信玄上洛追加シナリオページ更新中

信長の比叡山焼き討ちの信玄上洛追加シナリオ「叡山焼討」の
配信開始に向けて現在ページを準備中
Si-phonNewS004号の付録となるのですが
SGCページの他に信玄上洛の追加シナリオページへもリンクを付けます
(ページはこちら)
DLデータの設置までもう暫らくお待ち下さい
先日も書き込んだ様に最終的には武田の動向が運命を握り
その為には徳川を自由に転用できない縛りが発生します
しかし転戦させないと序盤の包囲網が打破できず
苦しい展開となってしまいます
延暦寺や松永久秀が本格的に登場するのと三好も初登場となり
収録していたユニットの殆どがこれで登場できた事となります
三好三人衆につきましては三好義継を登場させた為
岩成友通のユニット化を見送った経緯があります
ご了解下さい
シナリオでは代わりに松永久秀が登場し
三好長逸・三好政康と共に三好三勢力となります

祖母の訃報

一昨年の祖父に続き祖母の訃報が入りました
昨年暮に病院を出されて自宅療養が続いていたのですが
先日からの天候悪化で気圧が下がった事が悪くしたのかも知れません
祖父と違い厳しい事もなく優しくしてくれるだけでしたが
最後に辛い療養の中において生きる力を教えて貰いました
今月に入り事務所が留守がちになっていましたが
通夜と葬儀が入る関係で今週いっぱい留守がちとなります
ご了解下さい

戦ノ国ver1.5パッケージ版の可能性

今回「信玄上洛」で出す事となった信長包囲網シナリオですが
戦ノ国ではキーマンとなる登場人物や勢力がほぼ出てこないので
こちらでのシナリオ化は断念しました
申し訳ございません
国割も変えないと難しいかもしれません
戦ノ国で出来なかった事の反省から信玄上洛が作られた事もあり
比叡山焼討ちはそちらのシステムで試してみる事としました
ソロモン戦が再現できなかった空母決戦の反省から
太平洋決戦を制作したのと似た様な理由となります
戦ノ国に関しましては最初にもう少し会議へ出ておくべきだったと
反省点が多く残る作品となりましたが
ver1.5にて可能な範囲で修正をかけました
ただ店頭に並んでいる事が希な様でして
この件に関しまして問い合わせも頂いております
今にして思えばver1.5の時に空母決戦ver1.5同様
パッケージ版を出しておけば良かったかなとも後悔していますが
今更どうにもなりません
三国志12や太平洋戦記3が4月中に出る様ですが
この辺りがWindowsゲームの最後になるのかならないのか
Windows8が出るとそのチェックも必要になるので夏以降の発売は大変です
ver1.5出すか出さないか悩んでいますが現時点では難しいかなという所

信玄上洛「叡山焼討」シナリオ入稿

年明けから準備していた信玄上洛追加シナリオ第二弾「叡山焼討」
週末に最終調整してデータの入稿を終えました
Si-phonNewS004号の付録となります
サイトでも公開予定ですが
Web担当の子とDTP担当の子が両方とも居なくなったので
特にwebの更新作業が遅れています
暫らく一人で作業する事となりそうなのでなるべく溜め込まない様
努力して更新させていきます
そのSi-phonNewS004号はなんとか入稿してきました
当初は第一次から第三次包囲網までのキャンペーンも試していたのですが
信玄上洛のスケールでは面白みに欠ける処があり
第一次の終わりから第二次包囲網に掛けての時期に絞りました
何処かに戦力を集中すると別のエリアが参戦される
徳川を引っ張ると武田が動くという構図で進行します
 織田・徳川(プレイヤ)
 武田
 浅井・朝倉・延暦寺
 足利・六角・三好・本願寺・雑賀
という4つのグループに分けての行動となります
三好は更に三好長逸・三好政康・松永久秀という3つの勢力に別れます
(俗に言う三人衆ではありません)
包囲網の開設は記事に入れ込んだのですが
シナリオの解説が入りきれなかったのでこちらはサイトで補填します
sn004.jpg

教育者として非常に疑問な記事に遭遇

自宅では未だに新聞を取っています
地元長崎にローカルの新聞社があるのと弊社の記事も載せて貰えており
ローカルニュースや地元のスーパーの広告もあるので
取らない訳にはいきません
その新聞の中で何故か山梨の県立大学の教授の記事が載っていました
4月初めの記事(4/2)らしく新入社員の事が書かれていました
ゆとり教育を受けて社会に出るとそこには競争社会が待ち構えていて
メンタル弱い子が挫折していくと言うよくある記事なのですが
競争している社会が全て悪いかの如く書き込める視点がよく分からない
またそういう子らを送り出しているのは一体誰なのかと強く問いたい
学生時代は社会に出る為の準備期間であるはずなのに
その大切な時期に社会へ出る準備をしてあげれていない事を
自分たちの力不足であり恥ずかしい事だと思わないのだろうか
書いてるのが大学の教授という事でその視点で読んでいたのですが
読んでて非常に頭に来たのでそのまま丸めて捨てました
教育者が仲良しクラブを気取ってどうすんだろ
あの先生のゼミから採用する企業はどんな所なのか興味が沸きます
同じ日に本社では入社式がありました
中学を卒業して来た子ですが将来の夢は二階建ての家を建てる事だと言う
きっと親や周りの教育者が立派だったんだろうなと感じました
何処も人手不足なのに新卒者を採用したがらない風潮に対して
教育者はもっと恥を知るべきだと感じた一日でした

延暦寺登場

低視聴率に悩んでいる平清盛ですが珍しくずっと見てます
今週は先週に続き延暦寺が登場
強訴のあり方が描かれていました
ビジュアルとして見れる事は希だと思います
視聴率に関しては地デジになってから見なくなった人らや
そもそも暇潰しでTVみるという習慣が無くなった来ている事も
理由の一つになっているのてはないでしょうか
それだけTVの価値が下がっているという事で
よほど見たいと思わせる仕掛けをしないと視聴率を取るのは
難しい時代になってきていると思います
そうした中で暗い・爽快感がない・知らない人物だらけ
というのは見たいと思わせるには厳しいのかもしれない
ドラマの作りから考えると
忠盛が死なないと清盛は賢く描かれないかも知れません
あとは皇族の暗さが足を引っ張っていると思うのですが
こちらは最期まであのままなのでしょうか

ウォーゲーム日本史プレイアワード2012(第一回)

昨年暮にご紹介したウォーゲーム日本史プレイアワード2012ですが
第一回ノミネート作品が発表されています
(発表のページはこちら)
対象のゲームはSi-phonNewS002など「清盛軍記
為朝と義平が暴れまわるあのゲームです
大河・平清盛だと夏ごろの展開になるかと思います
また真面目なイメージの摂津源氏が裏切りまくる設定ですが
大河ドラマの中でその辺りの補填があると良いなぁ等と感じています
ソロプレイも可能なのでルールも覚えやすかったのも
発表から日が浅くてもブログの記事になれた理由の1つかなと思います
次第二回は西南戦争がノミネート対象となります

Si-phonNewS004準備中

4月から体制が変わるので急ぎ準備に入りました
今回は信玄上洛の追加シナリオ「叡山焼討」にちなんで
中面は信長包囲網の特集とします
時系列で第一次~第三次包囲網の説明を入れたいと思います
またニュースはデジタルアプリを入れます
画面が固まってきたのでできるたけ製品に近いものを掲載します

信玄上洛追加シナリオ第二弾「叡山焼討」準備中

信玄上洛の追加シナリオ第二弾の情報です
前回のSi-phonNewS003号にて「謙信上洛」を追加しましたが
次のSi-phonNewS004号には「叡山焼討」を付録しようと
現在準備中です
今回は第一次信長包囲網からが舞台となります
開始時期は朝倉攻めから行うか叡山焼討ちから行うかを調整中
各個撃破を狙う為に戦力を集中すると別のエリアへ参戦される
トドメを刺し損なうとズルズルと膠着状態に陥る
というパターンのシナリオになりそうです

メール配信の不具合(続き)

先日の書き込みの続きとなります
処理が終わったと思っていたのですが
infoから転送していたものが送れていない事が発覚し
現在整理しています
こちらの件数は多くないのでそう時間はかかならいと思います
まことに申し訳ございません
どうにもプロバイダによって使うポート番号や認証方法が違うのか
発信できたりできなかったりしておりました
出張中や移動中にメールの発信を行う時は
できるだけ持ち歩く携帯キャリアで統一したが良いのかもしれません
また来週からは暫らく事務所に人が居なくなるので
連絡と作業履歴を取り合うシステムを構築中
スケジュール帳はいろんなのがあるのですが
タスク管理ができるもので良いものが見つからず
GoogleドキュメントとSkyDriveも試してみましたが
随分使いやすくなっていたもののどちらもイマイチ
結局Excelで組んだものを利用する事になりました

平清盛の視聴率が低調

また最低の視聴率だったそうです
一応ずっと見ているのですがどうでも良い話しを引っ張りすぎ
「歴史への招待」や「その時歴史が動いた」ではないのだから
もう少しドラマ仕立てをしても良いのではないでしょうか
上記の番組ほどの解説も無い訳でして
知ってないと理解できない逸話も多い
ただでさえ清盛=悪人とイメージしている人も多い中で
主人公が活躍しない爽快感を出せないではドラマとして死んでいる
加えて駄目なイメージの皇室像が悪い方向へ拍車を掛けている
史実はどうであれ義朝との対決軸を表に出して
玉木宏の義朝に引っ張ってもらうしかない気がずっとしています
とりあえず保元の乱近くまではズルズルモードなんでしょうか
海賊が出なくなっただけマシだと思い見ています

太平洋戦記3が発売されるみたい

確か初代の空母決戦が発売した後で発表がなされて
その後一度ジェネラルサポートさんへご挨拶へ御伺いした時に
社長の阿部さんが熱く語っていたゲームですが
漸く発売される様です
発売日は4月28日(土)だとか
(サイトはこちら)
この所の市況の悪さから開発中止したのかと心配してたのですが
発売される様で何より
国内メーカーの新作シミュレーションは久しぶりではいなでしょうか
他にも三国志も続編だ出る模様
三国志も7からやってないなぁ9は確か買ってたと思うんですけど
原点回帰とかいうコーエーさんにしては珍しいフレーズを使っていたので
購入した記憶があります
そのキーワードを頻繁に使うシステムソフトさんは最近サッパリですが
久しぶりに明るいニュースが続きます
今年はミッドウェー70周年だからか太平洋戦争のゲームが多い
国際通信社からも5月にもう一つ太平洋戦争ものがでます
こちらも楽しみ

メール配信の不具合

特定のアドレスに届くメールの内
一部のアドレスから発信しておりましたメールが
発信できていない事が発覚しました
まことに申し訳ございません
発覚しているのは3月15日から23日23:00頃までのものです
現在対策を終えましたので
未発信となっているメールの配信を開始します
なんとか本日中には終えると思います
昨年の夏に借りていたレンタルサーバーの運営者が交代し
その辺りからスパムメールが急増
特にこの所は酷かったのでスパム対策を行っていたのですが
処理の一部が完全ではなく今回の事態となってしまいました
サーバーの引越しも含め検討しております

SGC別冊太平洋決戦発売記念号の配信開始

Si-phonGameClub別冊太平洋決戦発売記念号の配信を開始しました
(配信ページはこちら)
発売直前に追加されたエポック0のチュートリアル
本エポックの紹介などを行っております
国際通信社様と昨日お話ししていた時にジャケットの絵に関して
質問を受けたのでここでもお答えしますと
ホーネットへ村田重治機が魚雷をぶち込む直前をイメージしています
ゲームで言うと空戦と対空処理を終えて対艦戦果を決める直前
そのダイスを振る瞬間をイメージしました
空母戦のゲームならこの場面だろというシーンです
これは最初の空母決戦の時にも予定していたのですが
あちらはヨークタウンへ急降下爆撃を終えた後になったので
今回復活させて板倉宗春さんに描いてもらいました
ロゴは信玄上洛の時と同じ書道の先生に書いて頂いたものから作成
昨日の話しの中で備忘録にはもう少し調整の判断基準などを書けば良かった
などが出てきましたので追ってサイトの方で追記していたたいと思います
(ePub版はもう少ししたら配信が開始されると思います)
SGCex004_01.jpg

Acrobatへ動画の埋め込み素材を試作中

PDFの意外な機能として見落としていたのですが
Acrobat9から動画の埋め込みが可能となっていた様です
今の所FLV形式のみの対応ですが再生できる環境では再生しています
但しFLVという事でiPadでは見れません
また多分AcrobatRaederも9.0以上でないと見れない様です
X(10.0)では見れましたが7.0では再生しませんでした
現在配信しているePub版のSi-phonGameClub等と一緒に
このファイルを広報素材として展開できなか検討中
明日SGC別冊太平洋決戦発売記念号を公開する予定ですが
こちらには間に合わなかったものの
今後の展開として有効に使えないか考えています
それと4月から体制を刷新する事となりました
これまでの広報部門の仕事が制作部門の仕事へシフトしている関係で
電話サポートを暫らく休止するかもしれません
その場合もメールでの受付は続けます
この点は今月中にどうするか発表いたします

Android機購入

Si-phonBoardGameアプリ用にAndroid機を購入
買ったモデルは評判が悪いNECのLifeTouchですが
Android2.2とCPUやメモリなど考えて
これで動かないと駄目だろ的な意味合いとして購入してみました
早速電源を入れて初期設定中
Windowsの設定より断然簡単で使い勝手も良いかなという所
今の所はキビキビと動いてくれてますが
評判からしてそのうちモサモサしてくるのやら
またサイトみてたらクレードルがついて来ると思っていたのですが
残念ながら別売りでした
代わりにSDカードが4GBながら付属してます
GPSもついてるみたいなのでカーナビに使ってみよう
ネットとメールならこちらがネットブックより使い易い
こりゃWindowsも廃れる訳です

「太平洋決戦」先行発売分への対応

新着情報の通りゲームマーケット大阪で先行発売しました分へ
(新着情報はこちら)
追加で封入しておりました追加データ集(16p)でございますが
製本版が到着しましたのでお申し付けの方へ発送しております
時間がかかりまして申し訳ございませんでした
一部の内容も変更が発生して箇所もあり
この違いなどを踏まえてQ&Aページを準備中でございます
もう暫らくお待ち下さい

久しぶりに休暇

日曜日に続き久しぶりに連続休暇
祖母の見舞いと米寿の祝いが出来ました
誕生ケーキにさしたロウソクの火を消す姿が楽しそうでした
この所は体調を崩しており苦しそうにしていたのですが
本日は体調も良かったのか良く話し食事もしていました
空母決戦の発売後は休みが取れずに会う機会も減っていたのですが
久しぶりに続けて会えて親戚とも一緒になれました
明日からは来期の体制づくりに邁進します
漸く製品のコスト化が見えてきたので
後は生産ラインを増やして行くとなんとか採算に乗りそうな計算
その為の面接など今週から忙しくなりそうです

ソリティア太平洋戦争

昨年のソリティア独ソ戦に続き3月20日に発売されるのが
「ソリティア太平洋戦争」(ページはこちら)
カードを使った一人プレイゲームです
こちらも太平洋決戦と同じくゲームマーケット大阪で先行発売でした
今回は連絡不足という事もあり見事にタイトルが被ってしまい反省
しかしコマンドやウォーゲーム日本史やベストも出してるのに
このタイミングで出してくるとは思ってませんでした
コマンドマガジン編集部のパワーは本当に凄い
次は5月にゲームマーケットがあるのですが
流石にうちは出せるか未定
源平の他にも関ヶ原やレイテやSFものがコソコソ進行中ですが
どれもまだまだ形になっていない
ミッドウェー70年だしそれっぽいの出さないと駄目かな
因みにコマンドさんの方ではもう一本「太平洋戦争」が来るそうです
中黒さんのBlogに出てました
oth021.jpg

義平と朝長が名前だけ登場

今週の大河でようやく義平と朝長が名前だけながら登場
義朝の子で頼朝の兄となる二人です
共に平治の乱後に命を落とします
義平はその前年に後の朝日将軍義仲の父・義賢を討ち取ります
そうした流れからか平治物語では暴れまくります
最期は義朝の仇を取ろうとして京に戻り捕まって殺されます
朝長は義朝と逃避行の途中で受けた傷が元で亡くなります
この時に頼朝も捕まりますが命は助けられました
その縁があってか後に清盛の弟・頼盛は頼朝から優遇されます
なんて話がこれから続くと思われるのですが
そうした知ってる逸話が出てこないと退屈でたまらない
どうでもよかった海賊や兎丸も出てこなくなった所で
はやく軍記物語の逸話が出てくる話へ進んでもらいたいもの
予告編では来週から玉木宏の義朝が京へ戻ってくるみたいです
義朝.jpg

最後のサムライ 西南戦争(WGJ)

ウォーゲーム日本史13号『最後のサムライ 西南戦争』が3月20日発売
(ページはこちら)
九州を舞台にした西郷どんのラストギャンプルです
こちらもゲームマーケット大阪で先行発売されてましてました
九州マップなので人気ないかなと思い気や熱心にプレイされてました
ゲームマーケット秋では清盛軍記の記事を号外号に掲載できたのですが
今回は太平洋決戦の校正作業が当日早朝まで続き手が回らず…
できれば良い機会だったので触りたかったのですが残念
昔GJの2in1で付いてた西南戦争との比較プレイが面白そうだったので
直前まで悩んだのですが虚しく断念
機会があればその内やってみます
また次のコマンドマガジンも川越夜戦との事で
久しぶりに国際通信社は日本史のゲームが続きます
wgj013.jpg

「太平洋決戦」発売に合わせて

新着情報の通り本日無事に「太平洋決戦」を発売しました
これに合わせてSGCのページへデザインコンセプトの記事を追加
(『太平洋決戦~全軍突撃せよ~』 とは)
SGC別冊の発売記念号は来週の公開となりそうです
今回は予想以上の初回ご注文を頂いた事から製造が遅れ気味となり
通販サイトの公開と発送の開始が遅れてしまいました
恐らく来週初めには追いつくと思います
弊社通販サイトで行っている予約特典は21日7:00まで対応予定ですが
発売日を過ぎたので予定個数がなくなり次第終了いたします
その他デジタルアプリ版のページも追加
4i_t002.jpg

太平洋決戦ページ更新中

明日発売日を迎える太平洋決戦のページを更新中
制作ノート
ディベロッパーズノート
先行発売に向けて大阪へ出発する直前に色々と問題が出て
更新作業も遅れてしまいました
画像を作る時間がなくてテキストベースでの更新となります
その他SGCページへコンセプト記事が上げられたらそこまで更新します
SGC別冊「太平洋決戦発売記念号」は入稿しているものの
年度末という事もあり印刷屋さんも非常に急がしそうでして
来週からの配布配信となりそうです
Q&Aページは週末より手をかける予定です
また人手が足りないので来期は増員を予定していますが
その辺りの仕事も増えてて今月はちょっと大変
tk.jpg

日本機動部隊を久しぶりにプレイしてみて

昨年の1月と2月はムック制作の為プレイした日本機動部隊ですが
それ以降はパッタリ
源平争乱から決算に入って戦ノ国のVer1.5キャンペーン
そしてSi-phonBoardGameの信玄上洛と太平洋決戦だったので
プレイする間がなかったというか
但しプレイとはいってもソロプレイシナリオ
真珠湾とスラバヤ沖海戦です
この2つのシナリオって30年ぶり近いかもしれない事に気付きました
(ムックのページ担当は自分ではなかったので対戦シナリオやってました)
チュートリアルなので意外とルール覚えるとしなくなるもの
久しぶりに触るとやはり勉強になります
流石は鈴木銀一郎先生のゲーム
真珠湾からスラバヤの繋ぎも巧いなぁ等と
いきなり有名な真珠湾でメインの航空ルールを覚えさせ
スラバヤで艦隊戦
珊瑚海やミッドウェーで空母戦のルールを追加していきます
そして一番有名なミッドウェーを山場にしている訳ではなく
第二次ソロモン海戦で全てのルールを出すという手法
というのも太平洋決戦のチュートリアルでスラバヤを追加したのですが
(艦隊と軽空母が出てくる超ミニシナリオです)
スラバヤだとモチベーションが沸かないのか
最初にいきなりミッドウェーを始めたという意見(先行発売分)もあり
その辺りの気配りというかユーザー側の気持ちの誘導方法が
まだまだ力不足である事を実感しました

空母決戦の四年目へ(続き)

前回の続きになります
空母決戦を最初に出した時は機種毎の相性に泣かされました
DirectXってこんなに不便なんだなというのが第一印象
文字の表示位置がバラバラだったり
表示しないはずの情報が表示されたり
何気に行っていた文字のスクロール機能や索敵画面の処理など
グラフィックチップごとの処理になりそうとなった時は唖然
でも今ではあの時より酷くなっているのだろうから
Windowsはこれからどうなる事やら
もはや8には誰も期待していない
その時から使っていたノートのバッテリーも死亡して
この冬バッテリーを買い換えました
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126