太平洋決戦のQ&Aページにつきまして

現在サポートへ寄せられた質問をまとめあげ
昨日組んだHTMLへ流し込んだのですがかなりの量になってしまい
二次的にまとめ直し作業を行っております
ルールを体系的にまとめ直してその補足をQ&Aといたします
またチュートリアルでスラバヤ沖海戦をご用意していたのですが
(龍譲が出てくるものの敵の空母がいないエポックとなります)
空母同士のチュートリアルが欲しいとの要望もございましたので
こちらの準備も進めたいと思います
お時間がかかっております事まことに申し訳ございません
GW期間中もこちらの作業を優先して参ります

太平洋決戦がらみのページを構築中

GWに向けてサイトづくりに終始しています
信玄上洛と同様に太平洋決戦のコンテンツページを作成
あとはコンテンツを入れていくだけに仕立てています
また遅れていたQ&Aページも難攻していた土台づくりが終わり
後はテキストを流し込む程度へ組み込みました
別途まとめているテキストを配置していきます
出張中もやっていたのですがレイアウトが崩れていたので
その修正に半日ほどかかってしまいました
なんとか今晩からテキストを流し込んでいきます
三月中にページの立ち上げができず申し訳ございませんでした
サイト弄っている間にSGC号外ゲームマーケットのラフが届きました
こちらの記事も急がないといけないのですが
夜間の作業はQ&Aを優先させます

攻略本パックから一年(続き)

前回の続きです
空母決戦そのものは追加シナリオ3本を含んだものです
その攻略データまでを掲載し攻略本との形を取りました
攻略データを無視してもゲームの流れとして読めます
そうしたムック形態を取る事で編集部の力も上がったのですが
震災の影響もありその後のシリーズは塩漬けとなりました
何にしろその後の一年を棒に振る形となりましたが
この時の経験や流れが後のSi-phonBoardGameへ繋がります
そうした意味では非常に大きな作品となりました
kubosp2.jpg

ゲームマーケットのSGC号外準備しないと

もうすぐGWがやってきてそれが終わるとゲームマーケット
これまでもゲームマーケットではSGC号外としてやってきました
今回も予定しているのですが
スタッフが事務所に居なくなったので調子が悪い
なんとか企画をあげないと
国際通信社の中黒さんがゲームを作っているので
そのレポートかインタビューかとりたいなぁという所
太平洋決戦もあわせて特集を組みたい
もう一本うちのゲームが間に合うかどうか

Windows8に振り回されない方向で計画

先週から面接を続けています
来期の計画が何とか立ってきたのでその為の体制づくりですが
この所は出張も続いているので人手が減った分
いろいろと支障も出始めています
とりあえず震災と節電で被ったダメージもなんとか回復できそう
但しそれも11月くらいからなので今期の成績が頭痛い
Windows8がどうなるか分かりませんが
もうWindowsにはこちらに振り回されたくないので頭には入れない事に
太平洋決戦のQ&Aページが止まっていたのですが
途中で急遽海外へ出張したスタッフとも合流できるので
そこで打ち合わせを行いまとめて行きます
遅れていて申し訳ございません

色鉛筆の思い出から(つづき)

週末の話題の続きです
土曜日に姪の進学祝いを行い90色のクレパスを贈る
兄にあたる甥が割り込んで袋を開けて何処かへ消える
お菓子と思ったらしく目的が外れその場を去った模様
貰った本人は「おおっ」と言ってそのまま落書きを始めました
あのボリューム感が将来の役に立てば良いのですが
どうなる事か

頼朝登場

本日の大河平清盛で義朝の子として頼朝が登場
兄の義平はまだ名前しか登場していないので
義平の登場はもしかしたら保元の乱だけかもしれません
家成邸襲撃で為義と清盛との対立構造ができあがったので
これからは清盛と義朝vs為義という対立構図で進むのでしょうか
義賢襲撃がなければ本当に義平の登場は保元の乱だけになりそう
襲撃があれば為義と義朝の対立構造も表現されていくと思います
カンフル剤としても玉木宏にはもう少し活躍して欲しいなぁ
義朝.jpg

攻略本パックから一年

昨年出したムック空母決戦攻略本パックからも一年が経過
震災後ピタっと止まった受注状況の中
強行して発売して悲惨な結果だったのですが
それでも売れ続けている所に感謝しています
このひと月後に源平争乱とSi-phonPackを発売したのですが
震災の影響がこんなに長引くとも思っていなかったのも事実
実際6月の終わりごろから回復していたのですが
7月に出された菅政権の節電ブームがトドメをさした感が強いです
そのお陰でAndroidの普及が伸びていったので
そちらへシフトする決意もできたわけですが
kubosp2.jpg

色鉛筆の思い出から

子供の頃の話しになりますが
入学祝いか誕生日に誰かから100色の色鉛筆を貰いました
色鉛筆という事で芯が硬くて使い難かった事もあり
あまり使っていませんが今でも持っています
子供心にあの100色のボリュームに圧倒されました
そんな思い出から今年から入学する弟の子へ買ってあげる事に
この子はよく似顔絵を描いて遊んでいます
そこで色鉛筆ではなくクーピーを買ってあげようと探していたら
100色ではなかったものの90色の限定版を見つけました
早速注文していたら本日届いた模様
今月初めにお祝いをしてあげる予定でしたが
祖母の葬儀が入ったので明日に順延となりました
遅れたものの明日渡す事にします

Race to Kyoto 1946

a-gameshopで販売されている同人扱いのゲームです
(ページはこちら)
コマンドマガジン102号の付録ゲームをベースにしています
ゲームマーケット大阪でお目見えして
ご当地ゲームという事もあり1時間ほどで完売してしまいましたが
その後も売れ続けているとの事です
先日デザイナーの方とお話しする事ができて聞けたのですが
ベースとなった「Race to Tokyo」が面白いもの若干重く
時間が少なくても遊べるサイズで更に調整したとの事でした
その辺りも受けている理由かもしれません
本来「Race to Tokyo」のお試し版機能もあったかと思うのですが
肝心のコマンドマガジン102号が売り切れています
今後はこうした企画もありなのかなと思う所
kyoto.jpg

Si-phonNewS004号反省会

今回はスタッフの異動もあり早めに着手したのですが
ニュースで使う画像がどの段階のものを使うかに悩みました
付録の追加シナリオ「叡山焼討」は昨年から準備していたので
こちらは無難に入稿できたのですが
やはりニュース記事のタイミングが難しいです
その前に太平洋決戦の発売記念号を作っていたので
その流れで作業は進められたのですが
辞める事になったweb担当の子との引継ぎ作業もあり
今回もDTPの子にがんばって貰いました
Vol.5まで作ってきたSi-phonGameClubも忘れていないのですが
現在の所はPCの新作が出ないので新聞形式のもので展開しています
(作り方を忘れない様に別冊形式で製品に特化したものを出してます)
最近はDTPのスピードが上がり記事書く方が追いつかないので
こちらの対策を考えています
出張が多いと移動時間で描き溜めしていたのですが
最近は出張が少なくシステムを弄ってる時間が多いので困ったもの
次の005号は太平洋決戦へシフトする予定
今回はイラストが少なくなったのですが
作図が多かったので仕方ないかなという所
また作図を入れると文字が少なくなり文字を増やすと作図が入らない
読みやすいとは言われているのですが
フォントサイズ・字間・行間も考えないといけないのかどうか
今後の課題にしていきます

コマンドマガジン104号

4月20日にコマンドマガジン104号が発売されます
(ページはこちら)
今回は久しぶりの日本史もの
しかも「川越合戦」「厳島の戦い」の2in1という事です
昨年末の102号が完売したので今号どうなるのか興味があります
そうしたニュースがあるので少なくともデジタルよりは
風向きが良い方向へ向かっている気がします
信玄上洛のシステムで再現できるのなら
コラボシナリオでも作るのですが
ユニットがなかったりマップが圏外だったりするので
今回はちょっと無理
またひょんな事から102号付録の『Race to Tokyo』から派生した
インディーズゲーム『Race to Kyoto 1946』のデザイナーさんと
やはり風向きは微風ながら追い風になってきている風な内容で
昨日お話しができました
こちらの今後の展開にも期待
CMJ104.jpg

「叡山焼討」裏話(その3)

前回の続きで最後になります
今回のシナリオでお伝えたかった事は
有名だけど非常に分かり難い信長包囲網の対立構図と流れ
事の始めはよく言われている様な信長と義昭の対立ではなく
共に越前で斯波氏に仕えていた織田家と朝倉家の戦いであり
将軍家がそれに便乗して事を大きくしていくという
室町時代よくあるパターンの抗争劇であった事です
これをゲームから体験できるように調整に入りました
朝倉と戦わず武田と戦っていたら等という
ゲームによくあるifの世界は今回持ち込みませんでした
これが対戦シナリオであるならもう少しifの幅を広げますが
折角のソリティアシステムなので各々の勢力の気分を
じっくり味わってもらえる様に調整する事としました
最初から義昭を滅ぼすのは容易ですが
信長は義昭を追放したものの殺す事は行いませんでした
また土岐頼芸や斯波義銀も同様に巧く扱っています
そんな信長の行動を反映して
武田が参戦しないと織田は義昭へ攻撃できないとし
義昭を追放しないと勝てないとしているので
武田とは戦わなくてはいけない構造としています
そうした織田の心境を味わう事で西上作戦シナリオも
また楽しめるという方向へ流れて欲しいという思いもありました
機会があれば対戦型に振ったものへも挑戦してたみいと思います
sn004.jpg

ようやく対立構図が鮮明になってきた平清盛

本日の放送で清盛の弟・家盛が死に頼盛の登場が増えてきました
清盛は子供も多いので兄弟は頼盛だけの登場かも知れません
また摂関家の対立を匂わす内容でしたので
来週辺りから激しく対立していくのかも知れません
それに巻き込まれる形で義朝の登場があったので
これより父・為義や弟・頼賢と対立していく複線かと思います
頼賢は木曾義仲の父でもありますが
義朝の長男・義平に討ち取られてしまいます
それが保元の乱の前年くらいなので
これから先は話が面白くなっていく事を祈るのみ
皇族では近衛天皇が登場しましたが今後はコロコロと変わります
ただでさえ対立構造が分かり難いといわれているので
登場させるとヤヤコシイ人物は飛ばした方がいい気もします
義朝.jpg

「叡山焼討」裏話(その2)

前回の続きです
追加シナリオのスタートは1571年3月という事に決定後
終わり=締めをどうするかという事になりました
第二次包囲網をモチーフにした事もあり
やはり武田の動向が締めに繋がらなくてはなりません
動き出すと厄介な敵だけに動き出す時期を遅らせたい
その間に目先の敵を平らげておきたい
それが第二次信長包囲網の雰囲気かと思います
目先の敵とは浅井・朝倉とそれに肩入れしてきた延暦寺
そして長島の一向宗です
とりあえず姉川の様に徳川の戦力を引っ張ると楽なのですが
徳川の戦力を移動すると武田の参戦確率が上がるという
信玄上洛のシステムを利用する事となりました
プレイヤとしては武田の参戦リスクを取ってでも
目先の敵を早急に片付けておくか
自前の戦力だけで対応していくかの判断が発生します
また武田が参戦しないと義昭が参戦しないので
義昭を追放して勝利条件を満たす事ができません
よって武田との戦いは避けられないという状況にしました
実際に武田をプレイするシナリオでもそうですが
武田の突出力は最初こそ脅威的なものの
次第に被害が出てくるとその突出力は鈍ってきます
徳川には悪いのですがそこを叩くのも一つの手ではあります
そんなこんなでシナリオは調整されていきました
(つづく)
sn004.jpg

来期の体制づくりの最中テポドン2号が発射される

ほぼひと月ぶりに福岡へ出張し
公開中の「叡山焼討」シナリオとSGC号外「太平洋決戦」発売記念号
を開発陣へ渡してきました
出張の内容は信玄アプリま開発スケジュールの打ち合わせ
長崎のスタッフが事務所からいなくなっている関係で
色々と調子が悪いのですが
それも含めて来期の体制を作っています
現在止まってしまっているプロジェクトもあり
そちらを動かすのか止めるのかも決めなくてはなりません
別途新しいプロジェクトも動かすのかどうか
そうしたものを纏めて来期の計画を立てています
そんな最中テポドン2号(米国の発表)が打ち上げられ
韓国沖の黄海へ落下した模様
俗に言う打ち上げ失敗という事です
発射されたという時刻に丁度サウナに入ってて
その時のテレビニュースでは何事もない様な事を言っていたのですが
民主党の政権になってから政府の発表は特に遅いので
また後で叩かれるネタになるんだろうなぁ

「叡山焼討」裏話(その1)

現在公開中の信玄上洛追加シナリオ「叡山焼討」の裏話です
実は製品発売直後の追加シナリオとして予定していたのですが
その時は何分まとまりが悪くて保留していました
原因は第一次包囲網からの8年キャンペーンが予定だった為
最初の朝倉との戦いで浅井に裏切られ敗走する所から入れるべきか
(俗に言う金ヶ崎の撤退戦という奴です)
その後の姉川の合戦からスタートするべきかに悩んでました
どちらにしろ作業的な箇所が多すぎて公開に悩んでいたのです
途中で大阪へ行った時に謙信の話が出たのでそちらを先に出して
頭の中を一度リセットしました
その間に太平洋決戦も入りまして
頭の中を整理する時間が更に取れる事となります
よくよく考えるとキャンペーンに拘るから困っているのであって
包囲網との戦いを再現するなら
第一次の終わりか第二次の初めからで良いのではないかという事になり
リセット版シナリオを公開に踏み切りました
もう一つの悩みであった第三次はそもそも毛利のユニットが無いと言う
(他に波多野や一色や宇喜多や別所なども無い)
(つづく)
sn004.jpg

htmlの授業

高校生の子が英語の授業の変わりにHTMLの授業なら良いのに
という話をしていたので高校時代の授業を思い出す
確か二教科あった割に役に立ったかと言われると凄く微妙
(リーダーとコボルだったけっか)
微妙というより役に立っているとは全く感じない
大学受験の為の科目だったので仕方なく受けていたが
言われてみると確かにHTMLの授業を受けていた方が
社会に出ると遥かに役に立つかも知れない
同じくExcel関数の勉強の方が数学より役に立つ
情報処理の時間FORTRANで組んでいたプログラムも
Excelで組んだ方が遥かに早いし
なんて話が信玄上洛アプリ版の会議ででました
本日はほぼひと月ぶりに出張できてスケジュールを調整
何時頃発売できるだろうか発表も急がないと

Si-phonNewS004号

Si-phonNewS004号をアップしました
(ページはこちら)
アプリ版ニュースと信玄上洛の追加シナリオ情報となります
信玄上洛の追加シナリオページも
データのアップに合わせて更新を行っています
あと申し訳ないのですがアプリ版ページの更新が追いつきません
(現在画像を公開中)
画像は届いているので準備でき次第更新をかけていきます
またweb担当の子が辞めた関係で
今回より暫らくePub版の公開を止めています
後任の担当が決定し次第こちらも作成して参ります
追加シナリオの「叡山焼討」は前回の「謙信上洛」と比べると
じっくり派のシナリオとなりました
「謙信上洛」が時間との戦いだったのに比べると
「叡山焼討」はどの勢力から片付けていくかを悩む事となります
第二次包囲網をモチーフにしているので
信玄の動向を気にしつつ近江周辺の展開を続ける形になるかと思います
徳川を使うと武田も動きやすくなるが使わないと首が回らない
使って徳川が消耗した時点で武田が動くと「うわっ」という展開です
援軍を送るべきか放置すべきか
武田でプレイされていると分かると思いますが
初動は強い武田軍も突出限界点がありそこを横から叩く方法もあります
そうした信長の心境を楽しんで下さい
sn004.jpg

TVを見たくなくなった理由を感じる

我が家では新聞は取っているもののTVは見なくなりました
そもそも自宅は地デジも入らないし録画してまで見るものも無い
そうした中で毎週見ている大河は希な存在です
ブルーレイも売れないで困っているらしいが
円盤メディアへわざわざ焼いてまで見る理由が分からない
コピワンとかで不便を感じた人は使わなくなっただろうし
そうした不便さから離れていった人も多いと思う
先週は通夜と葬儀が入り斎場にずっといた訳ですが
休憩所はホテルのスイートルームみたいに立派でして
部屋の外にはラウンジやドリンクバーも備わっていて仕事も出来る
難点はEmobilの回線がアンテナ1本でソフトバンクなんて全く使えない
また雑音が邪魔なのでTVを消して作業するのですが
やはりTVを見る習慣が残っている方はTVがついてないと安心しない様で
見ないけど電源は付けたがる
そんな中気付いた事はお笑いにしろアイドルにしろ
今は集団で出てきてわいわいとやる番組が多い
その中で問いかけ同意を求める声のトーンが耳障りに聞こえる
自分の場合はこれが原因で集中力が切れて駄目
仕事が続かない
見方を変えるとこうした嫌悪感を発するトーンが多い番組が増えたので
最近のTVは見たくなくなったのだろうかと感じた所
またこれは事務所でも同じでして
いい年した大人が自分の能力不足からくる不満をあえて声に出し
周囲へ同意を求める姿を見ていると哀れに感じる

大河で頼盛登場

昨日の大河で清盛の弟・頼盛が登場していました
壇ノ浦までがターンテーブルになっているので
このままキーパーソンとして最後まで登場すると思います
源平争乱では出てくると複雑になるので登場しませんが
清盛とは一線を置いた存在として今後は清盛の息子達と共に
活躍していくものだと思います
清盛vs頼長という対抗軸がはっきりしてきた事で
今後の展開に期待

Softbankの通信端末が役に立たない

先日AirEdgeの契約が残っててた端末をSoftbankのものへ
変更してくれとる連絡があり変更して貰ったのですが
このSoftbankの回線か殆ど使い物にならない
聞いて回るとみんな同じ悩みを持っているそうです
電話通話くらいなら使えるのかも知れないがデータ通信には使えない
エリア内の市内ど真ん中でもブツブツと切れまくり
FTPとのやり取りはほぼ不能という状態です
Emobileの回線に切り替えると繋がるのですが
Emolibeの回線は既に持っているので全く役に立たない
メガソーラーとか発電効率の疑問なものへ投資するより
もっと優先してやるべきものがあるような気がするのですが
とりあえずiPhoneも買わないで良かったなという所

信玄上洛追加シナリオページ更新中

信長の比叡山焼き討ちの信玄上洛追加シナリオ「叡山焼討」の
配信開始に向けて現在ページを準備中
Si-phonNewS004号の付録となるのですが
SGCページの他に信玄上洛の追加シナリオページへもリンクを付けます
(ページはこちら)
DLデータの設置までもう暫らくお待ち下さい
先日も書き込んだ様に最終的には武田の動向が運命を握り
その為には徳川を自由に転用できない縛りが発生します
しかし転戦させないと序盤の包囲網が打破できず
苦しい展開となってしまいます
延暦寺や松永久秀が本格的に登場するのと三好も初登場となり
収録していたユニットの殆どがこれで登場できた事となります
三好三人衆につきましては三好義継を登場させた為
岩成友通のユニット化を見送った経緯があります
ご了解下さい
シナリオでは代わりに松永久秀が登場し
三好長逸・三好政康と共に三好三勢力となります

祖母の訃報

一昨年の祖父に続き祖母の訃報が入りました
昨年暮に病院を出されて自宅療養が続いていたのですが
先日からの天候悪化で気圧が下がった事が悪くしたのかも知れません
祖父と違い厳しい事もなく優しくしてくれるだけでしたが
最後に辛い療養の中において生きる力を教えて貰いました
今月に入り事務所が留守がちになっていましたが
通夜と葬儀が入る関係で今週いっぱい留守がちとなります
ご了解下さい

戦ノ国ver1.5パッケージ版の可能性

今回「信玄上洛」で出す事となった信長包囲網シナリオですが
戦ノ国ではキーマンとなる登場人物や勢力がほぼ出てこないので
こちらでのシナリオ化は断念しました
申し訳ございません
国割も変えないと難しいかもしれません
戦ノ国で出来なかった事の反省から信玄上洛が作られた事もあり
比叡山焼討ちはそちらのシステムで試してみる事としました
ソロモン戦が再現できなかった空母決戦の反省から
太平洋決戦を制作したのと似た様な理由となります
戦ノ国に関しましては最初にもう少し会議へ出ておくべきだったと
反省点が多く残る作品となりましたが
ver1.5にて可能な範囲で修正をかけました
ただ店頭に並んでいる事が希な様でして
この件に関しまして問い合わせも頂いております
今にして思えばver1.5の時に空母決戦ver1.5同様
パッケージ版を出しておけば良かったかなとも後悔していますが
今更どうにもなりません
三国志12や太平洋戦記3が4月中に出る様ですが
この辺りがWindowsゲームの最後になるのかならないのか
Windows8が出るとそのチェックも必要になるので夏以降の発売は大変です
ver1.5出すか出さないか悩んでいますが現時点では難しいかなという所
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124