源義親(みなもとのよしちか)

八幡太郎として有名な源義家の次男です
あまり有名ではないのですが個人的に非常に興味深い人物です
(有名でないのは資料が少ないからでしょう)
この人物が居なかったら源平争乱が起こらなかった可能性もあります
やった事は後の一族間における内訌の元を作っただけなんですが
日本の歴史の流れの元になったという点ではその存在は大きいと言えます
伝わることだけ列記すると
 ・九州で暴れたとされ訴えられる
 ・父親(義家)が部下を捕らえる為に派遣する
 ・その部下はなんと義親に下ってしまい一緒に役人を殺してしまう
 ・隠岐へ流される途中に目代を殺す
 ・義家が捕らえに行かざるを得ない状況下で義家が死去
 ・平正盛(清盛の祖父)が追討したという事で平家の名声が上がる
 ・その後も見かけられたり義親と名乗る人物が各地に登場
 ・義親を名乗る人物同士が戦ったりする
等とコントのような話しが続くのもやはり人物に魅力があったのでしょうか
因みにその後の源氏はというと
 ・源氏棟梁の跡目を継いだのは義親の弟・義忠
 ・しかし義忠は何者かに暗殺されてしまう
 ・そこで義忠の養子であった義親の子の為義(頼朝の祖父)が継ぐ
 ・この暗殺劇で疑いを掛けられたのは義家の弟・義綱(違うらしい)
 ・関東では義家の子・義国(新田・足利の祖)と弟・義光が争う始末
こうして源氏の勢いは弱まり平家が注目されていくようになります
また為義の子・義賢(義仲の父)が孫・義平(頼朝の兄)から殺されるなど
この流れは代々引き継がれ頼朝による一族への処遇を経る事となります
結果的に武家としての源氏衰退と共に平家の世が訪れ
その反動で鎌倉幕府は形成される事となり
中世日本史において貴族から武士の時代へ変遷していく訳ですが
その流れるキッカケを作った人物の一人として見ています
genji.jpg
(*清和源氏家系図)
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アーカイブ
リンク
フィード
管理