リューベックの戦い(1806/11/05~07)

ハレの戦いの後ベルリンも陥落し
国王は東プロイセンに向かいます
ホーエンローエ公などは兵を率いたまま北進して
抵抗を続けますが
フランス軍の追撃を受けてホーエンローエ公も降伏
ブルッヒャーやザクセンワイマール公は更に西へ逃れ
デンマークとの国境付近の町リューベックにおいて
最後の抵抗を試みます
これがリューベックの戦いとされる市街戦です
しかし抵抗も続かず
後の軍制改革を担うブルッヒャーとシャルンホルストも降伏
ドイツ戦役はこうして終わり
次の戦場はポーランドへ移っていきます
この戦いもゲーム化は難しいので
歴史コンテンツかナラティブコンテンツで表現したいと思います

アイラウとフリートラントを調整中

ドイツポーランド戦役のver1.0.0.0更新に向けて
アイラウとフリートラントの戦いのシナリオを調整中です
アイラウはフランス軍勝利とロシア軍勝利とタイムオーバー数が
ほぼ同じ統計となる面白い結果に
フリートラントは史実同様にロシア軍はかなり不利です
(イエナのプロイセン勝利の倍は厳しい状態)
同じシステムでなければもう少し調整する事も可能ですが
これ(同じシステムで回す)が売りなのがシリーズものの特徴なので
その範囲でがんばっております
もう少し調整して目途がつきましてらご報告いたします

ハレの戦い(1806/10/15)

ハレ(ザーレ)の戦いは前日行われた
イエナアウエルシュタットの戦いの続きとなる
プロイセンぐんの掃討作戦でした
前日失態を犯したベルナドットの活躍の場ですが
プロイセン予備のヴィルテンベルク伯と戦い
ザーレ川の橋を確保し
なんとか面目を保つ事ができた戦いとなります
プロイセン軍はこの後も後退を続け
10月20日にはベルリンを制圧される事となります
現在制作中のドイツポーランド戦役において
この晴れの戦いの扱いをどうするかを検討中
ナラティブコンテンツか歴史コンテンツにおいて
何らかの形で取り扱いたいと考えています
(ハレはアウエルシュタットの北/ライブチヒの西)

連結マップシステム

元々は現在制作しているドイツポーランド戦役の中の
イエナアウエルシュタットの戦いを再現すべく
取り組んでいた連結マップ機能ですが
先にワーテルロー戦役で用いたものの
肝心のイエナアウエルシュタットでは微妙な感じでして
連結マップよりは一枚マップの方が良いのではなすか
そんな感じて双方試しています
但し一枚マップでやると
現座いのスケールだとユニット数が多すぎて
手番数が足りずにTIMEOVERが多発しそうです
ともあれ前哨戦であるザールフェルトと
イエナとアウエルシュタットを連結するとこんな感じです
将来的にはこの機能を何かに使いたいと考えています
イエナ_アウエルシュタット_ザールフェルト
(一応マップとしては繋がって作っています)

サイフォンボードゲーム研究会(2020/09/26)

アナログでもデジタルでも共通の作業として
ユニットの割り方を決定するプロット作業があるのですが
その作業の前情報として戦闘序列を整理し
ユニット数とレートと兵科を設定する資料作りがあります
この作業をスタッフへ割り振る事にしました
有名どころの戦いだと割と楽に資料づくりが進むのですが
遭遇戦など結果が残され難いものは苦労する作業となります
それでも現在展開しているナポレオンシリーズに関しては
まだ楽な方なのでこちらからスタッフへ割り振って
今後の平行作業の進捗を図る準備へ踏み込む事にした次第
意外とこうした作業を割り振っていく事で情報が共有できて
サイトコンテンツを充実されたり
わかりやすく表現できたりするのではないかと考えています

イエナ・アウエルシュタットの戦い後のドイツ戦役

イエナ・アウエルシュタットで敗北したプロイセン軍ですが
それでも依然として10万以上の兵が残されており
立て直せばどうにか挽回できるチャンスは残されていました
それができなかった理由が3つほどあります
 1.総司令管ブラウンシュヴァイツ公が重症を負っていた
 2.国王が東プロイセンへ逃亡してしまった
 3.フランス軍の追撃速度が速かった
大きな理由はこんな感じです
1.公は片目を撃ち抜かれていたらしく指揮できる状況でない事
2.によりホーエンローエ公らの指揮が落ちていた事
3.が決定的にプロイセン軍へ再編成の時間を与えなかった事
そもそイエナの敗戦を知らなかったブラウンシュヴァイク公の敗走軍が
イエナからの敗走軍とぶたかり混乱するところから始まります
その後ホーエンローエ公に北ドイツを託して国王は東へ逃走
そんなホーエンローエ公もリューベック(ドイツとデンマークの境)で降伏
最後まで抗戦していたブルッヒャーやシャルンホルストも降伏し
援軍でやってきたスウェーデン軍も戦わずして降伏します
(ちなみにこの投稿軍の担当が後のスウェーデン王となるベルナドット)
こんな感じで次の戦いの場はポーランドへ移っていきました

こまあぷのチーム会議とセミナー出席準備

昨日は不定期ながら月一くらいで行っている
こまあぷチームの会議を行いました
エディタ化が進み今後は平行作業となっていくので
その心構えといいますか
普通に間違いがなくやり直しが発生しない作業体制について
 指示をきちんと理解して作業する
 報告は当たり前に行う(症状をわかり易く抽象化する)
こんなよくあるの極々当たり前のやりとりを行いました
勘違いだとか黙っているだとかよくあるケアレスミスから
作業のやり直しや担当者の交代が発生してロスするので
そのあたりの対策を講じています
その延長で明日は障碍者センター主催のセミナーがあり
こちらに参加する事にしています
平行作業ができない場合や同じ間違いを繰り返す場合など
そんな職場の問題に対する意見交換も行えるという事で
何かよい情報を得たいと思っての参加となります

東京ゲームショウがオンラインだとか

昨年だったか激減ニュースとなっていた
東京ゲームショウですが
今年はコロナを理由にオンライン化するとの事
今はPS5の登場もあって盛り上がりそうな感じですが
開発費が更に高等しそうですので
制作側には興味ある媒体ではないのかもしれません

アマゾンAPPストア版ドイツポーランド戦役

アマゾンAPPストア版ドイツポーランド戦役に関しまして
何故か少し古いタブレットでダウンロードができないという
問題が生じておりましてこの件を問い合わせをしたところ
何時の間にかダウンロード可能になっておりました
こちらへは何の説明もないので原因は不明ですが
とりあえず2017年版タブレットでも購入可能となりました

ゲームマーケットライブフェイズ1

プレスリリース見ただけでは
何だかよくわからないのですが
11月14~15日に何かやるらしいです
(案内のページはこちら)
もう長らく東京行ってないので行きたいところですが
どんなイベントなんでしょうか

エックミュールとワグラムのマップ制作へ

ドイツポーランド戦役のアイラウ・フリートラントの作業が
あと少し残ってはいるのですが
オーストリア戦役のエックミュールとワグラムのマップ制作へ
(現在はヴァグラムが一般的みたいですがワグラムで通します)
作業を進めました
こちらは10月に先行配信開始の予定です

チューリンゲンの森とドイツポーランド戦役

ナポレオン戦争中のドイツポーランド戦役において
プロイセン軍はザクセンとバイエルンの間に位置する
チューリンゲンの森を超えてバイエルンへ侵攻しようとします
フルダ大修道院の古文書によると
神聖ローマ帝国の祖とされるカール大帝の生誕の地とされ
恐らくはこの説を元に侵攻する事で
ライン同盟の土ドイツ諸侯やバイエルンの離反を
目論んでいたとのではないか思われます
但しこの事を察知したナポレオンはすかさず軍を編成し
ライプチヒを目指し機動した為
プロイセン・ザクセン連合軍がチューリンゲンの森へ行く事なく
決戦はイエナとアウエルシュタットで行われる事となります
なお前哨戦であるザールフェルトでの交戦後
プロイセン軍の行動は意外と早くて
主力はナウムブルクへ機動しており
(この軍がアウエルシュタットで仏第3軍団と戦います)
一般に言われている様な無能な軍隊に陥っていたとは思えません
ただ戦術レベルでコテンパンにやられてしまったので
ブラウンシュヴィツ公にしろ
ホーエンローエ公にしろ時代遅れの司令官というイメージですが
戦術レベルでの敗北の一因は
ザクセンとの連合軍であった事も理由かと思われます
ともあれドイツポーラント戦役では
チューリンゲンの森が戦場になる事はありませんでした

カノッサの屈辱@神聖ローマ帝国シリーズ

先週新着情報で発表しました
「カノッサの屈辱-Road to Canossa-」ですが
サイト公開できなかった理由のひとつに
「こまあぷ」と「ソロアプ」のどちらでやるか
「皇帝の立場」か「選帝侯の立場」かという
現実点では割り切れない問題が残っておりまして
とりあえずタイトル名の発表にとどめました
マップはある程度できていて
ルールをまとめている状態なのですが
若しかしたら二つのバージョンを出すかもしれません
もう少しまとまりましたら発表致します
カノッサの屈辱

Si-phonGameClubVol.1が絶版

少し前になるのですが
通販などで一緒に送っていた冊子
Si-phonGameClubVol.1が絶版となりました
Vol.1~5を送っておりましたが
今後はVol1抜きでお送りします
この冊子の一番の思い出は
編集部ができたての頃の冊子である事と
鈴木銀一郎先生のインタビュー記事を収録できた事
その時ご一緒に食事できた事など
いろいろありますが
とにかく現在までのの活動に繋がる
重要な冊子である事はまちがいありません
SGCvol1鈴木銀一郎先生のインタビュー記事

ドイツ装甲師団が重版(国際通信社)

名作「ドイツ戦車軍団」の姉妹作である
「ドイツ装甲師団」が重版されるとの事
(公式ページはこちら)
基本ルールはドイツ戦車のものに加えて
追加ルールが加わったものですので
ルールも覚えやすく遊びやすいのではないでしょうか
・ガザラの戦い
・スモレンスク攻防戦
・マーケットガーデン作戦
がシナリオとして収録されているそうです
ドイツ装甲師団
(画像をクリックすると公式ページへ進みます)

オーストリア戦役ページ公開

昨日の新着情報通り
配信中のドイツポーランド戦役に続くタイトルとして
オーストリア戦役のティザ公開を行いました
こちらのタイトルは来月10月の配信開始の予定です
内容はプロイセンに勝利したナポレオンですが
そのままポルトガルへ侵攻し半島戦争が始まります
それを見たオーストリアがフランス戦に踏み切るのですが
1805年のウルム戦役やアウステルリッツの戦いの時と異なり
フランス軍はかなり苦戦を強いられます
そうした戦いをいくつかの単独シナリオと
キャンペーンシナリオで再現するタイトルとなります
詳細は今後サイトの更新と共に行って参ります
オーストリア戦役

竣工検査

実はゲームの方の係長に
建設業で請けた仕事の現場代理人をしてもらった工事が
今週無事に竣工検査が通りまして
ようやくひと仕事乗り越えました
こうした事もありゲームに集中できるようになっています
元々の出身校が建築科の出だった事もあり
今回頼んだのが経緯ですか
検査官のイメージも良かったみたいで
自分としても大変助かりました
ゲームの方は比較的おとなしい子が多いのですが
建設業の方はガテン系ばかりなので
考え方や動き方に違いがあったと思いますが
今回の経験が今後に役立てばと考えています

ドイツポーランド戦役の今後

先行配信しましたドイツポーランド戦役ですが
現在はイエナとその前哨戦をチュートリアルとして収録
イエナはプロイセン軍でもプレイ可能でして
ちょっと難易度が高いですが
プロイセンプレイが面白くなるようにしています
収録内容は以下です
■ver0.9.6.0(先行配信)
 ザールフェルトの戦い(チュートリアル)
 イエナの戦い
また今後次のシナリオを追加します
■ver1.0.0.0(シナリオ追加)
 イエナアウエルシュタットの戦い
 アイラウの戦い
 フリートラントの戦い
 ドイツ戦役(キャンペーン)
 ポーランド戦役(キャンペーン)
 皇帝陛下万歳(歴史コンテンツ)
調整の過程で内容が変更する場合もありますが
ナポレオンに詳しくない方でもわかりやすく
ナラティブコンテンツにも力を入れています
勿論ユニットさばきゲームとしても楽しめますので
更新まであと暫くお待ち下さい
ナラティブコンテンツ
(ザールフェルトの戦果報告からイエナの開始へ)

チラシ版こまあぷニュース200917号

ドイツポーランド戦役が先行配信した事で
こまあぷニュースも更新しました
(ページはこちら)
ニュースの中では
「ドイツポーランド戦役」の他
オーストリア戦役」のティザ公開
「カノッサの屈辱」の発表なども行っています
カノッサは神聖ローマ帝国シリーズの初弾とする予定ですが
こちらはナポレオンシリーズとは異なる新システムを採用します
なお「トゥールポワティエの戦い」シナリオも同時収録します
チラシ版こまあぷニュース

ドイツポーランド戦役先行配信のお知らせ

新着情報の通り
ドイツポーランド戦役の先行配信が始まりました
いつも通りと申しますか
先行配信科価格で始めさせて頂きます
配信日は昨日くらいから始まり
本日iOSも開始されました
この二週間ほど災害対策などで煩雑化していたので
ver1.0.0.0の更新日を調整していきたいと思います
ドイツポーランド戦役

いろいろと復旧

本社ビルや自宅へ直接の被害はなかったのですが
今月は台風9号10号と一週間の内に立て続けにやってきて
12日の早朝には記録的な豪雨(101mm/h)に見舞われまして
国道499号線が至る箇所で寸断
崖崩れと冠水によるものなのですが
死亡事故も発生したりで工事現場の確認に出向いたところ
半日ほど孤立地帯と化した箇所に閉じ込められるなど
いろいろとゲーム側の作業に支障が出ていたのですが
なんとか今週より少しずつ回復してきました
昨日「ドイツポーランド戦役」の先行配信も開始され
本日サイトの更新やプレスリリースの配信など行っております
自分の確認不足で滞っていたスケジュールも
順調に進みだしましたので
今後のタイトルは予定通り進めて参りたいと思います

台風の影響(スケジュール面)

先月末にでもと思っていた
ドイツポーランド戦役の先行配信ですが
流石に一週間に二本の台風直撃コースを食らうと
建設業もやってる関係で防災対策や待機準備などあり
少なくとも一週間くらいの遅れが出ています
出てきてもらっている社員に
少しずつ進ませているものの自分の確認が遅れる等が原因です
とりあえず本日はかなり遅れを取り戻しましたので
明日か明後日には先行配信をどうするか発表します

台風一過@2020年台風10号

なんとか過ぎった台風10号ですが
幸いな事に会社の方は軽微な被害で済みました
被害といえば小屋の波板が飛んだり
隣のガケの松の木が屋根に落ちてきたり等で
(あとは営業所が停電している程度)
人的被害が出なかったのが何よりです
ともあれ本日から全員出社となりまして
明日からは通常業務に戻れると思います

ナポレオンのベルリン入城(1806/10/25)

イエナアウエルシュタットの戦いで敗北した
プロイセン国王フリードリヒヴィルヘルム3世は
東プロイセンのケーニヒスベルクへ逃走し
ロシア軍10万の援軍と合流します
この間ナポレオンはプロイセンの首都ベルリンへ入城
この時フリードリヒ大王の墓参りをしたと言われています
その後プロイセンと講和を結ぶべく
国王が逃走した東プロイセンへ進軍しますが
ここで冬に入り両軍は冬営する事となりました
しかしここでフランス軍が冬営すると見込んだロシア軍は
奇襲をかけるべく行動を開始します
これを命令違反を犯して勝手に行動したネイが発見
こうしてフランス軍vsロシア軍の戦いが開始されました
ここからの一連の戦いをポーランド戦役といいます
(イエナからの一連の戦いをドイツポーランド戦役)
ドイツ戦役で勝利したフランス軍は大量の軍馬を接収しており
また前年生じたアウステルリッツの戦いに敗北したロシア軍は
フランス軍を研究しており
両者は半年に渡り一進一退の戦いを繰り広げました
これらの戦いの中から
アイラウの戦いとフリートラントの戦いを
ドイツポーランド戦役に収録する予定です
ポーランド戦役

台風10号の影響で臨時休業

台風1号の影響で
土曜日は早めに仕事を終わらせ
明日7日は臨時休業としました
雨より風の被害が予想されておりまして
停電は覚悟しないといけない状況となり
会社も閉める事にしました
とは言いえ
建設業の方では災害対策の準備もあり
明日はこちらに集中したいと思います
停電・断水の影響がなければ
ゲーム事業の方は8日から再開させます
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< February 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179