長篠の武田軍撤退について

1575年に生じた長篠の戦いにおいて
長篠城の包囲部隊が壊滅した事で
撤退を決意したと思われる武田軍ですが
史実からいうと
・実践経験の浅い一門衆は撤退に成功
・当主である勝頼も撤退に成功
・殿軍を務めた歴戦の諸将の多くが戦死
という事実があります
これに対して一般に多く言われる事は
・一門衆が我先に逃げ帰った
・勝頼の信用が失墜した
・若しくは元々統率が取れていなかった
等の後世の世評が存在します
ただ言い換えると
・織田との闘いで打撃力を減衰していた
・織田との正面兵力差で不利であった
・長篠の制圧が不可能となった
という段階において勝頼が選択すべきは
できるだけ上手に撤退する選択であり
歴戦の諸将を失ったものの
最小限の損失で撤収できたとも考えられます
リサーチ時に重要なのはバイアスを外す事で
そんな実習を今年もインターンの中で行っています
特に一次史料が乏しいモチーフは
何らかのバイアスが大きくかかっているので
それを外して資料化する事を目的とした実習です
今後の体制を考えると
こうした実習を増やしていく方が良いと判断しました

サイフォンボードゲーム研究会(2017/11/04)

今週はインターンでプランナ実習という事もあり
北アフリカで生じたドイツアフリカ軍団の戦いを中心に
ヒストリカルをまとめてデータ化する準備に充てました
その過程で師団や旅団や連隊など
登場する部隊名とその規模について簡単に説明
こまあぷ「ガザラの戦い」に登場するユニットと合わせて
部隊名と一致させる事にしました
加えて戦線の構築や後退戦術や機動防御戦など
こまあぷで登場する名称の説明を行いまして
ゲーム制作の準備時間としました
この過程で興味を持ち始めた子らに対する説明不足を実感
実装不足の情報をどうするかを考えました
これまでも初心者の獲得にまい進してきたつもりでしたが
姉川の段階ではその敷居の高さにくじけかけましたが
やはり初心を無くすと御旗も失うなと感じ
もう一度こまあぷ当初の心意気に戻ろうと決意した次第
久しぶりに「ドイツ戦車軍団」を触りたいところ

ダンケルクの戦い(1940年)

ダンケルクの戦いは1940年にフランスへ侵攻した
ドイツ軍と連合国軍との戦いであり
40万人のイギリス軍将兵がイギリスへ撤退しました
一般的にドイツ軍圧勝と思われがちな戦いですが
英仏両軍を中心とする連合軍も
局地的に組織的な反撃を加えており
ドイツ軍にも大きな被害が出ていました
そのひとつが直前の「アラスの戦い」
仏北部で英仏軍が反撃に成功したとされる戦いです
この反撃が成功したからこそ
ドイツ軍装甲部隊の進軍速度が鈍り
ダンケルクからの英軍撤退成功にしたと考えられます
この戦いが『ドイツ装甲師団』(国際通信社)
の中に収められている「ダンケルク」シナリオです
確かにドイツ軍有利なのですが
楽に勝てるわけでもなく
英仏軍も組織的な後退戦を展開できるシナリオです
(増援もあり局地的な反撃も可能)
なおこの一連の戦いで88mm砲の水平射撃を行った
第7装甲師団のロンメルは
その後に起こる北アフリカの戦いで
同じく88mm砲の水平射撃を多用する事となります

ダンケルク

先日の4Gamerさんの記事にて
ドイツ戦車軍団のプレイ記事が掲載されていました
ライターは徳岡さん
プレイヤーは元シミュレイター編集長の鹿内さんと
元コマンドマガジン編集長の宮永さんが対戦
シナリオは「ダンケルク」でした
ドイツ軍の電撃戦とフランス軍の後退戦を
コンパクトにまとめたシナリオです
自分も数年前のコマンドさん主催の士官学校にて
フランス軍を2回ほど担当して遊ばせて頂きました
この記事を見たスタッフから
ちょうど長崎では
ダンケルクの映画がその日までという事で
是非行きたいとの申し入れが女子部から入りまして
許可して行かせました
何かに役立たせて欲しいところ

プランナ実習

後期日程のインターンも11月に入り
残すところわずかとなりました
そこでエンジニア実習の中で
今週からはプランナとしての実習に移りました
データのまとめ方とチーム内に伝えるデータ作り
それとゲーム内にインプットするプロットデータ
これらの作り方にシフトしました
実習生もこれまでの実習内容も取りこぼす事なく
やりこなしてくれているので
一歩一歩進む事ができています
この調子であとひと月半ほど実習を続ける予定

幻の百年戦争&薔薇戦争のSGC別冊

総統指令までは
アプリながら配信に合わせてSGC別冊として
発売記念号を制作しておりましたが
自分もノベルゲームの応援に入ったりした事から
百年戦争から作れなくなっていました
それでも作りかけの原稿は残っていたりして
週末にサルベージしていたのですが
こりレベルで散在しているのであれば
最初から作り直したが早いと結論づけました
この2タイトルは通して作った方がやりやすいので
機会があれば合併号として制作してみたいと思います

コマンドマガジン137号

コマンドマガジン137が10/20に発売されています
(ページはこちら)
付録ゲームは「慶長出羽合戦」
一見ウォーゲーム日本史かと思うタイトルですが
関ヶ原の奥州戦線を扱ったものです
サブタイは「NorthernBattle,Sekigahara1600」
事の発端となった上杉と最上の争いに
伊達がどう関わるのかを争点としているのでしょうか
(一応プレイ人数は二人との事)
コマンドマガジン137号

浅井の突進!

先週更新した姉川の戦いにて
エクストラモードに浅井の突進イベントを増やしました
その代わりに織田軍にサイの目2倍ルールを入れ
全体のバランスを取った格好です
なお徳川の行動パターンを見直し
織田の防衛支援ではなく
朝倉との戦闘を優先させたので
織田軍が行動可能なエリアが増えて
作戦の幅を若干広げる事ができました
うまくいけばユニットが減った段階で
手版が続けば信長を迂回させて長政と一騎打ち
という状況も生じます
マップはもう少し広くしとけば良かったと後悔
実際の横山城はもう少し2~3へクス奥に位置します

引き篭もって設計

久しぶりのSi-phonタイトルという事で
先週末より数日引き篭もって基本設計中
長らく下請の応援に取られていたスタッフを戻し
最初の会議も行いました
市場は厳しい状態が続いていますが
やはりSi-phonタイトルだとテンションが上がる
取り急ぎ長く使えるエンジン作りをします

別タイトルにエディタを流用

薔薇戦争用に改修したエディタを
別タイトルで流用する事にしました
ただステイタス機能などを追加したものの
扱える変数の数が限られているので
その辺りは圧縮技法で補ってみます
その打ち合わせをスクリプタと行いました

鬼門へ踏み込んでみる

この業界では北アフリカやナポレオンなんかをやると
倒産する強烈なジンクスなんてのがあるみたいですが
そうしたジンクスへ踏み込んでみる事にしました
そもそも2008年に参入した時点で
地雷踏みまくりな経歴を辿ってきた訳でして
今更何を恐れるみたいな気分で踏みしめる事に

WindowsストアからMicrosoftストアへ変更だとか

Windows8の時に登場したWindowsストアですが
今月からMicrosoftストアへ名称変更しています
理由はハードウェアも売る為だとか
この関係かか分かりませんが昨日の姉川の更新が
予定どおり進まずに本日へ持ち越し
原因を究明して対策を施します
iOS版は問題があるとの通知でしたが
そのまま更新されていました
Android版は安定の即日更新

姉川の戦いver1.1.0.0アップデート

新着情報ソロアプニュースの通り
姉川の戦いを本日アップデート申請しました
織田軍プレイとなるエクストラモードを追加し
通常モードも調整を施しました
これに合わせて姉川のページも更新しています
今回の更新までに時間がかかりましたが
その分かなり試験的な取り組みができました
次回のタイトルは未定ですが
いくつかサンプル的なものはできているので
追って発表していきたいと思います
姉川の戦い
(スクリプトでオープニングを演出)

サイフォンアマゾンストア今週で閉鎖

以前にもお知らせしていましたが
アマゾン様のAPIを用いたストアを今週で閉鎖します
既に春すぎから更新できなくなっていたので
そのままの状態で過ごしていましたが
サービスも今月で終わるとの事ですので
今週いっぱいで閉鎖する事にしました
長い間お世話になりました
何か別のサービスが開始されたら
そちらを利用するかもしれませんが
しばらくはマーケットプレイスで展開していきます

Win10アップデート備忘録

3~4日かかりましたが
会社と自宅ののWin10PCを全てアップデート
以下備忘録
・スリープモードに入るとコケる
・一度コケると数回再起動が必要
・2012~2013年頃の一部のCPUで更新不可能
・ペイントが消滅(64bitだけ?)
・メモリ4GBで一番つらい作業が更新作業
・動作しなくなるアプリは自動的に強制消滅
・更新できると軽くなった気がする
・更新にコケるとそれなりに大変
・SSDの方が時間かかる?
更新時間は一台2.5~14時間といった具合でした
テスト機多いとすんごく疲れる
しかも年二度は本当に勘弁して欲しい
一番気になったのが動作できないアプリの自動消滅
現在ノベルゲームが古いAPIである
DirectDrawやDirectSoundで動作するエディタなので
こちらの対策を急がせたいと感じた次第
Untyの方はあんまし関係なし
Win7やoffice2013などのサポート期限が2020年
これに合わせて旧来のシステムも消滅すると思われます
その為の準備期間に入ったなというのが実感でした

姉川の更新数日遅れます(つづき)

先日のご案内の続報です
改修中の姉川の戦いですが
右往左往しながら何とか落ち着きました
途中でWindows10のアップデートで時間を浪費したり
予定外の作業を頼まれたと思ったら
無かった事のようにされたりで
ロスの多い週でしたが
プログラマの踏ん張りもあり
バランスが取れてきました
ただ仕様の変更が多かった為
画材の変更が追いついておらず
現在はこのチェックをしている段階です
なので来週早々には更新する予定

DMM.COMさんより澪(MIO)5タイトル配信開始ニュース

女子部がお世話になっている澪(MIO)さんとこの
5タイトルが昨日DMMさんより一斉配信開始となりました
(澪さんのページはこちら)
女性向けタイトルもパッケージ販売から配信スタイルへ
移行しているのかは分かりませんが
販路として新たに設定されたようです
今回入っていないクローバー図書館2タイトルの配信は
ワイド化された後の対応案件となっている模様

今年二度目のWin10大型アップデート中

今年二度目となるWin10大型アップデートが来ました
昨日出張から戻り自宅で更新していたのですが
1台目が5時間
2台目は10時間かかっても終わらず更に3時間
3台目は3時間半
4台目が4時間ちょっと
あと2台が自分の受け持ちとなっていて作業が進まず
(他の数台は社員で分担して実施中)
仕方なしにWin2000のマシンで作業する有様
途中で止まるマシンが出ると
途端に作業が止まってしまうので
この問題はどうにかして欲しい
昨日も澪さんとの会議にPC持っていったのですが
モバイルルーターでの接続だったので
そっと閉じる有様で仕事になりませんでした
こんな時間かかるアップデートは年二回もいらない

姉川の更新数日遅れます

申し訳ございません
本日姉川の更新予定でしたが
自分が修正指示にしくじり
バランスが悪くなってしまったので
あと数日お時間をかける事にしました
月曜日までにはどうにかします

2017年第4四半期のスケジュール確認

昨日は澪(MIO)さんとの会議
四半期毎で管理する今年最後の工程確認を行いました
先日の合宿でもご一緒したかったのですが
ご都合が合わずに持ち越し案件となっています
Winodwsのアップデートを控えていたので
その影響などは時間の会議で打ち合わせとなりしまた

jpドメインも更新

comドメインの自動更新にコケて
二週間ほどロスした間に
jpドメインの更新時期入りました
早いもので10年目に入るのかな
(jpは9年目かも)
空母決戦作ってた頃は
サイトも全部海中だったので
サイトアップ2か月前の
今の時期に頼みに行った記憶があります
(9年前の)戦ノ国の時にjpドメインを取得しましたが
この頃は自分達でサイト作るように切り替えたので
サーバー借りてドメイン取得して
サイトマップを作らせて全体設計させたり等と
今につながる作業に入った思い出があります
結局はその時取得したjpドメインのサーバーは
その後のコンテンツページになりました
最初は2ヶ月かかっていたものが1ヶ月になり
2週間になり2~3日でできるようになりました
当然ながら最初は「素材がありません」などと
作れない理由を口にされていましたが
自分たちでできるものは自分たちで作る
そういう基本的な姿勢ができたのも
この頃からだったと思います

Win10アップデートの準備

今年二度目となるWin10の大型アップデートが
日本時間で18日(水)という事なので現在その準備中
どうもSSDに多くのデータがあると遅くなる様なので
テスト機も含めデータを抜く作業を繰り返しています
正直うんざりなのですが
先週の更新でも2時間半程かかったマシンもあったので
できるだけ作業時間を圧縮したいとの思いから作業中

サイフォンボードゲーム研究会(2017/10/14)

5年前(2012年)の今ごろは
信玄上洛デジタルアプリ版を作っていました
この頃までは福岡で制作チーム組んでいたので
週二回程の打ち合わせに出向いてました
更にそれから一年前(2011年)は
アナログ版の信玄上洛を作っていました
この頃が一番の過渡期だったと思います
実際スタッフも入れ替わり
入れ替わった子に合わせて
別のジャンルにも手がける事になりました
その時間を割いて長崎でもチームを組んで
アプリ開発(こまあぷ)を行う事となります
今にして思えば
この期間が一番ゲームに携わっていたかもしれません
来場者数が1000~1500に増えていった
ゲームマーケットにも行ってましたし
デジタル化可能なソリティアシステムの研究を
一番行っていた時期です
新入生に加えて
インターン生も最大三名入れてた時期でした
ロンドンオリンピックの頃だったか
血尿が出た事もあったし
後年血圧がすごく高かった時期もありましたが
なんだかんだでこの頃の苦労が今に繋がっています
特に信玄上洛では
歴史の時間軸と勢力の成長速度をシンクロさせたり
太平洋決戦では
戦隊(海軍)の打撃力を積み上げてプロットしていくと
「ああなる程ね」等の指針的なものを共感できたり
そこまで計算式ができてしまえば
シナリオは結構簡単にバランスとれるもんだ等と
(ゲーム化としてのバランスは別です)
苦労に先にある達成感みたいなものに癒されました
更にAndroid化された信玄上洛のテストにて
計算式の実装が間違っていても
互いに同じ計算式を用いる限り
時間軸のズレが出るだけでバランスは変わらない
そんな小さな良い発見もありました
これらをやっていたからガザラのAIが構築できました
ユニットを選択し移動可能な範囲から
有効な攻撃を行うというルーチンで逃げていれば
イギリス軍が行う機動防御戦は取れないし
それができないならば
歴史モチーフのシミュレーションなんて作る必然性が無い
こうした原理主義的な考えて進めてこれたのも
アナログへ転進した頃の思いと
それについてきてくれたスタッフのお陰なんだなと
感じた先週の(合宿した)週末でした

300とサラミスのDVDセットを衝動買い

300(スリーハンドレッド)とその続編のDVDが
近所のホームセンターで叩き売られていたので購入
全編は見ていたものの後編は見ていなかったので
目的のドキュメンタリーコンテンツと共に鑑賞しました
何時もこの手の映画を見るとゲーム作りたくなるのですが
昔作りかけてたラバウル航空隊主役のソリティアシステムが
これに応用できないかと想像してみるものの
前回も「耐えがきたを耐え」的な内容は楽しさ表現が難しく
途中で投げた事を思い出して今回も断念
ただこのソリティアシステムは機械があれば
その内というか時間を見つけて実用化したいところ
実用化できれば何らかのライブラリにできるハズ

姉川追加モードは織田プレイにて(つづき)

昨日に引き続き姉川の追加モードを調整中
下の画面は通常モードを上下反転させただけですが
セットアップも若干変更するかと思います
織田方の遊び方としては
 川際で陣取る水際防御
 川奥に陣取る縦深防御
 ユニットが減った段階で行う迂回作戦
などいくらかの作戦をとる事ができます
織田軍は数の優位をどう扱うかに悩む事となり
その点ではガザラのイギリス軍に近い形で遊べます
それともうひとつ
横山城を包囲していた部隊を援軍として登場させる予定
この場合は包囲を解かれるので
横山城の士気が上がるとして調整しているのですが
織田の援軍が到着して浅井の士気が上がるのもどうかと思い
調整を続けています
姉川エクストラ
(実際のセットアップは画像異なると思います)
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133