ヨーク公リチャード

薔薇戦争で有名なヨーク公リチャードですが
その史料は非常に限られており
周囲の情報と合わせて考証する必要性が高い人物です
父方はエドワード3世の四男ヨーク公エドムンドの家系
母方もエドワード3世の次男グロスター公ライオネルの家系
しかも母方の祖父はリチャード2世から
王位継承者に任じられた人物という血統高き人物でした
(但し王位はランカスター家のヘンリー4世が簒奪する)
そうした彼は王妃マーガレットに疎まれ
この事も薔薇戦争の引き金となるのですが
それまでの経緯を簡単に説明すると
ヘンリー5世没後フランス戦を指揮していたのは
弟のベッドフォード公ションという人物
彼は幼いヘンリー6世の摂政としての地位も持ち
ブルゴーニュ公と連携しつつフランス戦の終着点を模索してました
その彼が40代半ばで死亡すると
フランス戦の終結方法はサフォーク公が引き継ぎます
この時軍事面の役を引き継いだのがヨーク公リチャードでした
サフォーク公について追記すると
オルレアンでジャンヌダルクに負けた時の司令官が彼です
その彼のお気に入りがサマセット公でして
彼もアキテーヌとノルマンディで惨敗してしまいますので
この師弟は戦争に縁が無いコンビでした
ヨーク公に話を戻すとこの師弟コンビとは犬猿の仲だと言えます
特に主戦派のボスであったグロスター公ハンフリーが暗殺されると
(ハンフリーはヘンリー6世の弟)
王位継承権でも1位となった事もあり
停戦派・穏健派・王妃派から敵視される事となります
ところが百年戦争が終わってしまうと
停戦派と王室が議会から糾弾され始めた事から
王妃が議会を無視するようになり
分断した一派が主戦派のヨーク公と結託していきました
この頃になると王太子を生んだマーガレットの敵視も強まり
両者は衝突すべくして衝突してしまいます
これが薔薇戦争の始まりでした
結果としてヨーク公は戦死しますが
子のマーチ伯エドワードがエドワード4世として王位につき
新たにヨーク朝を起こす事となります
このエドワードの女子エリザベスが現在の王室に女系で繋がる
重要人物のひとりとなります
ヨーク公リチャード
(こまあぷ薔薇戦争に登場するヨーク公リチャード)
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アーカイブ
リンク
フィード
管理