地元TV局での紹介

地元のローカル局で紹介されたのですが渋滞に巻き込まれ生で見れませんでした
夕方7分もの番組紹介というのと昼にも予告が流れたらしく
電話やメールで知人より連絡を頂きました
(空母対戦という名称になっていたそうな)
建設業からの参入が物珍しいのでしょうがともあれ告知して貰えるのは助かります
何より今日は印刷物の入稿が無事済まされました
今回は3種類のパッケージという事で正直厳しいスケジュールだったのですが
何とか乗り切る事ができました

空母決戦Ver2.0アップグレード情報(続き)

空母決戦アップグレード情報の続きです
新着情報どおり何とか今月の開始にこぎつけました
今回は期限付きですがディスクの送付サービスも行います
(DLのファイルサイズが数百メガバイトになりそうです)
見た目以上に中身が総入れ替えになってしまいまして
始めからすると丸々もう一つ作った様な感じになってしまいました
希望者の申し込み方法は新着情報ページにて近々公開します
(方法は今から考える所だったり)

入稿ミスとか予定の遅延とか

ある印刷物の入稿基準を見落としていた為にご迷惑をお掛けしました
と同時に作業のロスも発生しタイトなスケジュールはよりタイトに
それでも発売日は変わらないのでそれに合わせて作っていくしかありません
優先順位の高い行動がずっと溜まっているのですが
いつまでも資材のスケジュールに追われてます
計画していた企画の幾つかも無くなってしまいました
今年採用した新人も仕事に慣れて来ているので次は実現したいものです
今日予定していて出来なかった行動は明日行います

Ver2.0関連資材の入稿開始

印刷物の入稿が始まりました
カタログやジャケットやマニュアルなどです
此方の就業時間が早いのでリテイク発生時に迷惑が掛かったりしてますが
(甘ずきるんじゃないのとの指摘もありますが)
実際に問題が起こらないと作っている本人達のスキルアップにも繋がらないので
相手先には申し訳無いのですがある程度は目をつぶってます
一番問題なのが今回リニューアルするマニュアルでして
何もなければ間に合う机上の計算ですが見た目の割に変更点が多く苦労してます

ソロプレイの効果?

先ほどある東京のライターさんとお話する機会(電話です)がありました
その中でボードゲーム大会の話題が出ましたがやはり人が集まり難いという事です
ボードゲームの敷居は何なのだろうかというよくある話になり
やはりSLG特有のルールの複雑さや時間の確保などが出た中
ルールを把握する為にもソロプレイが可能である事の重要性の話が出た所で
つい先日アマゾンから来ていた販促メールの事を思い出しました
ゲームジャーナル32号の単独案内(多分初めて来た)メールだったのですが
ソロプレイにも視点を向けていたゲームが付録という事で売れているのでしょうか
コマンドマガジンにしろゲームジャーナルにしろこの手の本が売れるのは
此方としましてもやはり喜ばしい所です

空母決戦Ver2.0アップグレード情報

新着情報どおり今月中に開始できそうです
諸事情により告知が遅れまして申し訳ございません
詳細につきましては近日中に新着情報ページにて発表致します
(問題はファイルサイズが大きくなってる事とか…)

TV収録が終わって

二日間に渡るTVの収録も終わりまして通常の制作スケジュールに戻ります
更にタイトなスケジュールにはなってしまいましたが
この取材を通して色々な方ともお話できました事へ感謝します
中々日々のスケジュールに追われていると新しい発見も少ないので
こういう機会は自分の為にもなりました
来週からは印刷物関係の納品が始まります
現在までは納期を守ってきた事だけが取り得となっていますので
どうにかして行きたいと思います
(休み明けにはアップグレード情報も…)

ジャケット絵の提供

「空母決戦Ver2.0」の発売に関しましてジャケット絵の提供依頼がありましたので
これらを資材ページへ置く事にしました
もともとはシナリオ解説の変更/追加分のPDFを置く為に作っていたのですが
今後はこの手の素材も置いていく事にします

TV収録中

今日は慣れないTV収録に終始しています
午後から夕方まで行い今からまた行う事になっています
明日も午後から行い来週の放送になるそうです
自分も慣れないので精神的に疲れるのですが
TV局の人達も大変だなぁと感じました
恐らくディレクターもプロデューサーも若しかしたら編集も兼ねてるのでしょうか
今の時勢楽な仕事なんてそう無いもんです

空母決戦Ver2.0ジャケット絵

空母決戦Ver2.0のジャケット絵ですが迷彩塗装の瑞鶴です
迷彩というと現在では米軍の塗装が一般的なイメージなのですが
大戦当時の空母の迷彩塗装がこれです
空から見ると瀬戸内海の海の色と真珠の養殖筏の様に見えるのでしょうか
また飛び立ってるのは中島塗装の零戦です
今回追加されるレイテ沖海戦のイメージなのですが
保護色になっていのでジャケット絵に仕上げるのに苦労した様です
(一木壮太郎さんの絵です)
4560326380034.jpg

ハウステンボス

長崎にある観光施設なんですがまたまた行き詰っている様です
この所のETCの値下げの恩恵も受けられていない模様
原因はリピーターを獲得できない運営に感じてます
とにかくリピーターを獲得していく仕掛けと価格のバランスが悪い
高い入場料と高い宿泊費に見合うサービスを仕掛けるか
現状のサービスに見合った価格に引き下げるかしないと
(収支の問題は別として)リピーターの獲得は難しいと思います
インフラの問題でも飛行機と鉄道の便の悪さが何よりですが
飛行場を辺鄙な所へ作った地方の宿命かもしれません
自分も出張等で地元の空港を使いたい気持ちは常にあるのですが
便数やアクセスの悪さや料金等を考えると殆ど利用する事はありません
何時になるかわかりませんが新幹線が通ると改善される様なので期待してます
(「福岡~佐賀の温泉町~長崎空港~長崎」という経済的なルートになる模様)

エレメンツが引越し

空母決戦でずっと一緒に仕事しているエレメンツが引越ししてます
今日引越ししてから初めて事務所へ行ってきました
その後とんぼ返りで長崎まで戻ってきて溜まっている打ち合わせを済ませて
残ったものは明日へ持ち越してといった何時もの生活に戻りました
地元のTV局からの取材申し入れもあり今週もまた忙しくなりそうです
なんとかこの忙しさを結果に結び付けたい所

ゼロ戦無敵ルール

日本機動部隊(ボードゲーム)で採用されている特別ルールです
昔から色々と物議を交わすルールですが自分は好きですコレ
別に無敵ルールといってもゼロ戦が無敵である訳ではありません
ユニットを分割して有効的に活用できるというものです
とりあえずこのゲームが扱っている時代(マリアナ以降は扱ってない)としては
高い錬度の部隊運用の違いを表現していると見ていたので
別に変と感じる事もなくゲームとして巧く表現できてたと感じてました
(同じく大和の特別ルールもあります)
今にして思えばこの様なルールも盛り上がる要素の1つなのだなと感じている所です
(逆パターンで米軍のレーダーを表現した自作マリアナがゲームにならなかった記憶が)

Ver2.0シナリオ変更点の追加

空母決戦Ver2.0で「第二次ソロモン海戦」「レイテ沖海戦」を追加しますが
その他のシナリオの調整も行います
また隠しシナリオだった「珊瑚海キャンペーン」「ミッドウェーキャンペーン」ですが
これが「日本軍の戦力が増えて逆に易しくなっているのではないか」との声もあり
この二本も大きくリニューアルします
また「~キャンペーン」という名も「キャンペーンシナリオキット」と紛らわしくなるので
今回は名称も変更いたします
変更の名称にちなんだシナリオに調整中ですのでアップグレード後お楽しみ下さい

ガンジー?or東条英機?

朝から何気にgoogleを開くと東条英機っぽい絵が・・・
凄い事やるなと思ってたらガンジーとの事でガンジーのGを引っ掛けてるようです
ちなみに絵の部分のショートカットは「ガンジー」の検索画面でした
(今日がガンジー生誕140年との事)
自分の中ではCivilizationというゲームのせいで好戦的なイメージのガンジーですが
それを考えると人物のイメージというのはどうにでも作られるもんなんだなと感じます
google.jpg

収納方法

昔ボードゲームを買うと箱の中にはマニュアルとユニットとマップと
そして黒いプラスチック製のユニットケースが入ってました
そのケースの中に切り離したユニットとサイコロを収納できる様になっており
そのプラケースは小さいスペースに区分けされていましたが
個人的にあまり好きではなく良くプレイしたものほど別の収納を使ってました
多くはお土産用のお菓子の箱などを代用してまして区分けが大きかったので
当時はこの方が使いやすいと思ってました
所が遊ばなくなって時間が経つと引越ししたりで更に別々になってしまい
今では何処に行ったのか分からなくなってしまった物が殆どという状況です
こういう事を考えると一式一緒に保管しとくべきだったと感じて居ます

総力戦へ

この所人数が増えてきたので部屋が狭くなりました
現在2つの部屋を使ってやっているのですが階が違う為移動が面倒です
広い部屋へ移動したいのですがタイトル1つでニッチな市場にて勝負している身としては
そう簡単にもいきません
去年の今ごろはまだ一人であれこれやってたのですが人数が増えると楽になる面と
そうでない面があり結局は忙しさという所ではあまり変わらない様です
そうこうしているうちに福岡への出張がメッキリ減ってしまいました
最後に行ったのは盆前のような…9月中に東京へ行く約束も…あったような気がします
そして来月からは総力戦になります

発艦準備時間の変化

Ver2.0より攻撃隊の航空機数によって発艦時間が変化します
多数で編成された攻撃隊は時間がかかますが少数では時間がかかりません
これまでは全ての攻撃隊が瞬時に発艦できていました
より現実的な空母戦を再現する為の仕様の1つでありますが難易度は上がるかも
と言う事で調整を続けています
他にも追加の仕様によってより現実的な雰囲気を出す事に努めてますが
「リアル」を求めて仕様を押し込み崩壊していくゲームを見てきた身としては
ゲーム性が失われる事が無いように気を付けます

眼下の敵(ツクダホビー)

昨日の書き込み以来気になって仕方がありません
(書きこまなきゃよかったなと)
どんなシステムだったのかと検索するも詳しく書き込んでるサイトにヒットせず
ヒットしない時点でそうユーザーも少ないし目新しいシステムでもないのだろうか
そう思い込むもののやはり気になりだすと気になるものです
索敵(潜水艦もこう言うのでしょうか)のシステムはどうなっていたのだろうか
雷撃のシステムは戦艦大和みたいなのなんだろうなとか
きっとコマンドマガジン編集部なら誰か知っているに違いないと信じつつ
聞けるタイミングを待つ事にしました
そうこうしてて何気なく運転免許を見てみると失効寸前
慌てて本日切り替えに行ってきました

潜水艦の登場

9月18日にプレスリリースを発信しました所4gamer.net様にて記事にして貰いました
その記事中にもあります様にVer2.0より潜水艦が登場します
但しプレイヤー側で操作するものではなくあくまでイベントとしての登場です
ツクダホビーから出てた「眼下の敵」的なものかというお問い合わせも頂きましたが
残念な事にこのゲームを購入していなくよく分かりませんでした
今にして思えば買っとけば良かったなと感じてますが今更どうしようもありません
空母決戦Ver2.0のプレイヤーの視点は従来と変わりませんので~
という事でお答えしております

タイトル不明の空戦ゲーム(ツクダホビー)

昔ツクダホビーから出ていた空戦ゲームがありました
申し訳ないのですがタイトルは忘れました
唯一投げ出したゲームです
そもそも戦術級ゲームにはあまり関心がなく難しい用語が多すぎました
(ヨーとかロールとかスロットルとか…)
知人が購入しルールを覚えようと努力はしましたが双方とも駄目でした
その知人も現在はフライトシミュレーターで楽しんでいます
ああPCって便利だなと思いつつ当時投げ出したマニュアルの事を思い出します
空母決戦にてリファレンス形式ではなくユーザーマニュアル形式を取ったのも
この時のトラウマがあったからかも知れません
用語の説明だけ羅列されているマニュアルで投げ出した海外ゲームもあります
という事で現在Ver2.0のマニュアルを作成しているのですが
リファレンス形式の方が楽なんだろうなと感じつつも前回と同じ形式で作っています

空母決戦Ver2.0と通販サイトのページ更新

空母決戦Ver2.0ページのスクリーンショットを増やしました
コンテンツも増やしていく予定です
途中で色々と用件が入ってしまい更新できずに申し訳ありませんでした
アップデート情報は日程が確定でき次第発表致します
暫しお待ち下さい
またサイトの更新に伴いまして日本機動部隊の取り扱いを始めました
(PCゲームではなくボードゲームです)
これは国際通信社様が再販しておりますJWC版になります
鈴木銀一郎先生コマンドマガジン編集部の熱意で再販されるもので
かつてのエポック版と比べて箱が半分くらいの厚さに収まっており保管も便利に
時間の調整が取れれば何処かのゲーム会に出席してみたい所です
taskforce.jpg

ディプロマシー

昨日の書き込みで話しが出たついでにですが
実は本物のボードゲーム版ディプロマシーをプレイした事がありません
プレイレビュー記事を読んで楽しんだ程度です
(そもそも子供の頃まわりにこのゲームを理解できる知人が居なかった)
結局そのままボードゲームの時代が衰退し終に手にする事がありませんでした
そうしてこういうゲームがあった事を忘れていた頃
PC版(Winの時代です)のRISKやらDiplomacyやらが登場し手に出来ました
が自分の中ではあまり盛り上がりませんでした
やはり対戦できてナンボの作りなんでしょう
だったらソロでできる素材として明治の日本が面白いのではと思ってました
話し変わってこれらのゲームの現在形としてはCivilizationがそれっぽいでしょうか
ソロプレイであってもあのワクワク感は他のゲームの追随を許しません(と感じます)
某社の日本語版3をやってるのですがあの和訳も一味出しています
4は自宅で3D環境がないので買ってませんがそろそろプレイしたい所です

白洲次郎(NHK)

出張の為見れなかった白洲次郎NHKドラマを一昨日から見ています
(今日の第三話に合わせた一昨日からの再放送分)
某大河ドラマとは裏腹に結構面白く最後まで眠くならないドラマは久しぶりです
明治維新の頃やこの時代の様に真剣に国家像を考えている様子は絵になります
維新の時と違い登場人物が少ないのが短編のドラマ仕立てとしては有効なのでしょうか
「世界対俺」的な東洋版ディプロマシーやマキャベリを何時かは作りたい身としては
このドラマは大変面白く見れてます
(ディプロマシー/マキャベリとは昔ボードゲームであった外交戦?ゲームです)

ジャブロー(ツクダホビー)

ボードゲームとしてはバンダイの連合艦隊の次に売れたらしいです
多分同じ相手との対戦回数が最も多いのもこのゲームかもしれません
気持ち悪い位のスタックの為好きではなかったのですが知人は皆好きでした
(プレイ時間は長くなかったような)
他にもこのシリーズで宇宙戦の為プレイが少し楽な「ニュータイプ」とか
「戦艦大和」のシステムを簡素化した様な「ホワイトベース」とかありました
個人的には作戦級の「激戦アバオアクー」が好きでしたが
知人の中では一番人気が無く対戦できたのは二度程という記憶も
両者の中間的な遊び方が出来るザブングルのゲームが出てましたが
システム的に面白そうだと思いつつもこの頃にはアニメの世界から離れていたのと
TACTICS付録の豪華ゲームでも満足できていたのとであまり遊べませんでした
(ん?買わなくなっていったのはこの付録ゲームが原因ですか?)
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124