サイフォンボードゲーム研究会(2018/10/06)

アナログゲームの場合
ゲームバランスの調整手段としては
勝利条件やルールを変更する事が可能です
この方法でゲーム(バランス)に仕上げていきます
ところがデジタルの場合は
この方法を採用すると工数が大幅に嵩むので
よほどの事がない限りレートや計算式で調整します
またAIで調整する方法もありますが
チートする等インチキを取り入れる手法が多いです
(プレイヤーより効率よい計算式を与える等の手法)
この差を縮めようとして信玄上洛を制作しましたが
判定の数がアナログゲームとしては多すぎる等
アナログライクなデジタルゲームという域は否めません
成果はCOM勢力の成長をアナログライクに収めた事で
この成果が総統指令に活かされましたが
こちらは戦闘システムをアナログライクにしなかった為
(理由は36手番数で4年間を再現したかった事)
また別の課題が残されました
そこで現在取り組んでいるのは
戦闘比率で攻撃パターンを形成していくAIシステム
戦線を構築するだとかHQ含む部隊グループを形成するだとか
いろいろ考えてみましたが
結果的に戦闘比率で攻撃する行動パターンを最適化できると
アナログ風のゲーム作りに近づけるんじゃないかと考え
AI(しかもソリティア化)構築取り組んでいる次第
その上でルールや勝利条件が変わっても
ソリティアAIはいじらないで済むまでを目指したいところ
そこまで出来るとアナログライクな作り方に近づきます
例えばドイツ戦車軍団のエルアラメインシナリオでは
ドイツ軍がかなり優位に展開できます
理由は明白で実際に存在した地雷地帯がルール化されず
陣地効果が弱い事からドイツ軍が戦闘後前進で奪取しやすく
イギリス軍は陣地の外で戦線を張る方が有利です
そこで勝利条件ポイントの陣地ヘクスに篭る事ができません
これらはゲームバランスを取る過程で調整されたと思われます
こうした調整作業がAI調整なしで可能となれば
アナログゲームライクなゲーム作りとして調整できます(多分)
ちょうど二週続けて週末に台風来たのと
Windowの大型アップデートやってる中で時間があったので
AIの構造体の作業に時間を割いてみました
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アーカイブ
リンク
フィード
管理