こまあぷシステムの総括その3(空母決戦1942編)

ガザラが落ち着くと中黒さんからあっという間に届いたのが
こまあぷ第二弾となる空母決戦1942でした
アナログゲーム太平洋戦史の面影が見え隠れするデザインで
事前の打ち合わせによりスタック機能の採用が決まってました
そんな中で何より驚かされたのがマップデザインの素晴らしさ
(マップの切り方とルールのマッチングなど)
当然ながらゲーム中はマップの中をユニットが動くわけですが
ゲームルールを以って敵味方ユニットを運用してみると
AIらしきAIは不用とばかりに動いており
ほぼソリティアシステムの如く動いていました
なので敵行動は信玄の進軍システムでほぼ動かす事が出来ました
過去にSFもののデジタルシミュレーションのタイトルで
こうした敵行動を誘導するマップデザインのものを経験しましたが
それらは完全に一軸進路のマップでしたので
敵味方とも一方通行の行軍でガッカリした残念な思い出があります
比べて空母決戦1942のマップは少なくとも3方向の侵攻軸が存在し
状況に合わせて敵の進路が変更しますが
複数の攻略ポイントが設定されているので
そのポイントに向けて艦隊を動かせるというシステム
攻略ポイントの優先順はソリティア的に決定付けられます
これが最も素晴らしいゲームデザイン術だと感じた次第
ただ自分が思うに中黒さんご自身が一番気に入っているのは
実はサブタイトルではないかと考えています
チーム内ではそんな事を話ながら制作していた思い出あり
なおエキスパートモードでは敵(米軍)の空母を1隻増やす程度で
ルールや勝利条件をいじる事はあまり行いませんでした
(ラバウル航空隊を少し触った程度)
というのもこのタイトルまではシナリオを増やせる形式ではなく
プログラムをゴリゴリ弄ってモード追加を行っていました
この苦い経験からシナリオ形式のデータ構造にシフトさせていきます
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理