらのアプリ版が出せるかは全く決まっていませんが
それはそれで後で考えます

玉木義朝(続き)

三週連続で大河平清盛を見れました
玉木宏演じる源義朝が今週から本格的に登場
話の内容には違和感があるものの
駄目親父為義像は義朝視点からみた為義なので
河内源氏の取り扱いはこの視点で展開していくのでしょう
後は保元・平治の乱までは活躍が続くはずなので
それまでが楽しみ
個人的には義朝の弟・義賢と清盛の弟・頼盛が出てくるのかどうか
出てくるのならどんな絡み方するのかに興味あり
義朝.jpg

信玄上洛のゲーム内容ページを更新

久しぶりに信玄上洛のページを更新
(更新のページはこちら)
第二版ルールに合わせての更新となります
その他追加シナリオの準備も進めていますが
テストの時間が取れずに遅れています
次の作品の準備もありそちらのページも準備中
但しタイトル名が決まっていないのでこちらも決めないと

2012春の目覚め作戦始動

色々と製品化できる直前までのものがあるのですが
深刻な人手不足により直前で止まったままのもの多数
マニュアルを作りかけてる所で止まったものであるとか
挿絵が足りずに止まっているものなど
契約もやりかけのものや打ち合わせの途中で中断しているものもあり
なんとか押し切って今年の流れを作りたい所です
商品以外にもSGC別冊の信玄上洛号もほぼ出来ているのですが
そこから先の作業にたどり着かずそのまま数日が経過
これまでのPCゲームの他にアナログゲームを始めたのも原因の1つですが
製品化しないと話しにならない
ただ信玄上洛のロゴ元の文字を書いて貰った書道の先生のところには
発売ひと月以上経ってしまいましたが漸くデザインの子と挨拶へいけました
また毎年恒例になってきた初代空母決戦の発売日に合わせた企画として
最初の年が日本機動部隊とのバンドル版
次の年が空母決戦と日本機動部隊の攻略本にもなっていたムック制作
ときたので今年はボードゲームの制作に突き進んでいます
ちょうど3月4日(空母決戦は2009/3/6)にゲームマーケット大阪があるので
なんとかそれに間に合わせようという企画となりました
昨年から作り続けてはいたのですが
暫らく中断していた事もあり不満点もリセットして再設計中
来月に正式発表したいと思いますがその前にサイトも作らないと
また信玄上洛のアプリ版もあるので今年の春は忙しくなりそう
そういう意味ではやっと組織らしく回り始めてきました
2011秋の攻勢は失敗
2011冬の嵐作戦は成功と頓挫と両方あったので
2012春の目覚め作戦は成功を目指して邁進します
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131