戦国ミニゲーム作成中(更につづき)

先日からお伝えしていたミニゲームですが
ソリティア化が果たせそうなので
信玄上洛の製品の中へ付録させます
またソリティア化によりアプリ化の可能性もあり
こちらは余力が出来てから対応してみたいと思います

信玄エディタでスクリプト出入力の調整中

信玄エディタでスクリプトの出入力をチェック中
入力エディタは搭載しているものの
CSVで吐いてテキストエディタで作りこむ事が
慣れてくると便利かと思い追加機能としています
勝利条件など面倒な所はwebで追加公開し
コピペで作業できる様にも考えています
詳細は追々発表していきます

信玄上洛シナリオエディタのページを公開

信玄上洛シナリオエディタのページを公開
(ページはこちら)
公開も遅れて申し訳ございません
本日も会議で出張なのですが
大雨で車での移動からJRに切り替えたものの
機材が濡れてしまい更新に手間取っています
プレスリリースも予定していたのですが
会社に戻ってから仕切り直しします
信玄上洛シナリオエディタ(開発中)
(画像は開発中のものです)

アンドロイドのナビが消えた

信玄エディタの件で出張する為
アンドロイドのナビを起動しようとすると
アイコンが消えていました
どうもGoogleMapと統合されたらしい
ランチャーソフトを入れると復活ともあり
どうするか悩んだものの
出発直前に時間もなく今回は電車で出張する事に
Googleのメーラーもですが
使い慣れてくると使用が変わるのが厄介

戦国ミニゲーム作成中(つづき)

先日書き込みましたミニゲームですが
陣取り型とバトルロワイヤル型の二種をテストし
後者を仕上げる事にしました
信玄上洛のミニマップと一緒に製品へ同梱予定
もしかしたら陣取り型の方もアプリ化できないか
検討していますがまずは同梱の方を急ぎます

信玄上洛に武将追加

追加シナリオもあります事で
信玄上洛デジタルアプリ版に追加武将を入れます
今回は忍者に婆沙羅に剣豪将軍に坊主
それにお歯黒にマムシ等など
サイトに関しましては月曜日に更新します
現在はマニュアル作業を抜けて
サイト作りに邁進してます
信玄上洛の追加武将

信玄エディタのページを準備中(続報)

先週から取り掛かった信玄エディタのページですが
終盤でエディタの機能を増やした為遅れております
本日ページ公開を予定していたものの
明日か月曜日の公開となりそうです
大変申し訳ございません
また追加シナリオの調整もございまして
こちらの情報はもう少し後になりそうです
信玄上洛シナリオエディタページ制作中
(制作途中のページです)

戦国ミニゲーム作成中

信玄上洛の素材を利用したミニゲームを現在制作中
間に合えばWindows版へ同梱予定
こちらはデジタルでなくアナログゲームとなります
余力があればデジタル化も視野に入れてみますが
直ぐには無理そう
ザ・信玄上洛
(画像は制作中のもの)

GameJournal No.48

ゲームジャーナル48号が9/1発売されます
(ページはこちら)
付録のゲームは「信長後継者戦争」
3~4名のマルチプレイがメインの様です
ページのマップ画像を見る限り
「信長最大の危機」の続編っぽいイメージですが
システムは異なる模様
難易度は久しぶりの4なので
かなりガッツリ系のゲームだと思われます
ゲームジャーナル48号

信玄のエディタを若干強化

信玄上洛のエディタを若干強化します
詳細はサイトの公開と同時に発表しますが
COM勢力の行動を制御できるスクリプトを搭載し
カスタマイズできる様にしますが
難易度は上がります
もちろん特にいじらなくてもエディットできます
(イベントと組み合わせて制御するシステムです)
このスクリプトをいじらなくても
ユニットを配置して勝利条件等を設定するだけで
プレイ可能なシナリオが生成できるのですが
もう少しカスタマイズしたい方向けに
スクリプトで制御する方法を開放する事にしました

本田稔氏の手記

地元紙の一面に本田稔氏の手記が5日間掲載
零戦や紫電改に乗って戦ったというものでした
戦地の過酷さを伝えて
戦争の持つ無残な一面を取り扱っているのかと思い
毎日読んでいたのですが
5日目の記事の最期のトピだけが奇妙
編集者の意向なのか急に視点も異なってしまい
米軍の原爆投下など作戦内容に対して
多くの民間人殺したのは
日本軍の責任だとか言い出し
軍がその謝罪もないのは可笑しいという
番組の打ち切りみたいな結末で尻切れトンボ
最初からこういう展開で予定していたのか
一部の苦情からあの展開で打ち切ったのかは不明
この企画書がどうなっていたのか見てみたい
ちなみにそこが持ってるTV局も朝日新聞系列

信玄上洛3D処理版の問題(つづき)

前回の続きです
起動しなかった中期型XPマシンにて
その日は再起動してもダメでしたが
数日おいて起動するとゲームが起動できました
理由は全く分かりません
この症状でサポートにきても答え様がありません
以前はVistaでの症状に悩まされていましたが
最近はXP機でのテストに苦戦しています
Windowsはもう少しどうにかならないものか

信玄エディタのページを準備中

来週公開しようと思うのですが
信玄上洛のエディタの情報ページを準備中
エディタでどこまで実装するかにもよるのですが
最早悩む時期でもない為
最終チェックを続けています
もう暫らくお待ち下さい

空母決戦の終戦エンティングから

空母決戦のキャンペーンシナリオにて
あまりよろしくない展開で進むと
終戦エンディングへ進みます
今年の様に暑い夏にあのエンディングを見ると
戦地へ赴いていた祖父に怒られそうな気もしますが
昭和20年の8月も非常に暑かったそうです
長崎では精霊流しを魔除けの爆竹の音と共に行う為
15日はあまり終戦モードではないのですが
現在停止中の太平洋決戦のエンディングをどうするか
空母決戦のエンディングを眺めて考えています

制作途中のゲーム類を整理

本日は会社をお休みして朝から墓参り
戻ってきてから制作途中のゲームを整理しています
担当スタッフとふたりで作っていた為
そのスタッフが抜けてからは止まったままのものが多く
・源平(50%程度)
・南北朝(企画のみ)
・関ヶ原2種(70%と20~30%)
・独ソ戦(50%)
アナログではこんな感じで止まっています
源平に関してはPCでも戦国ものより売れている為
手を入れるかどうか悩んでいたのですが
単純に手が回らなくて止まっています
源平争乱を作る時も戦国より売れないとの声が多く
後回しになったのですが
店頭から消えた割に細々とですが注文は続いている為
南北朝ものまで行きたかったなぁというのが
正直な気持ちです
なのでSi-phonBoardGameとDigitalAppliで展開したい
他に別途立てようとしている女性向けの企画もあり
こちらをシミュレーション仕立てにすると
上記のスケジュールは止まりそう
ただし太平洋決戦デジタルアプリ版は
信玄の発売後から開発を再開します

来期へ向けての会議

盆休中ではあるのですが
週末より来期へ向けての会議を行ってきました
それに加えて信玄のエディタなど
信玄の発売前ではあるのですが
来期は新シリーズを幾つか予定
その取り掛かりを盆明けから始めようかと思います
女性向けのブランドも立ち上げるか検討中
人員も増えたのでやれる幅が広がってきました

2013年の夏季休業

新着情報の通り夏季休業へ入ります
但し情報の通り一部の業務は続けます
信玄上洛も大詰めにきており
そちらの作業も続けているのですが
新入社員も多く交代で休みを取る事にしました
次に全員が集まるのはお盆明けになります
その期間を利用して本日は信玄の会議
難航している3D処理の対策を考えます
エフェクトの数を減られて対応できれば
それで対応する事にします
一応XP機を切り捨てる方向は考えておりませんが
最低動作の表記方法をどうするか考えます
ネックはオンボードグラフィック機種で
メーカー刻印のドライバーしか当てられないもの
主に国内メーカー品が対象となっております

イラストレーターの力(更に続き)

前回からの続きです
現在インターン生を受け入れているのですが
今年もデザイン科の子がいて
その子へ宗春さんのイラストを見せると
「悔しいけどこの絵は見入ってしまう」
との事
昔はコミック絵を模写ばかりしてたそうですが
そんなんじゃ食えないと分かってからは
絵の勉強をしている模様
そうして指導を受けた言葉を出しながら
こう言っていました
「この方と会ってみたい」
この子は別に3Dの感覚も強いようなので
勉強の仕方を間違わなければ
色んな面で伸びそうな気がします

安倍総理がやってきた

昨日は早朝から警備が厳しくずっと渋滞
この日は長崎へ原爆が投下された日という事で
例年8月9日に平和記念式典が行われており
その来賓として安倍総理がやってきたそうです
歩いてすぐ近くなので行きたかったのですが
断続的に電話が入ったり
8月と9月に発売するタイトル資材の検品と梱包が入り
平和公園へ行く事は適いませんでした
またこうした核兵器廃絶の運動をしている対岸では
イージス艦6隻中5隻を進水させた造船の街であり
その造船票は労働組合を通すので民主党が強い等
複雑な関係を持つ街でもあります
式典にも出ていた長崎市長の仕事は原爆関係の対応へ
相当の労力を必要としているらしいのですが
他の地方県と同様に若年層の流出が加速しており
式典に参加させている学生達の将来のためにも
もう少し若年層向けの産業育成へ力を入れて欲しい

信玄上洛3D処理版の問題

Windows版の信玄上洛を3D処理で制作中ですが
特にオンボードグラフィックのXP機の場合
グラフィックドライバを自力で更新しないと
表示が乱れる機種が多々あり
この対策をどうするか検討中
ドライバが更新できない機種はどうしようもなく
当初Android版でだした体験版を
動作チェック版として出すかもしれません
こちらは決定し次第発表します

コマンドマガジン112号

コマンドマガジン112号のページが公開されました
(ページはこちら)
付録ゲームは『激闘!ナルヴァ軍集団』
名前だけ見るとゲームジャーナルっぽいのですが
こちらはコマンドマガジンのゲームです
レニングラードの攻防戦のゲームらしく
ジャケットにはタイガーⅠが描かれています
とジャケットを見ると何時もと様子が違います
雰囲気は合わせているみたいですが
どうも宗春さんから変わった模様
CMJ112『激闘!ナルヴァ軍集団』

2013年インターンシップ

例年デザイン系の子を中心としたインターンですが
昨年より開発系のインターンも組み込みました
その関係で今年は開発系を中心として展開します
これまでは出張中はお休みにしたりしてましたが
昨年から人数を増やしているので
現在は自分が出張中も進める事ができます
別途デザイン系の実習をを組み込むかどうか検討中
組み込む事ができれば広報デザインを展開する予定

アナログ版でレクチャー

昨日よりインターンを始めた事もあり
最初にアナログ版信玄でレクチャー開始
一緒にデバッグへ入る準備を始めました
最近は歴史でも荘園の話もされないのか
中世日本の話になると
本人達もチンプンカンプンの様子でしたが
2時間ほど話をしてゲームのルールを説明すると
その後はAndroid版をプレイして
勝てる勝てないとプレイに熱中
飲み込みも早く理解できたと話していました
現在のPC版はデジタル版は3D処理化の最中でして
UI処理が乱れている箇所も一部あり
そのまま触ると混乱するかなという判断から
アナログ版から入りました
こうした時にアナログ版が役に立ちました
加えて触る感覚が近いAndroidもそれに続きます
エディタの方がほぼ固まりましたので
あとはシナリオ作りに邁進します

ゲーム業界への就職について思う事

本日より今年のインターンシップを開始しました
この時期悩ましいのがどの会社も同じ様でして
福岡で行われているゲーム業界のセミナーを
受けた子らの洗脳を解く作業から始まる事
福岡市と業者からなる団体が行っているのですが
その場で某社の社長らが言うのは
「ゲーム業界は夢を売る素晴らしい職場」
等という美しき言葉の数々
それを聞いた学生らは
ゲーム会社へ入るとメキメキと自分の力が上がり
夢の人生が待っていると認識する子が多いのです
言ってる本人はプレゼン用の言葉なのでしょうけど
十代の学生にはそれがわからない
確かに言葉の半分は当たっていると思うのですが
半分が間違っていると思うのは
その夢を売る為の負担や苦悩を受け入れるのが
クリエーターの仕事だとハッキリ言わないからです
これが理解できず挫折する子は多く
夢だけ追って入るとおよそ数年内に挫折します
負担や苦悩と言うのは制作チーム内での軋轢や
ユーザーからの不満の言葉を負担だと感じる事です
こうした事をプレッシャーだと感じるのであれば
そこで救済してやってもその内どこかで挫折します
苦労の先に見える物を知っているか
自分の主張をおし通せる子しか残れません
先週今年の子らを面接しましたが
オープンキャンパスで上記の話しをしていたり
別の業界の先輩に話しを聞いていたりしており
本人たちが問題を強く認識し自覚しているので
初動の躓きなくインターンシップに入れそうです

信玄上洛のシナリオ指針

信玄上洛は当初アナログ版で出しましたので
もちろんシナリオ作りもアナログ版で作りました
そのシナリオ作りの指針は
 ゲーム視点でみた信長包囲網(その1)
 ゲーム視点でみた信長包囲網(その2)
 ゲーム視点でみた信長包囲網(その3)
 ゲーム視点でみた長篠合戦(その1)
 ゲーム視点でみた長篠合戦(その2)
 ゲーム視点でみた長篠合戦(その3)
 ゲーム視点でみた長篠合戦(番外)
で展開して様に史実のセットアップのみならず
展開スピードも史実に合わせて調整しました
とはいってもシナリオ毎に
プログラムで調整しているわけではないので
当初システムを組む段階で
勢力の成長スピードに注力しました
これまでのゲームで一番気に入らなかったのが
勢力の成長スピードである時間軸の調整が
結構いい加減であると感じていたからです
戦国キャラが出るストラテジーゲームならまだしも
歴史シミュレーションであるなら
そうした時間軸がシステムと合っていなければ
史実の動きと比較してプレイする時
最初に萎えてしまう箇所だと感じていました
ターンスケールやエリアの割り方と武士団数
それに合戦システム
これらは史実に近い速度で展開する為の結果です
当然これ崩すと時間軸のバランスは崩れるのですが
今度のエディタではどこまで弄れるかを
現在調整しています
バグがでない程度に開放する予定
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121