GameJournal第53号

ゲームジャーナル53号が本日発売
(ページはこちら)
付録は「激闘!スモレンスク電撃戦」
「激闘!マンシュタイン軍集団」システムにて
バルバロッサ作戦を展開する三部作の二つ目です
前回がレニングラード戦でしたので
今回はその南であるスモレンスクが舞台です
キエフの攻略を急ぐか
モスクワへ突出かるか
その辺りのせめぎ合いに悩む展開でしょうか
なお企画にある
「わたしがゲームデザイナーになったら」
も気になるところ

SGC別冊桶狭間の戦い発売記念号制作中

9月に作りかけて中断していたのですが
先週配信も開始されましたので
急ぎ仕上げに入っています
ほぼ全ページ書き換えとなりました
遊び方の補助なったり
東海道の歴史について触れたりなど
室町時代の歴史に触れる事で
太平記の時代にも触れられたらという思いで
制作する事にしました
桶狭間の戦い
(画像は制作中のものです)

サイフォンボードゲーム研究会(2014/11/29)

今週は桶狭間の戦いの配信が始まりました
作業としてはAIの構築へ移っています
そこでAIについての打ち合わせを行いました
意外に思われるかもしれませんが
桶狭間の織田軍は奇襲襲撃のみならず
防御戦から包囲戦へ転化し
今川軍を撃破する事が可能です
独ソ戦ゲームでもよくある展開ですが
こうした戦術が取れる為
AIの中にも組み込む事にしました
基本的に防御戦とは敵の打撃力を吸収する戦法で
吸収した後は反撃する事を前提とします
吸収できなければ戦線は後退か崩壊します
ユニット数が多かったガザラの英軍では
ボックス型のフォーメーションを組んで
後方予備で反撃する形が取れましたが
今回の織田軍はユニット数が少ないので
後方予備まで置けません
唯一「奇襲」で使える信長ユニットがいますが
これがやられると負けなので
無理な奇襲は命取りになります
そこで戦線の一部を防御戦に使い
戦闘に参加していない部隊を包囲部隊へ転化する
そんな手法を組み込んでみたいと考えています
先々での作戦級独ソ戦で使えるかもしれません
ともあれこうした形でAIの組み込みは進んでいます

桶狭間の戦いver1.0.1.0アップデート

新着情報の通り
桶狭間の戦いをアップデートしました
マッチプレイ時の表示の乱れと
BGMの追加にSEの修正を行っております
AI追加アップデートは12月になります
織田軍プレイモード(今川軍COM)から始めます
こちらはあと少しお待ち下さい

2014年度の半期決算へ

明日で今年度の半期を終えます
消費税率の変更処理に始まり
体調を崩したりと
何かと問題の多い期になっていますが
昨年今年と新卒採用を続けて良かったと
改めて感じる年でもありました
人は教育すべき時期に教育できないと
次第に扱いが難しくなります
そんなこんなでこまあぷも再開し
年末を迎える事になります
こまあぷの計画もBlitzkriegさせたい所
桶狭間に関しましては
本日か明日アップデートを行います

桶狭間の戦い-Drive on Okehazama-配信開始

桶狭間の戦い-Drive on Okehazama-が配信開始
遅れまして申し訳ございませんでした
(配信ページはこちら)
何時もの様にAndroidで先行配信となります
一週間ほどでAIアップデートを行います
(AIアップデートは無償です)
エキスパートモードにつきましては
独ソ戦とのスケジュール兼ね合いで
どちらを先に行うか検討いたします
桶狭間の戦い-Drive on Okehazama-

桶狭間の配信準備中

GooglePlayにて桶狭間の配信準備中
久しぶりの操作である為
手際が悪く申し訳ございません
準備すべき画材を用意していなかったり
過去の設定を見返したりで
時間がかかっております
配信が反映されるのは
明日の午前になるかもしれません
配信されたならば追って公表いたします
なおプレスリリースは明日配信します

桶狭間後の東海道

義元が討たれた事で終わった桶狭間ですが
その後の東海道はどうなったかというと
三河では家康が独立
その後の家康は三河の掌握に努めます
そうして8年が過ぎた頃
信玄と共闘して今川領へ侵入
結果として遠江の半国を切り取った為
応仁の乱前からの抗争劇の結果は
斯波の本拠である尾張は織田
今川の本拠である駿河は武田
斯波と今川で争っていた遠江・三河は家康が
各々掌握しました
という事は結局領主が変わっただけで
争いの構図は応仁の乱の頃より
あんまり変わっていないという事です
三河で家康が独立したこの間
織田も勢力を伸張しているので
武田とのミリタリーバランスは取れている
こうした状況で信玄の西進が始まります
信玄もこの辺りは認識していたのか
西進に当たっては
周辺勢力の関係を改善し
戦力を集中する事で織田に当たりました
ただその信玄も寿命が尽き西進は頓挫します
こまあぷではこうした事もお伝えできればと
考えて展開していきます

桶狭間サイトをリニューアル中

配信に向けて桶狭間サイトの更新中
(サイトはこちら)
色調整後の画面画像へ変更し
コラムページから追加しました
遊び方ページの追加は25日予定

サイフォンボードゲーム研究会(2014/11/22)

こまあぷでは桶狭間の配信準備へ進みましたが
独ソ戦を同時進行しています
今回の独ソ戦ゲームは戦略級陣取り形式なので
一部の敵行動ロジックに
信玄上洛のソリティアシステムを採用し
法則性に従いながらも柔軟に行動させる予定です
そんなこんなで
これから作ったシステムが何に流用できるかを
知人らと話あってみました
東インド会社のゲームを作れば
今のイスラム国のシステムが再現できないか
30年戦争の荒廃・傭兵システムは
何に流用できるだろう等とそういう事です
こまあぷではローマから植民地時代の欧州ネタも
幾つかやりたいと考えています
また桶狭間では「奇襲」コマンドなる
いきなり信長ユニットが登場して
敵を攻撃できるルールが実装されますが
これがナポレオンや大阪の陣(幸村)で使えないか
そんな事を検討中しています

クローバー図書館で人気投票発表

クローバー図書館で人気投票の発表がなされ
まさかのサブキャラ一位という現象が発生
キャラが立っていた事もありますが
声優さんパワーもあるのか
いろいろと考えさせられます

桶狭間の発売日を決定しました

新着情報の通り
桶狭間の戦い」の発売日を
2014年11月25日(火)に決定しました
現在最終テストの最中でして
このまま配信準備へ進みます
連休前である事もあり
本日のアップも予定していたのですが
無理に出すよりはという事で
テストとテキスト周りの修正に時間を取り
来週の更新とする事にしました
サイトの更新も行う必要がありましたので
週末にこちらの更新を行います
配信が遅れ大変申し訳ございませんでした
申し訳ないのですが本日のプレスリリースは
手が回りませんでした
火曜日に合わせて配信いたします

信玄上洛の勢力色と同じ配色を採用

桶狭間に限らずですが
こまあぷでは信玄上洛の勢力色を踏襲し
イメージのすり合わせを行う予定
今回は織田信長と須磨川義元でしたので
信玄上洛の配色パターンをそのまま使いました
またユニット裏に家紋を入れるのも
同様の理由です
色と家紋で勢力を表現する事にしました
桶狭間の戦い

女子部も2015年の準備へ

こまあぷも2015年の準備をしていますが
女子部も2015年の準備へ進んでいます
今期できなかった事を来年はやりたいところ
企画だけで終わった事も多々あります
如何せん人手不足ですが
簡単に補充できるほど余力はないので
この辺りのバランスをどうするか
今月いっぱいかけて考えます

桶狭間では版画風の勝利画面を採用

桶狭間では版画風の勝利画面を採用します
いろいろ考えたのですが
従来の新聞風でも合わないし
そもそも写真なんてないしで
信玄上洛を念頭に
当初は切り絵風を考えたのですが
最終的に版画風でイメージを固めました
勝利画面
(画面は開発中のものです)

南蛮胴の違和感

某社の歴史シミュレーションや
それに影響されたと思われる歴史雑誌などから
(描いてる人が一緒なのかな)
信長=西洋甲冑みたいな奇妙なイメージがあります
それが何所から沸いたのだろうと思っていたら
黒澤明監督の『影武者』である説が出てきました
ではそれ以前の70年代はどんなイメージだったのか
等と話したものの誰も思い出せない
当時は信玄と謙信の方が有名だった気もします
少なくとも自分の場合は
戦国=信長というイメージは「信長の野望」からでした
「戦ノ国」の時に信玄をメインキャラにおした時
周囲からは「えっ」と言われましたが
個人的には何の違和感もありませんでした
そもそも「信長の野望」も織田でプレイする事は稀で
(初代~烈風伝くらいまでプレイしました)
初代も武田プレイばかりでしたし
その後のタイトルも最初は武田からが多かったと記憶
確かに関ヶ原の頃まで生きていれば
鉄板技術も発達していただろうしで
作らせて着用していたかもしれませんが
ありとあらゆる所で着用画像を押されると
自分としては引いてしまいます
そんなつまらない固定観念を捨てないと
新しい事はできないのですが
今回こまあぷで桶狭間・姉川等をやる事になって
改めて日本の鎧が戦国だなと感じた次第
関ヶ原時代の武将が戦国時代に見えないのも
昆虫っぽいデザインの鎧兜が原因かもしれません

こまあぷ独ソ戦の打ち合わせへ

桶狭間に目途が立った事から
独ソ戦の打ち合わせを行っています
データ構造をどうとるかですが
戦略級なので
勢力のステイタス画面を作れないか検討中
後から追加すると大変なので
あらかじめデータ構造を設定しておくと
数倍の工数の違いが出てきます
未だルールを調整している事もあり
確定できない要素が多いものの
年内投入を目指してがんばります

ゲームマーケット2014秋

本日開催されているものの
今回も参加できず
もう東京に一年行っていない様な
今の会場に移ってからは
一度も行っていません
次は大阪なのでこちらには参加予定

クローバー図書館の人気投票が終了

女子部でやっているクローバー図書館の
人気投票イベントが終了しました
接戦が続いていたみたいですが
結果は来週発表するそうです
スタッフ同士でも一喜一憂していたので
こうしたイベントもたまには良いかなと

桶狭間の戦いに目途が立ちました

延期が続いていた桶狭間の戦いですが
現在のデータ構造体で目途がつきまして
エラーなくフローが回る状態となりました
スタート画面など未実装部分が若干ありますが
昨日よりテスト段階へ移っています
本日はプレスリリースの配信はできないのですが
残っている未実装部分の実装と
テキストの整備など行いまして
来週末から再来週初め(11/14~11/25)
に先行配信版を配信開始いたします
まずはサイトを整備しますので
更新まであと少しお待ち下さい

サポートメール不調(つづき)

先日ご報告しました
サポートメール配信の不具合ですが
ポート番号などを変更していも改善できず
一部のユーザー様へは別アドレスから配信しています
システムの修正を行っている関係上
同様のメールが届く可能性もございますが
この点ご了解下さい

Windows版の動作環境を検討中

WindowsXPの使用率が色々といわれていますが
流石に落ち始めている模様
その分Windows8/8.1が伸びています
これを反映させるかどうかですが
サポート上問題になってくるのが
動作環境のどう残していくか
流石にPentiumIII時代のハードは
手に入り難くにってきており
WIndowsXPもsp3時代のものも
次第に入手が難しくなってきました
うちのテスト機も故障が目立ち始めました
こうした状況です
ブラウザ型にするかも検討しております

商材でマイナー歴史を扱う意義

売れないジャンルや素材を商材とするのは
普通メーカーであれば手を出しません
ヒトモノカネという経営リソースを
無駄に消費する可能性が大きいからです
そして戦国ゲームを作るメーカーは多いものの
東海道や斯波・今川氏が脚光を浴びる事はなく
それなら「こまあぷ」でやろうというのが
今回の流れです
これらは中世の日本史において
かなり重要な位置を持つと考えています
桶狭間でやるのもどうなのと言われるものの
ここでやっておかないとやる時が見えません
またこういう時にやっておく事で
もし先々で太平記の面白さをお伝えする時に
馴染みのある名前が出てくる事となります
やはり馴染みのある名前が無いと
いくら面白いと言っても興味は沸き難く
ゲームを作っても浸透しません
何故「斯波」「今川」が重要視され
重要な「東海道」へ配置されていたのか
それがわからないと
戦国時代の対立構造も理解できずに
漫画やドラマの世界が正史となりかねません
それはそれで良いのですが
こまあぷという折角の企画なので
多くの埋もれている歴史を掘り起こせればと
考えている次第です

こまあぷの情報は13~14日に更新予定

こまあぶの情報を止めております
理由があってあえて止めていたのですが
こちらの情報を13~14日に更新します
滞っていた事大変申し訳ございません

SGCのポリシーと再開など

今般こまあぷで桶狭間をやる関係で
東海道へ視点を持つ記事展開が可能となりました
信玄上洛デジタルアプリPC版の特典冊子にて
室町幕府のさわりを書きましたが
他所がやりたがらない事をやれるのが
サイフォンのポリシーなので
今回は桶狭間をさかのぼり
その原点となっている斯波と今川との抗争に触れ
大衆受けしない上洛否定説を持ち上げています
こうしたあまり触れられない歴史を紹介するのも
こまあぷの仕事と考えています
子供の頃EWEのパッケージから作戦名を知り
ワールドウォーシリーズからその内容を把握し
更に自分で調べる事から海外ゲーム等も
奥深く楽しめる様になったからです
奥深くというのはデザインポーリシーを感じるには
やはり史実を知っておく必要があり
それがある事で他のゲームとの比較も楽しめる
このサイクルに入れたからです
そこでSi-phonGameClubではゲームの補足など
更に楽しめる情報を提供していきたいと考えています
2ヶ月ほど桶狭間の冊子を作りかけて
途中で療養などあり中断しておりましたが
こちらの制作も来週から再開します
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123