『NoRetreat!』(国際通信社)開封の儀(続き)

NoRetreat!開封の儀続きです
昨日は仕事初めという事もありスタッフも出社
一緒に『NoRetreat!』の研究会となりました
コンパクトに納められたマップや
ユニットデザインなどに興味深々の様子
一昨年の猿遊会で鹿内さんらがプレイしていた
オペーレーションタイフーンで盛り上がった
ツーラなどの町がある事を確認し
「あの6人ががりでやってたエリアがこの辺り」
みたいな話をして認識させました
但し仕事中でもありプレイまでには至らず
プレイは次の機会となりそうです
二年がかりとはなりましたが
猿遊会へ同伴させた甲斐がありました
今後の展開に期待
NoRetreat!
(画像をクリックするとNoRetreat!のページへ飛びます)

Si-phonGameClub号外2014新年号反省会

本日は仕事始めの日
という事で昨年暮のSGC号外2014新年号の反省会
あと一週間あれば
ウォーゲーム日本史「三方原合戦」のご紹介まで
持ち込めた様な気もするのですが
年の瀬だった事もあり
そうした時間がなかなか取れませんでした
一番の失敗はクーポン情報
印刷データと設定データが大小文字で食い違い
開始当日にクーポンが通らないという失態を起こし
次回からの反省点となりました

『NoRetreat!』(国際通信社)開封の儀

実は2年前に購入していてそのままだった
『NoRetreat!』(国際通信社)を今更ながら開封
(NoRetReat!のサイトはこちら)
以前の書き込みの通り
鹿内さんと大木さんの対戦を見せて頂いた事もあり
およそのルールは把握していたのですが
改めてルールブックを読み漁りました
僅か40個のユニットで独ソ戦をきちんと演じるのは
対戦を見ていたので分かっていたのですが
実際にプレイしてみないと感じ得ない部分もあり
次の休みでユニットを切る予定
何処かの例会で対戦できればと思います
(どなたかよろしくお願いします)
午前は信長の野望の新作を買いに行ったのですが
何故かHOI2購入へ変更となり帰社後インストール
しかし自前のノートではメモリが足りないのか
暫し落ちるのでストラテジックコマンドへ変更
マップ眺めていたらNoRetreatを思い出して開封
という一日でした
デジタルゲーム作ってる身ながら
こうしたアナログゲームの方にそそられるのも
どうしたものかという思いはありますが
実際きちんとシーソーゲームになってて
決戦の主戦場は白ロシアで推移
デジタルだとこうしたゲーム作るのは難しく
およそモスクワが落ちないとつまらないと言われ
将軍や戦車などのキャラ要素が必要だと言われ
ポイント制のシーソーゲームは受け入れられない
それを考えると
ソリティアで作る独ソ戦ゲームの終着点は
何所に持っていこうかという問題と闘う事となります
NoRetreat!

2013年の反省点から

昨年の反省点は新タイトルを出せなかった事
アンドロイドの信玄上洛に始まり
そのアップデート開発に終わる年でしたが
シナリオの追加やムックの作業に追われ
終に新タイトルを出せない年となりました
iOSやWindowsの移植に手がかかった事もありますが
戦国ものしか出せなかった事は大きな反省点です
またジョイントベンチャー事業でも
予定の半分しか出せませんでした
途中で辞めて員数が減ったりもありますが
管理体制を大いに見直す事となり
県外へ出て行くのが遅れる原因にもなりました
あとコーエーさんが出した30周年おまとめセットを
100個くらい仕入れて通販で扱おうか等と
同業者と話していたのですが
信玄のマスター直前もあって逃してしまいました
新製品の100個は無理でもおまとめセットなら
何とか売れるんじゃないか等という笑い話にもなり
他のPCゲームメーカーみると
過去の製品のまとめセットが多い事に気付きました
そういうのしか売れない時代なんでしょうか
あとうちが開発スパンを延ばして休憩していた時
派手に展開していたサイバーフロントさんも廃業
あまり派手に動き回らない方が良いのか等と
色々考えさせられる年でした
デジタルシミュレーションの重厚長大は止まらず
プレイできるユーザーを絞り縮小していく現状は
20年前のアナログゲームみたいな感じです
2年前にこうした流れから出した答えが
Si-phonBoardGame
Si-phonDigitalAppliでしたので
今年はこちらを柱に進めて生きたいと思います

2014年抱負

今年の抱負です
まずは中断している太平洋決戦の再開と
ソリティア型独ソ戦の開発があります
(及び北アフリカと太平記に源平)
昨年はAndroidやiOSも展開しましたが
ある程度の規模以上の製品化が難しく
市場の成長も停滞感が否めません
またWindowsも従来のインストール型の製品は
制作も販売も継続が困難になってきました
これはOSの仕様とMicrosoft社の方針なので
弊社ではどうしようもない問題です
そうした意味で転換期である事は間違いなく
再びアナログ路線で展開するシステム開発が
今年のメインスキームとなりそうです
今は駄目なWindowsも巻き返すかもしれないし
Androidが化けるかもしれない
iOSも古い設計思想から脱するかもしれないし
これまで振るわなかったVITAが化けるかも
等と先の動きが読み難い状況なのは確かです
ただロジック周りがしっかりした物を作っていると
他への移植展開が楽なのでそこを抑える事にします
また独ソ戦は複数タイトルを出すかもしれません
今では戦国の方が盛り上がっている様に見えますが
やはり昔から独ソ戦はウォーゲームの王道ジャンル
スタッフも集まりやすいし士気も上がります
1年かけて育成してきた直営班のスタッフも
力をつけて戦力としても充実してきた事で
今年は攻勢をかける年にしていきます

2013年最期の更新

今年最期の更新は通販サイトでした
担当者が抜けてから長らく放置していたので
スタイルシートやらリンク集やらを手直し
なんとなく何所を弄ると何所が変わるのを把握
信玄のデザイナーズノートの書き直しも中断したまま
中途半端な中で年越しとなりそうです
先日発表した開発アプリの開放は大丈夫そうなので
クレジット情報などに手を入れ
来年中ごろには開放できればと思います
それまでに簡単な使い方などの情報を
サイトで展開予定
1月31日配信の追加シナリオも順調に調整が進み
あと一本いく?みたいな流れにもなっています
今年は同業者の撤退やら廃業やら倒産やらと
景気の悪い話が横行した年でしたが
スタッフも充実してきた事で
来年のSi-phonは攻勢に出る年とします
とりあえず中断していた独ソ戦など
コッソリ進めています
2014年迎春@Si-phon

2013年のやってもーた一覧

2011年から2012年はアナログゲームへのシフトと
スタッフの入れ代わりの年でしたが
2012年から2013年はデジタル回帰の年となりました
特に一年かけてスタッフを育成していたので
今年は二年半ぶりにPCゲームを出しました
元々縮小していた市場ですが更に縮んでいる事を実感
等と色んな事があった一年でした
今年は年明け早々大阪へ出張し
真田幸村を祭っている三光神社へ初詣
結果としてこれが良かったのかも知れませんが
失敗談も多かった一年となりました
まず大阪出張の前に年末にAndroid版テストの最中
喉を痛めたまま出張となりホテルで薬を貰う事態に
これがあって今では加湿器を借りる様にしています
その後iOS版のリリースが近づくと
スパムが多かった事もっあって
英文のみのメールを弾かせていた所
Appleからのメールも弾いている事が判明
対策を取る事にしました
その後のWindows版では5→7→9→11月と延期が続き
11月に出す事はできましたが
マスター直前でUnity側がXPのサポートを止めたり
(現在はまたサポートする様に戻った様です)
多くのソフトがWin8.1で起動できない原因が分かり
急遽サポートする様に変更したりと
最後まで問題は続出したものの
プログラマの苦労もあって克服する事が出来ました
途中9月の延期を発表した後で
13年間飼っていた愛犬が死んでしまい
途中の一週間は夜な夜な病院へ行ったり来たりで
介護疲れはこうして起こるものだと実感
更新が多い下請けのサイトアップも間違うので
今では別のスタッフへ更新を担当させる事にしました
そうこうして作ったのがWin版の信玄上洛でした
直接担当したのはシナリオ9本の調整と
ムックとマニュアル2冊に同梱冊子の執筆
そしてサイトなどの広報や資材の管理など
何かに集中すると何かが疎かになるのは
昔から分かっていたものの
今回は特に広報関係に力が回らなかった点が
否めないものの今回一緒にやり遂げたスタッフが
次からもっとやってくれると期待しています
最後に配信した27日のプレスリリースでも
メール文を間違えてしまい
昨日から実施している通販のクーポンコードも
大文字と小文字を間違えて設定と
(現在では設定し直しています)
最後まで失敗談が続く年となりました
しかしその都度対策は取ってきたので来年に期待

2014年福袋(騎馬袋)実施中

サイフォン通販にて福袋(騎馬袋)を実施
12月29日から1月6日12:00まで開催します
今年は久しぶりにPCゲームを出せたので
信玄上洛デジタルアプリ版を中心に構成しました
なお期間中ご購入のお客様へ
オリジナルカレンダーをプレゼント
サイズはA4版でラミネート加工しております
2014サイフォンカレンダー

年末年始のお知らせ(2013~2014)

本日が形式上仕事納めです
新着情報の通りの日程でお休みする事になりました
昨年もそうでいしたが
Android版のデバッグと調整は続けますので
実質のお休みはありませんが
休業する事で調整の作業は捗るかと思います
先日発表のデバッグツールの件など
サイト作る時期と見計らって進めます
また明日から福袋を行います
準備ができましたらサイトアップを始めます
例年大晦日に干支の絵を描いているので
今年もウォーミングアップでコンテを描き始めました
どれをベースにするか迷っています
2014年馬年
(とりあえず6体ほど)

信玄上洛アンドロイド版の更新につきまして

新着情報の通り
Android版のアップデートを1月中旬に予定しております
現在もほぼ程度動作しているのですが
ゲーム中メモリが不足する機種の対策を行っており
チーム内では年内更新を目指していたのですが
あと少し調整を続ける事に致しました
機種依存の調整をどこまで行うかとにもよりますが
年明けにまた続報を発表します
iOS版とWindows版の更新も続きます

シナリオ制作のデバッグツール開放を検討中

信玄上洛のシナリオエディタのアドイン機能として
シナリオのチェックアプリがあるのですが
(デバッグプレイ用のアプリです)
これを登録ユーザーへ開放するかを検討中
Android/iOSに近い画面でチェックプレイが可能です
本体プログラムはUnty3Dを用いていますが
こちらは別のツールで制作しています
Unty版で表示が乱れる(現在対策中)場合も
こちらのアプリでは表示可能というものです
但し既に開発終了のツールで制作している為
もし開放するにしても
サポートができずWin8.1では起動しません
(そうした条件付開放となります)
現在ライセンス等の確認作業をしております
可能そうであるならば近日発表いたします

F-16 ファイティング・ファルコン(国際通信社)

国際通信社より新シリーズが明日26日に発売
タクティカル・コンバット・シリーズ
の第一弾として「F16ファイティングファルコン」
(ページはこちら)
機種とシナリオの追加がなされている様です
来年一月にはシリーズ二弾「決戦連合」予定との事
F16ファイティングファルコン

追加シナリオとアンドロイド版情報

新着情報と一昨日からのご連絡の通り
昨晩より追加シナリオの配信を開始しました
(信玄上洛シナリオ10「義昭追放」)
なおAndroid版の更新につきましては
今年の暮れの27日か年明けすぐに発表いたします
開発は順調に進んでおります
現在ユーザーシナリオの読込動作までできておりますが
もう少し調整が必要な箇所がございまして
今年中に発表できるかどうかの微妙な工程となります
iOS版につきまてしてはその後の発表となります
あと暫らくお時間をいただけますでしょうか

義昭追放シナリオ配信開始

追加シナリオの義昭追放を配信開始しました
今回はユーザーシナリオ形式での配信となります
(ご利用方法はこちら)
武田と徳川が今川領へ侵攻した頃
信長は南近江の六角義賢を破り上洛しました
そして足利義昭の将軍就任に助力します
その後は信長と朝倉の抗争が激化し
両者の停戦に尽力した足利義昭も
次第に信長と対立し信長包囲網が形成されます
これらを再現したシナリオとなります
まず7ターン以内に上洛しなければならず
その後も京を奪われてはなりません
朝倉と長島そして武田を滅亡させる事が勝利条件です
よってシナリオ「叡山焼討」より難易度は高く
途中で裏切る義昭を追放(京を奪う)するか
反目されながらも室町幕府の権威回復に助力するか
そうしたプレイスタイルを可能としております
この時代らしい設定をお楽しみ下さい
信玄上洛デジタルアプリ版シナリオ10義昭追放
(シナリオ10義昭追放)

信玄上洛デジタルアプリ版シナリオ追加をフライング

24日開始予定のシナリオ追加キャンペーンですが
予定を早めて本日の夜からメール配信を開始します
シナリオのデータはできているので
サイトの準備ができましたらご案内開始
という段取りにいたします
信玄上洛デジタルアプリ版追加シナリオ10「義昭追放」

サイバーフロントが解散だとか

一昨日のニュースになりますが
Pradox等のゲームをローカライズしていた
サイバーフロント社が解散だとか
一部上場していた会社が支援に入ったそうですが
上場企業とゲームメーカーの相性は良くない様な…
他のゲーム会社も上場すると苦労されています
現在の決算書のスタイルだと
経営状態を読みにくいのが原因ですが
金融業会からも相手にされ難いジャンルです
ともあれ親会社が解散させたとの事なので
元の方々がまた何所かで旗揚げするのでしょうか
CivIIIは凄く遊ばせてもらった記憶があります
これやり始めて国内メーカーのゲーム止めました
Pradoxの物はライブドアがやってた頃購入し
どうしようもない駄目な和訳にゲンナリ
(歴史もゲームもあんまり好きじゃないみたいな)
海外版を購入した経緯があります
サイバーフロント製は幾つか購入しているのですが
遊ぶ時間がなくて積んだままのものが多数
将来が不安なのでパッチをDLさせていただきました
そのうちプレイ予定

Si-phonGameClub号外2014新年号

昨年に引き続きSGC号外2014年新春号を公開
(ページはこちら)
「信玄上洛デジタルアプリ版」のシナリオ追加と
「ゲーム視点から見た戦国の武士団」のご紹介です
中面では大幅リニューアルされた
シナリオ5「上洛でごじゃる」の解説を入れました
今般アナログのシナリオから変えた理由など
ガチで上洛を目指すシナリオとした内容をご紹介
裏面とはなりましたが
ムックで鈴木先生のソリティア観を入れた理由など
書き加えております
今後は24日のシナリオ追加と正月の準備へ移ります
sgc号外2014新春号

コマンドマガジン114号

コマンドマガジン114号が12月20日発売
(ページはこちら)
付録は「珊瑚海キャンペーン」です
「Coral Sea: Campaign Commander Volume II」
こちらが本タイトルなのでしょうか
珊瑚海とは名づけられていますが
ソロモン海を中心としたゲームの様です
ユニットの動きが珊瑚海中心になるのでしょうか
また綴じ込みゲーム「インパール1944」も付録
こちらはカラーデータがDLできる様です
その他「タクティカルコンバット」なるシリーズが
新たに登場予定との事
こちらの詳細はコマンドマガジンのサイトで
続報をお待ち下さい
コマンドマガジン114号

信玄上洛のマップの切り方について

早いものでもう二年以上前になるのですが
信玄上洛のマップを切ってある方に見せた時に
「このマップの切り方だと~の表現ですね」
と言われた記憶が強く残っています
デジタルゲーム系の方だと常に
「どうして全国マップではないのか」
という一点から始まるので意外でした
それで強く記憶に残っています
ゲームの中では中世の武士団をシステム化し
守護大名同士の抗争と上洛を表現していたので
国人領主の縄張りゲームに陥る要素は外しました
外した要因として一番大きい理由は
ソリティアという統一システムで動かすには
異なるロジックで動く勢力の表現が
必ずしも適切ではないと感じたからです
(Win移植の段階で進撃チャートの表現にて
ある程度制御可能だと分かってきました)
アナログでスタートしたという事もありますが
マップの切り方とタイムスケールから
現在のものに落とし込みました
よくよく考えると初代の信長の野望も
(当時はまだカセットテープで売られていました)
そうした設計思想だったのかもしれません
それが全国マップに膨らんでいき
次第に国人領主や武将がクローズアップされ
縄張りゲームとなっていった気がします
今となってはそうしたゲームは溢れているので
信玄では守護大名の抗争と上洛という視点に絞り
デジタルでもそのまま扱う事にしました
ちなみに全国35エリアに割った物がありましたが
現在の割り方が最もだとして採用しました
全国マップは太平記など制作する時に
リサイクルできればとも考えています

信玄がらみのページを追加更新

信玄がらみのページ更新を続けています
デザイナーズノートの更新
シナリオ追加キャンペーン(ご利用方法の追記)
・同新着情報
以上となります
なお量販店様の店頭で手に入らないと
お叱りを受けております
弊社の努力不足です申し訳ございません
今後も営業努力を続けます

三方原合戦

ウォーゲーム日本史第20号が12月20日発売
(ページはこちらです)
付録ゲームは『三方原合戦』です
信玄最後の戦いが舞台となります
基本システムが『長篠合戦』との事で
遊び易いシステムだと思います
今度大阪へ行った時にインタビューしたい作品です
長篠と違うのは
援軍の織田も長篠の様に強力ではなく
また徳川方が弱いはずなので
どうした所でバランスを取っているのか
非常に興味があります
三方原合戦

信玄上洛プロジェクトノートを追加

信玄上洛デジタルアプリ版のページへ
今回のプロジェクトノートを追加
(ページはこちら)
掲載内容は後で別ページになるかもしれません
とりあえずこちらのページへアップしました
 3000字書いては消し
 4000字書いては消し
 2000字にまとめては消し
そんな事を続けて遅れました
消した理由は目新しい内容がなかったり
別のところで書いている内容があったりで
まとまりが悪かった為です
発売が遅れてきた事の弊害なので仕方がありません
悩んでも時間がなくなるばかりなので
とりあえず8000字程度でまとめてアップしました
次はシナリオのコンセプトを手直しします
特に戦国婆娑羅や関東管領など
追加されたシナリオのページがまだなのと
上洛でごじゃるは大幅に変更しているので
そちらのコンセプトをまとめていきます

ちょっと息抜き

先週スタッフのバースデーだったので
仕事が終わってから皆で祝う
スタッフが増えてきたので
恒例の行事になってきました
この数年元気のない子が多かったのですが
最近は元気のある子が増えてきたので
将来が楽しみ
PC110126

信長の野望・創造

出張中に信長の野望の新作が出てました
「リアリティを追求したシリーズ市場最高~」
との事(アマゾンの製品概要より)です
コピーの文言も何かと格好良い
さすが王道メーカーのナンバーワンタイトルだけあり
興味がそそられます
信長は掃天録くらいからまともに触っていないので
そろそろ購入したいのですが
その前に使っているノートパソコンを買い換えないと…
等という事を前回のタイトルでも言ってた気がします
最近のノートは長持ちするので買い替えが中々進まない
これテストで購入したタブレットマシンで動くのかなぁ
Windowsタブレットの欠点はDirectXの仕様が
媒体の回転にまともに対応してなくて
回転させるとグラフィック情報をリセットしてしまう
データがクリアされているのに表示しようとするから
そこから画面が真っ黒になってしまう
弊社の対応も画面を固定させる方向で考えています
タブレットをまともに売る気があるのか疑問ですが
仕様ならば仕方がないので対応策を考えます

信玄上洛-非公式-裏マニュアル発送開始

信玄上洛デジタルアプリ版のサイフォン通販特典
「-非公式-裏マニュアル」の発送を開始しました
発売日に間に合わず申し訳ございません
メール便での発送なので数日かかるかと思います
シナリオ解説の編集としてhtmlの説明など加えまして
表紙を含み全16ページフルカラーと致しました
1月初めまで続けたいと思います
信玄上洛デジタルアプリ版-非公式-裏マニュアル
(触りだしたら止まらない情報満載です)
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121