総統指令の改修を検討

百年戦争と薔薇戦争へ入る前に
総統指令を一部改修しようかと計画中
当初からの仕様として
戦闘に参加するユニットを矢印で表記する案があり
こちらを実装しようかと思います
ただユニット数よりは
戦闘比が知りたい情報となる場合も多く
こちらの表示を工数かけずに追加でれば良いな
という事で現在見直しを行っております
Windowsストアへ進む前に
こちらの修正を行いたいと思います

しまにょ艦隊の対策版が届く

土曜日に対策版が届いていたものの
夕刻より同窓会があった為
本日からの確認作業となっております
若干調整したが良いと思われる箇所が残っており
その修正指示をまとめていますが
明後日の夜から出張の予定が入っているので
今週の配信をどうするか検討中
これまでも延び延びになっているので
あまりよろしくないのですが
できる範囲で調整したいと思います
従来のこまあぷとの違いは
チュートリアル風のテキストが流れる初級モードを追加
ルール等を解説させようかと思います
またエキスパートモードに変わって
別の遊び方ができるモードを追加予定
しまにょ艦隊

サイフォンボードゲーム研究会(2015/09/05)

現在「しまにょ艦隊」を制作中ですが
哨戒機と護衛艦を用いたゲームという事で
通常のウォーゲームとはシステムが若干異なります
その関係で通常とは異なるわかり難い箇所が多い為
それをどう伝えるかという事に注力しています
例えば見えない敵をソノブイで探るという行為も
そんなもの見た事ない人が殆どである為
分かり易く表現するにはどうすればよいか
そうした初歩的な事を考える事ができました
空母戦でいう「索敵」に相当しますが
これもミッドウェー等の映画があったからこそ
ビィジュアルを通して分かっていてくれる前提があり
ウォーゲームでは普通に使っているシステムですが
映画を見たことなければそんなものが分かるはずもなく
確かに空母決戦のテストの時に
若い子が索敵の意味がわかんなくて苦しんでいる姿に
今更ながら納得している次第
今回はそうしたビジュアルでの影響が乏しい為
どうしようかと悩んでいてたどり着くのは
30年前に購入した「日本機動部隊」のマニュアル
その時は何にもわかんないまま購入して遊べました
何気ない印刷物ですが
導入という要素においては一番の重要アイテムです
アナログゲームも作る可能性も出ている為
もう少し昔のゲームマニュアルを研究したいと思います

JGC2015(9/4~6)

JGC2015が本日より日曜日まで開催
鈴木銀一郎先生も参加されるとの事で
日曜日の午後からイベントも組まれています
この数年はゲームマーケットにも足を運べず
JGCにも足を運べておりません
(そもそも東京に2年行ってないのが駄目)
意外とPCゲームやってた頃は足を運べていたので
そろそろ流れを変えたいところですが
来週まで打ち合わせが続いていて
今年も断念する事となりました
配信を遅らせた「しまにょ艦隊」もありますが
こちらの配信は来週になりそうです
止まっていた箇所は動き出しているのですが
いろいろ弄っているとテスト工数も伸びるので
何所かで区切りをつけて配信します
JGC2015

「新・空母決戦」はありなのか

しまにょ艦隊のエンジンを流用し
珊瑚海海鮮を作りたい願望がある為
どうやって改造しようかと
集中できる時間がいくらか欲しいところですが
一番のポイントはへクススケールです
それによって仕様が固まりますので
(艦隊の規模や索敵範囲など)
こちらの試作版をどこかで作りたい
実際に動くのは百年戦争・薔薇戦争の後ですが
スマホでやるかWindowsでやるか
それでもマップスケールが変わってきます
Windows10の使い心地は思った以上に良いので
こちらが普及してくれると助かるのですが
そもそも現在のWindowsの用途は
開発か事務マシンへ固まってきているので
一般への普及は厳しいかもしれません
どの道Unityでの開発になりそうです

太平洋戦史が再販

国際通信社より昨年春に発売され
その後重版やデラックス版が発売された
太平洋戦史」ですが
再再度の重版が決まり
明日から注文が開始されるとの事
セットアップに時間がかからず
プレイ時間も2~3時間で可能という
ユーザーに優しい製品規格も人気要素だと思います
もちろんプレイ中の選択の幅の広さや
その後修正や追加されたルールも充実しており
発売後も成長を続けている人気商品です
【追記】
ガイドページができていました
(ページはこちら)
太平洋戦史-War at Sea in the Pacific-
(画像をクリックすると太平洋決戦のページへ)

しまにょ艦隊のルール

そろそろしまにょ艦隊のサイトを作り直しますが
基本ルールは哨戒機でソノブイを落下させ
その反応をみて護衛艦で爆雷を投下するという
至ってシンプルな構造です
ソノブイ及びその周辺ヘックスは
一定の確率で敵潜水艦を探知しますので
その反応をみて護衛艦を急行させます
また投下したソノブイは
一定の時間で消滅(イベントでも消滅)するので
これを繰り返すゲームとなります
敵の潜水艦に突破されたら負け
また自軍の護衛艦が沈められても負けです
プログラムの構造としては
空母戦にも転用できそうな感じです
ソノブイ

Windowsストアの配信準備など

実は「しまにょ艦隊」より
Windowsストアへの対応を同時に進める予定でして
(発表時は公表してません)
8月はその研究も行ってきました
情報が少なく手探りで進めていますが
 審査に通らないAPIやプログラム言語がある
 VisualStudioで読み込めないと審査に進まない
 旧態のEXE形式のものは来年以降の対応予定
 法人アカウントの解説には時間がかかる
 現状Win8.1/10専用ストアである
こういった問題があります
実際やってみて流行らない理由も分かるのですが
単にストアで出せる規模のミニゲームであれば
ブラウザゲームで十分であり
そちらの方がより多くの人が手にできる訳です
またGooglePlayの様に
AppStoreの弱点を巧みに突く事もなく
どちらかと言うとAppStoreよりの姿勢である点も
Windowsストアを使うメリットを失っています
(あくまで開発側の問題ですが)
ガザラなど昨年出した製品は
一部の仕様を満たしていない為
若干の改良が必要となります
まずはしまにょ艦隊で様子を見て
その後のタイトルの対応を目指します

45歳になりました

めでたく昨日で45歳になりました
昨年保険所から貰った子犬も一緒に1歳になりました
Facebookに鈴木銀一郎先生から頂いた
コメントの返しと同じになりますが
人生の折り返し地点に入ったので
後進の指導と共に
自身にも磨きをかけたいと思います
折り返しというのは
祖父ふたりと曽祖父が88歳まで生きたので
それを考えると折り返しかなぁという計算です
(占いでは130歳まで生きるとか出た記憶が…)
そんな時期にコマンドさんとこまあぷ等やれており
精神的には幸せな人生なのかもしれませんが
何分プログラマが一人体制なので
何かをやると何かを止めなければならず
まずはこの問題を解決して次のステップに進みたい所
それと女子部合わせてですが
まだ国内ではあまり手をつけられていない
(また奇妙な染まり方もしていない)
中世欧州史を手がけたいと思います
こちらはゲームとムックを合わせて展開します
それと作りかけでソロアプ化して止まってしまった
ソリティア独ソ戦の商品化も復活(したい)

サイフォンボードゲーム研究会(2015/08/29)

ほぼひと月ぶりの研究会の更新となります
とりあえず現在のこまあぷチームの欠点は
アナログボードゲームの経験が皆無である事
ミニゲームはプレイさせていますが
それ以上のゲームのプレイ経験が乏しい為
お盆前後でプレイさせようとしておりましたが
このプレイ会計画が流れています
そのプレイ内容で研究会と進みたかったのですが
先週は徳岡さんをお招きしてのディスカッション
その中でスタッフへもお話もしていただけました
ヘックスの話から戦術級・作戦級・戦略級の違いまで
そうした初歩的なお話にも夢中に聞けていたので
是非とも次につなげたいところですが
自分の中でモヤモヤしているのがヘックスの存在
70~80年代に思春期を過ごした世代としては
六角形へクスへの思い入れは深く
マップには当然へクスがついて来るという感覚ですが
これがデジタルプレイヤー世代には受けてないのでは?
というジレンマがあります
これは空母決戦時に石川さん達との会議でも出ており
空母決戦からはへクスを無くしましたが
ではこまあぷからへクスを無くすメリットがあるかと言うと
それも無いのでソロアプでもそのまま使っています
確かにウォーゲーム創世記には無かったものですし
ゲームに必須なものなのかと言われれば
それも微妙といわざるを得ない存在です
でもまぁ折角へクス戦エンジンを作っているので
暫くこのまま進めましょうという流れで進んでいます
徳岡さんとのへクスにの話では
確かに80年代流行っていた図形であり
シモンズの電子ドラムにも六角形のものがあって
当時「CCB(ココナツボーイズ)」が使ってTVに出てた為
有名になったんだよみたいな昔懐かしい話も出ました

しまにょ艦隊の配信日が遅延します

新着情報の通りですが
リンク先のプレイビュー画面が一部機種で停止する為
現在対策中となっております
今回のゲームの設計として
遊んだ後でお互いの動きが見れないと
面白さが半減してしまい
この機能を外した形でベータリリースしても
今般逆効果であると判断しましたので
配信日を遅延する事に致しました
時期は1週間から10日ほどだと思われますが
対策が終わらないと何とも言えない状況でして
対策後に発表したいと思います
くま.jpg

澪(MIO)コンピレーションアルバム本日発売

以前ご紹介しました
「澪(MIO)コンピレーションアルバム」
が本日発売されました
(公式ページはこちら)
澪さんの7周年記念グッスの延長で制作しまして
7th記念曲が収録されております
女子部の展開で今後も続けるかは未定ですが
せっかくCD流通の事も勉強させて貰ったので
何かやりたいなあという気持ちはあります
その前にゲーム作らないといけませんが
mio.jpg

GameJournal第56号

ゲームジャーナル56号が9月1日発売されます
(ページはこちら)
付録は「江戸幕府の黄昏~Twilight of Shogun~」
幕末をモチーフとしたゲームで
昔コーエーさんが出してたゲームを思い出します
こちらはアナログゲームですが
画像をみる限り
上手く表現できている様に見えます
モチーフ的に分かり難い時代のひとつなので
システムにも興味がわきます
それともうひとつ
サイト下に葉書ゲームがDLできるようになっています
こうした試みも喜ばしいところ

こまあぷ型ゲームの作り方

こまあぷも一年以上やってると
 「ゲーム作らせてくれ」
 「やっぱ無理だった」
なんてやり取りが仲間内でも出てきます
以前マップから構築すると楽という話をしましたが
挫折の理由の殆どは「マップの狭さ」であり
この問題をクリアすれば70%くらい出来てると思います
後はユニットにレートを載せてルール固めればOK
などと簡単に書こうと思えば書けますが
デジタル化を行う上でルールの変更は
ほぼ一本分の作り直しに相当する場合が多い為
ルールは慎重に固めておく必要があります
(特にアナログ・デジタル同時進行の場合)
レートや計算式はいくらでも書き換えが可能である為
デジタル時の特権として
レートや計算式を変更するバランス調整は最後に行います
これがアナログゲームの場合は全く逆でして
最初の入稿物がカウンターシートとなる為
レートの変更はできません
次に計算式が入った冊子型マニュアル等の入稿となり
ここまでに計算式を固める必要があります
最後がマップやCRTシートの入稿となるので
マップに掲載したの独立のCRTが最後まで調整可能です
Si-phonBoardGameはこうして作ってきましたが
こまあぷではこのロジックが使えません
よって冒頭で出した形式で組んでいきます
最後にAIですが
こちらは幾つかの行動パターンを用意していて
相手の行動を分析する計算式から
どの行動を採用するか決定する方法を採用しています
両軍あわせておよそ2週間かかっています
こうして基本設計・バランス調整・AI実装を行い
シミュレーションエンジンは作られます
こまあぷはここ迄でアプリ化していました
(勝利画面をつける程度)
但しデジタルゲームが本来持っている
 自慢ポイントの構築
 満足度の蓄積
といった概念はあまり取り入れておらず
設計の段階からもあえて外していました
(この部分だけでもほぼ1本分の工数に及びます)
今までの活動で一定のライブラリを構築できましたので
今後はこちらも積極的に取り組みたいと考えています

コマンド様との関係につきまして

こまあぷ以前からですが
特にこまあぷを始めてからは
コマンド誌初版に毎号「Si-phonNewS」か「別冊冊子」を
同梱・配付して頂いておりました
今年の6月号より同梱がなくなった事と
こまあぷ「総統指令」以降とソロアプ「しまにょ艦隊」など
Si-phon側でゲームデザインを行っている関係から
いらぬ憶測を呼びまして
両者の関係が悪化したのでは等とお便りを頂くのですが
この点は何も問題はございません
結果的に中黒様にしろ自分にしろ
なかなか集中して「こまあぷ」の作業に専念できない事情と
コマンド誌も6月からリニューアルした件がございまして
たまたま両者の組織改革の時期が重なったという事です
共に「ゲームを広めよう」という当初の目標はそのままです
お互い落ち着いたら
再度協議を進めて参りたいと考えております
それまではこちらでゲームデザインも行いまして
ライブラリの充実に励みたいと考えております
ソロアプにおきましてはこれを象徴したシリーズです
(よってコマンド様は「しまにょ艦隊」に関係しておりません)
補足すると「総統指令」につきしてまは
大人の事情から「桶狭間の戦い」の作り替え作業があり
こちらで乗せかえ易い構造体でデザインにしなければならない
極めて特殊な事情がございました

ゲームミーティング反省会

今般8/17~19にかけてミーティングを重ねましたが
 第一回はこちら
 第二回はこちら
 第三回はこちら
主催する側の反省点としては
やはり準備不足が否めませんでした
コマ割にしてもそうですが
当日前日に決まる事もありまして
お招き致しました徳岡正肇(まさとし)氏には
ご負担もお掛けしたかと思います
本来企画した5月の時点では
もう少し人数も増やして行う事も想定したものの
その後の決算処理~台湾行き~盆休の流れで
手が回らなくなり今回の規模となりました
それでもミーティングに参加したスタッフは
皆顔付きも引き締まりまして
仕事への意欲も向上したかと思います
特にこまあぷチームの方は
下請け作業もなくほぼ直営作業となっている関係で
外部とのやりとりが殆どありません
そうした事情から今回の企画は特に有意義でした
ただ短期間で詰め込みすぎた感も強いので
もう少しスパンを明けた
中期的な計画が必要かと感じています
対して女子部の方は下請け作業が殆どの為
普段から外部とのやりとりが多いものの
東京とのやりとりはあまり生じていない事から
今回の内容は現在取り組んでいる作業に対し
何か不足していて何が必要なのか
それがよく理解できたと思います
今後の課題は生じるであろう問題の予測に対し
意欲的に取り組んでいきたいと思います
アナログゲームに関しては
プレイできていないスタッフが殆どの為
こちらのプレイを急ぎます(ドイツ戦車軍団を注文中)
このプレイ経験がないと
アナログゲームの制作は難しいかなと感じています
特にユニットへ複数の数字が並んでいる場合
並び方には理由があり
必要とする時にその数字が見えないと話にならない
(移動する時に移動力が指で隠れるなど)
一部のスタッフは例会などへ参加させ
こうした経験を積ませていますが
全体で共有すべき要素なので
こちらはこちらで急ぎたいと思います
その他「総統指令」のアナログ化ソリティア化など
(元々がソリティアゲームとして設計していたもの)
徳岡さんとのお話ができましたが
こちらはこちらで別の機会にでもできたらと思います

コマンドマガジン124号

コマンドマガジン124号が8/20に発売されました
(ページはこちら)
付録のゲームは「シ江作戦(しこう・さくせん)」
日本陸軍最後の攻勢という事ですが
システムは「常徳殲滅作戦」の改良版で
プレイしやすく改善されている模様
そのシステムで序盤は攻勢できる日本軍と
後半反撃する連合軍という構図を取っており
バルジに近い展開が構築されているとの事
また別件ですが
太平洋戦史も重版されるとの情報が
facebookより流れています
コマンドマガジン124号

しまにょ艦隊は8/28に配信します

先日発表致しました「しまにょ艦隊」ですが
来週8/28に配信いたします
開発状態は順調に進めておりますが
先日のゲームミーティングの内容も踏まえ
UIまわりの設計を見直し調整したいと思います
この為来週の8/28配信といたしました
なお配信申請はiOS版も同時に行いますが
iOS版は申請の結果待ちに時間がかかる為
Android版より2~3週間遅れる場合がございます
Android版につきしまては無償アップデートとして
音声やプレイモードを追加する予定です
こちらの詳細は追って発表いたします

ゲームミーティング(in福岡)

数日間続いたSi-phonゲームミーティングですが
最終日の最後に福岡へご足労願いまして
フライト直前まで福岡で行いました
本来こちらでの時間を最も掛けたかったのですが
直営作業班の育成を優先し
長崎でのミーティング時間にフォーカスした関係で
福岡での時間が極端に短くなってしまい
最後の最後に押し込む形となってしまいました
お話そのものは有意義なものでしたので
吸収する意欲があれば
これからのゲーム作りに役立つものの
意欲がなければ時間の無駄に終わります
東京に行くとよく言われる事が以下の言葉
「もの作りなら地方の方が良いよ」
但し地方の最大の欠点は中央が見えない事
今回のお話でも時間が限られていた為
「セッションタイム」「Android市場の問題点」
に関して注力して頂きました
近年これが短くなっている現状の説明でしたが
これは電車社会の東京にいないと分からない概念です
そして市場の殆どは関東に集中しており
これを無視して物作りを行っても良いものは作れない
これと逆行する形で地方のゲーマーは
セッションタイムが短くなっている事に不満が多く
地方の作り手の耳にもこうした情報が多く入ります
但しこの市場は全体では少数派でしかない
このミスマッチに気付かない限り
日本市場向けのゲームクリエーターになるのは無理で
作業のオペーレーターにしかなれません
そうした意味もあり時間を確保しました
結果は今月中には判明するかと思われます
ゲームミーティングin福岡
(フライト直前までお話して頂きました徳岡正肇氏)

ゲームミーティング(女子部)

こまあぷとは別に女子部のミーティングも行いました
女子部の場合は女性向けタイトルの開発部門と
広報を含む編集部門とに分かれておりましたが
この春減員した事もあり
ほぼ一体化して活動しています
その分負担は増えているとは思いますが
情報の共有などが行えておりまして
良くなった面もあります
またこまあぷチームとの共同作業もある為
組織全体としての一体化も図っています
そうした中でのミーティングでしたので
有意義な時間を確保できたと思います
特にゲーム作りに関する東京の考えを
東京の方に口につてもらえるのは
自分の口から伝えるよりは信憑性が高く
全スタッフが集中して徳岡さんのお話を耳にしており
今後のゲーム作りに役に立てる事ができるだろうと
感じる事ができました
サイフォン女子部ミーティング
(徳岡氏と女子部のミーティング風景)

ゲームミーティング(こまあぷ反省会)

昨日より3日間の予定で
ゲームミーティングとなっておりますが
まずは「こまあぷ」の反省会
東京より徳岡正肇氏をお招きし
この一年半の流れをバッサリと斬って頂きました
全員時間を延長した気な顔付きでしたが
折角のお話をオーバーフローさせてもと思い
昨日は切りの良い所で切り上げて
本日に持ち越しました
現在検討中の課題もあれば
全く手が付けられずにいる箇所もあり
中期的な戦略で展開する必要があるのは事実です
本日は朝から昨日の復習・確認を行い
今日の流れを定めます
こうした行事はそうそうできる事でもないので
有意義に時間を費やしたいと思います
できれば次回は中黒さんもお招きしたいところ
サイフォン
(Si-phonゲームミーティングの風景)

澪(MIO)コンピレーションアルバム

来週8/28に澪(MIO)さんより
コンピレーションアルバムが発売されます
クローバー図書館ほか
澪(MIO)ブランドで発売されてきた主題歌が
新曲と共に記念CDとなりました
オフィシャル通販ほか各ショップで注文可能です
mio.jpg

Si-phonゲームミーティング(8/17~19)

空母決戦の発売以来5年ほどは
東京へ出張した折に年数回は
外部の方を交えてミーディングを重ねてきました
ところがこの二年程は東京へ出かける事が出来ず
昨年は大阪で一度行ったのみ
(→これがこまあぷへ繋がります)
今年はそれもできずに
今般長崎で行う事に致しました
ちょうどソロアプを発表したのと
女子部でも動きがあるので
これらの件を踏まえスタッフを交えて
意見交換を行う事にしております
(こまあぷの反省会も含みます)
内容や結果につきましては
記事にまとめる等のコンテンツ化も可能ですが
ミーティングの流れで決めたいと思います
 アナログゲームのデジタル化の可能性
 ウォーシミュレーションアプリの行方
 ノベル系ゲームの行方
 こまあぷ/Si-phonDigitalAppli反省会
これにの議題につきまして時間を取り
今後に繋げたいと思います

高校の同窓会へ出席

昨晩は地元の高校の同窓会へ出席
会費が7000円と割高なのと
アクセスがよろしくない場所であった為
参加者が少ないからという事で
参加を要望され初めての参加となりました
事情が事情なので特に若い世代の参加が少なく
自分達より下の卒業生は0人の世代も多くて
多少残念な状態でしたが
高校最後の恩師も来賓として参加されてましたので
高校時代のご迷惑を詫びると共に
現状の報告をして参りました
また先生はカエルの研究で有名な方なので
先日の台湾でのアオガエルのタマゴの話をしてきました
ココナツミルク付きで美味しく頂きましたが
写真みせると皆がドン引き…
同級生は20人以上来てましたが
お互い名札を見ないと分からないくらい
歳を取ってしまいました
それでもお互い直感で分かる場合もあり
年上や年下の卒業生にも絡んできました
人生の折り返し地点以上の位置にいる事は確かなので
今後の人生設計を計りたいところ
また昨日集まれなかった子らが
月末に自分の誕生会をしてくれる(らしい)ので
そちらも楽しみにしてます
谷村勝一郎
(Facebookで上げてたカエルのチマゴの写真ですが皆ドン引き)

iOS版総統指令が更新

新着情報の通り
総統指令iOS版が更新されました
新しいバージョンは1.3.0となり
Android版1.3.0.0に相当する内容となります
更新日が計算できない件につきましては
大変申し訳ございません
レーティングに関してましては
「極度な過激な言葉遣いまたは下品なユーモア」
という事で「12+」となっております
ヒトラーの顔がNGという噂もあったので
描き換えも想定しておりましたが
こちらはクリアできましたので
そのまま使っております
「下品なユーモア」に関してましては
微妙な感情が残りますが
相手を撃破した時に笑うのがこれに当たるのか
何を以って下品なのかは定かではないものの
こちらとしては審査基準に従うまでです
総統指令追加シナリオ青作戦
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131