ドイツポーランド戦役ver1.0.0.0更新

新着情報の通り
ドイツポーランド戦役のver1.0.0.0更新を申請しました
早ければ本日中より順次更新されると思います
今回追加したのは
・イエナアウエルシュタットの戦い
・アイラウの戦い
・フリートラントの戦い
の三本のヒストリカルシナリオです
・アウエルシュタットの戦い
・ドイツ戦役
・ポーランド戦役
・皇帝陛下万歳
につきましては次回vwe1.1.0.0で追加します
こちらは11月前半を予定しています
なおオーストリア戦役の先行配信も近日予定しています
(早ければ今週末)
ドイツポーランド戦役

コマンドマガジン155号

コマンドマガジン155号が10月20日に発売されてます
(公式ページはこちら)
付録ゲームは「伊江島1945 Last Battle」
沖縄戦のゲームです
詳しいシステムまでわかりませんが
サイト情報ではソリティア性が高いとの事
その他「TANKS+」の追加ユニットも付録してます
コマンドマガジン155号

二級土木施工管理技士の試験

先々週の一級土木施工管理技士の試験に続き
本日は二級土木施工管理技士の試験がありまして
ゲーム事業の方の社員も受験してくれるとの事で
送迎もあって昨日から福岡入り
先々週と比べるとホテルは増えている感じですが
飲食店は疎らで活気に欠ける感じです
博多がこんな状態なので長崎は知れています
観光業・飲食業が復活するのはもう少し先でしょうが
早く元に戻ってほしいもの
少なくなっている恩恵としては
普段は当日では予約もとれない良いお店でも
割と簡単に入れますので
昨晩は〆でお蕎麦が出るお店に行く事ができました
このお店は10年で2回くらいしか入れなかったお店で
今回は超ラッキーな気分でした

サイフォンボードゲーム研究会(2020/10/17)

アナログにはなくデジタルにはつきものがAIの処理
対COM戦では必須のプログラム処理です
この先「装甲師団シリーズ」を控えているのですが
「ナポレオンシリーズ」から展開している理由のひとつに
騎兵隊突撃タイミングのAI化を構築したいというものがあり
アウステルリッツでは不完全ながら従来のAIを若干改良
ワーテルロー戦役のワーグルシナリオにて
プロイセン側でHQ防衛と騎兵隊の運用をルーチン化
しかしここでは【1-1-3】の1000人規模の騎兵隊でしたので
ドイツポーランド戦役のイエナ(先行配信版)で更に改良
アイラウ(開発中)のフランス軍騎兵予備の運用で発展させ
ポーランド戦役シナリオ(開発中)の仮想フリートラントにて
一定の形を作ってイエナアウエルシュタットに転用します
ただこのAIをワグラムでは更に改良が必要なのですが
行動のパターン化が増える過程での改修ですので
少しずつですがそれなりに進歩していると感じています
ともあれワグラムで用いるAIにて
汎用AIとして一定の完成形を目指したいと思います

ワグラム試作(更につづき)

目下ドイツポーランド戦役のver1.0更新準備中なのですが
オーストリア戦役の方も黙々と進めています
こちらの先行配信シナリオ「ワグラムの戦い」ですが
(現在はヴァグラムが一般的みたいですがワグラムで通します)
一定のテスト結果を受けて大幅に調整・改修をかけました
マップを広げた事に加え
ユニット割とレートを見直しまして
会戦2日目の早朝スタートが無難かなという事でセットアップも変更
こちらを基軸に仕上げへ移りたいと思います
基本的にイエナとの違いはお互い右翼前にスペースがあり
その後方に騎兵予備が配置されています
つまりこのスペースへぶん殴りに来たユニットを
騎兵予備でカウンター噛ますという戦法が基本となり
ナポレオニックの楽しさを満載できるシナリオとする予定!
こちらの先行配信もお楽しみに
ワグラムの戦い
(ヘクスを広げたせいで下絵がズレてますがこちらは修正します)

プロイセン

ナポレオン戦争時のプロイセンは王国なのですが
その始まりは13世紀のドイツ騎士団が
この地に入植してドイツ騎士団領を作った事に始まります
その後ポーランド王に従属する形でプロイセン公国となり
プロイセン公が断絶した時に神聖ローマ帝国の
ブランデンブルク選帝侯から呼び寄せる事でポーランドとの関係を断ち
プロイセン王国へと進みます
こうした関係はフランス王に従属したノルマン公が
イングランドを征服してイングランド王となり
王としては対等という奇妙な関係になったのと似ています
ちなみに神聖ローマ帝国皇帝も定刻外ではハンガリー王を兼ねていたり
欧州史ではよく生じている現象です
ともあれナポレオン戦争前のプロイセンはフリードリヒ大王を輩出し
ボヘミア・ポーランドなどを獲得していましたので
オーストリアに次ぐ大国でしたが
イエナアウエルシュタットで敗北した翌年のテルジットの和約で
大幅に領土を削られる事となります

ドメインの更新

過去何度か出張中に更新を忘れて
ドメインの停止危機にあった事があるのですが
今年は出張する事もなくて無事に更新
これで安心して一年を送る事ができます
かつては戦ノ国の発売前後とか
ゲームマーケットへ出かける用事も兼ねて
この時期の出張が多かったのものの
今年は福岡出張すらも周囲の目を気にする必要があり
東京出張は一年以上ないような感じです
昨日は数年ぶりに中黒さんから連絡が入りまして
何時かどこかで会えるといいなみたいな流れですが
もし会えたらこまあぷの件話し合いたいと思います

ドイツポーランド戦役まとめ

ナポレオン戦争時の第4次対仏大同盟により生じた
ドイツポーランド戦役ですが
前年のオーストリア・ロシアに対する勝利に続き
プロイセン・ロシアに勝利しましたが
10か月ほどの長い戦役なので時系列で追うと
■ドイツ戦役
 ザールフェルトの戦い(1806/10/10)
 イエナの戦い(1806/10/14)
 アウエルシュタットの戦い(1806/10/14)
 ハレの戦い(1806/10/15)
 ベルリン入城(1806/10/25)
 リューベックの戦い(1806/11/05~07)
■ポーランド戦役
 ワルシャワ近郊の戦い(1806/12/22~26)
 アイラウの戦い(1807/02/06~07)
 ダンチヒの戦い(1807/03~05)
 ハイルスベルクの戦い(1807/06/10)
 フリートラントの戦い(1807/06/14)
 ティルジットの和約(1807/07/07)
こんな感じになります
1804年の戴冠式から1807年のティルジットの和約の頃が
ナポレオンの絶頂期と言えますが
1805年のアウステルリッツの戦いと
1806年からのドイツポーランド戦役にて続いた勝利により
無敗神話が築かれました
その中でも特に会戦に明け暮れのがこの10か月です
これをひとつのアプリにまとめようとするのが
無謀なのかもしれませんが
ナポレオン戦争をやる上で申請ローマ帝国もリサーチできたし
近代戦初期の戦闘システムを構築する過程で
次の装甲師団シリーズの足元も固められたしで
自分的には少し大変でしたが
とても有意義な時間を得る事ができたと思います
ドイツ戦役_ポーランド戦役
(10か月に及ぶ対プロイセン戦役の一覧)

大和堆へ中国漁船がガンガン来てるとか

ユーザー様に動画まで作っていただいた
「ほえろ!大和堆」ですが
サイトアクセスが微増していたので何かと思えば
中国漁船がガンガンきい密漁してるとのニュース
ニュースによると北朝鮮の漁船は燃料不足で
今は殆どきてないとの事でした
一応ですがアプリの更新予定は現在ございません

ワグラム試作(つづき)

ドイツポーランド戦役のver1.0更新準備が進む中
自分の方はワグラムの試作を続けていますが
試作用のマップでは寸が足りずに
横3ヘクス縦2ヘクスほど拡大する事にしました
試作マップは元々アスペルンエスリンクの戦い用を
少し拡大して転用していたのですが
さすがら登場戦力が多いので横幅が足りず
縦もドナウ川で2ヘクス取られていたので
こちらも伸ばす事にしました
戦力は拮抗していると思うのですが
かえってこうした場合がバランス取るのが難しい為
ゲーム酔うぞをどうするか検討したいと思います

会社の近所で大火事

本日は出社日だったのですがお昼に近所で火災が発生
季節がら風向きが北風で反対だった事もあり
会社のビルには何の被害もなかったのですが
一時は全員での避難も検討してみのした
ともあれ午後からは通常の作業に戻れています

ティルジットの和約(1087/07/07)

ザールフェルト~イエナアウエルユタットの戦いに始まり
フリートラントの戦いまで続いた1806~1807年の
ドイツポーランド戦役はティルジットの和約で締められます
とは言ってもそれまで講和を拒否し続けてきたプロイセンは
話しに入る事はできず7月7日に
フランスとロシア間で話がまとめられます
その2日後プロイセンは押し付けられる形で講和となりました
内容をかいつまんでいうと
フランス革命戦争時にロシアが選挙していた
ギリシア地方の島々をフランスへ返却して
フランスの対イギリス戦略にロシアが協力する事
これでナポレオンとアレクサンドル1世が意気投合した等と
言われていますがアレクサンドル1世はロシアへ帰国すると
国内事情から様相が変わってきます
そしてプロイセンですが
ハノーファーと南プロイセン(ポーランド)を失いますが
ブランデンブルクと東プロイセンとシュレジアが残るという
割と寛大な内容で締結されます
なおハノーファーにはヴェストファーレン王国という
親フランス政権の傀儡国家ができ
南プロイセンはポーランド公国として独立する事になります
ちなみに途中でフランスについたザクセンは王国となり
ポーランド公を兼ねるという破格の待遇となりました
こうしてドイツの殆どを親フランス政権としたナポレオンは
1812年に生じるロシア戦役でこのドイツ兵と共に攻め込み
敗退してドイツ兵に見放されライプチヒで敗北する事となります

アマゾンタブレットの動作軽量化に目途

ナポレオンシリーズでナラティブコンテンツを採用した事と
今般イエナアウエルシュタット(開発中)シナリオで
ヘクス数とユニット数が増えた事で処理が重くなっていた
アマゾンタブレット(Android5.0ベースのOS)ですが
現在ヘクス処理の改修を行っておりまして
動作を軽くする事に方向性が見えてきました
(テストで実現しています)
これよりドイツポーランド戦役の更新と
アウステルリッツの戦いなど旧タイトルの改修を行いまして
アマゾンタブレットでの動作を軽減すると共に
今後開発予定の多ヘクス規格の開発に弾みをつけたいと思います

フリートラントの戦い(1807/06/14)

1807年のポーランド戦役の決戦となるのが
6月14に生じたフリートラントの戦いです
(ちなみに1800年の6月14日はマレンゴで仏軍が勝利した日)
この戦いはハイルスベルクの戦いの後
アレ川沿いに退却していたロシア軍がフランス軍に補足され
フランス軍の前進隊を反撃をしている内に
ナポレオン率いる本隊が集結
ロシア軍が壊滅してしまった戦いとなります
この戦いの後テルジットの和約がやされ
1806~1807年のドイツポーランド戦役は終わりを告げて
ナポレオンは絶頂期をむかえる事となりますが
この後は半島戦争へ足を突っ込み
オーストリア戦役でランヌ元帥を失い
ロシア戦役で栄光を失うという流れです
開発しているドイツポーランド戦役中の
フリートラントの戦いのゲームシナリオ化は難航しましたが
なんとか遊べるレベルの調整しています
またキャンペーンとなるポーランド戦役シナリオでは
仮想フリートラントも登場し
こちらは更に遊べる内容に仕上げていますのでご期待下さい
フリートラントの戦い

Microsoftストア版のセールを予定

最近微増な傾向であるMicrosoftストア版で
配信しているアプリに関してセールを行う予定です
それに合わせてページを現在制作中!
割と設定が楽なのと
もう少し普及して欲しい意図もございましての企画となります
審査も割と緩いといいますか
しまにょ艦隊や大和堆に関しても
Appstoreが意味不明な理由で配信できないのに対して
「軽いジョーク」として配信してくれる事と
あとはふんだんに使えるメモリ容量などから
こちらで作りたいものが制作しやすいという理由もあります
このセール情報は来週中には発表したいと考えています

ハイルスベルクの戦い(1807/06/10)

ハイルスベルクはアイラウの南方に位置する町で
ロシア軍が陣地化していました
1807年の6月に入ると
ロシア軍は段階的に後退を続け
6月9日までにハイルスブルクへ集結していました
このロシア軍へ集結前のフランス軍が攻撃を仕掛け
結果的にロシア軍を退却に追い込むのですが
ナポレオン不在のフランス軍は
各軍団の連携が思うように取れず思わぬ苦戦を強いられる事を
示してしまった戦いとしてしまった事は
後々のプロイセン軍の戦略に影響を与えています
ともあれこのの戦いの後
ロシア軍はアレ側沿いにフリートラントまで退却し
その地で決戦をむかえる事となります

タブレットウォーゲームの行方徒然

国際通信社の中黒さんより
「タブレットウォーゲーム」のネーミングをいただき
こまあぶをスタートされたのが2014年の1月でした
当時はあのSONYもタブレットを出していて
これからはタブレットの時代になるんだよなぁと
強く思い込んでの制作開始だったのですが
残念ながら日本ではiPad一択となり
Androidタブレットは壊滅的な市場となりまして
代わりにAmazonタブレットなるものが登場していねものの
使いやすかった7インチ版が今後どうなるのか微妙でして
当初はほぼ動かなかったWindowsストアが
Microsoftストアと名将変更してから数年が経ち
少しずつではあるのですがこちらの売上も伸びてきました
ただこのユーザーさんはタブレットで遊んでいるのではなく
およそ24インチくらいのモニタでのプレイではないのだろうか
という憶測がどうにも否めません
現在ドイツポーランド戦役を制作しているのですが
先行配信「イエナの戦い」は通常のこまあぷ規格であるものの
追加更新「イエナアウエルシュタットの戦い」では
その倍くらいのマップ画面に規格を拡大させてみました
今後もずっとタブレット規格で進めるか
Windowsといいますかコンシューマ規格に回帰するか
いろいろと試験的な意味のあるシナリオとなります
ともあれゲームとしては面白く仕上がっていますのでご期待下さい

ダンチヒ包囲戦(1807/03~05)

アイラウの戦いで勝利したフランス軍は
冬営する為に戦線を後退させます
こうしてアイラウ村はロシア軍が奪取する事になるのですが
この間フランス軍は兵の補充を行い
損耗した兵力をほぼ回復させているのに対して
ロシア軍は1万ほどの補充を得たものの
損耗した兵の1/2~1/3程度しか補充できていません
ただし回復したフランス軍にしても
補充された兵力はドイツ・オランダの兵が多く
不安要素を伴うもののとなっていました
こうした中要所であるダンチヒの包囲戦が始まります
ダンチヒのプロイセン軍は
イエナから敗走してきたカルクロイト元帥に率いられた兵と
ロシア軍の総勢2万弱に対し
フランス軍は第10軍団(3万弱)が担当します
但しこの兵力は前記の通りほぼ外国人部隊の軍団でした
このフランス軍は第8軍団が増援として到着すると
カルクロイトは降伏します
こうしてダンチヒはナポレオンにより周辺の土地を合わせて
自由都市ダンチヒとなりました

ワグラム試作

ドイツポーランド戦役と平行作業している
オーストリア戦役にて先行配信予定のワグラムを試作
今月中の配信開始を予定しています
スタート時は容量を削減する為に
アスベンエスリンクとマップを共用させようと
ちょっとセコく考えておりましたが
ドイツポーランドの方で
更に容量を圧縮する方法へ変更したので
別マップを切りなおそうかと考えております
ともあれ先行配信分の制作を急ぎます
アスペンエスリンク_ワグラム

アイラウの戦い(1807/02/06~07)

ワルシャワを制圧したフランス軍は冬営の準備に移ります
これに対してロシア軍は迂回攻撃を計画
ただ機動中にフランス軍の第6軍団に発見されてしまい
交戦が発生しますがフランス軍は巧みに後退戦を展開
これを撤退と判断したロシア軍は
バルト海沿岸(ケニッヒスベルク~ダンチヒ間)を確保したと判断
冬営の準備に移ろうとします
ところがロシア軍との交戦を知ったナポレオンはアイラウ村へ進軍
分散していた各軍団を集結させます
こうして発生したのがアイラウの戦いでした
結果として両軍痛み分けという結果で終わるのですが
それまで常勝とされていたナポレオンにとって
後に大敗するロシア戦役を予感させる要因は多々生じていました
 視界不良の悪天候の中での戦闘(誤爆や行軍の遅れなど)
 長期遠征に伴う士気の低下
 河の流れを伴わない機動順路
 補給路の延長
 ドイツ兵の組み込み(多国籍の連合軍化)
このような問題です
現在制作中のドイツポーランド戦役においても
ヒストリカルシナリオとしてアイラウの戦いを実装しますが
史実同様の泥仕合が多く発生します
なおこちらはver1.1でのポーランド戦役(キャンペーンシナリオ)でも
収録としておりますのでご期待下さい
アイラウの戦い
(上下左右の角に配置されている部隊は増援部隊)

アウステルリッツの更新予定

アウステルリッツの戦いの配信後
ワーテルロー戦役とドイツポーランド戦役と続く中で
軽量化などプログラムを大幅に改修してきたので
アウステルリッツの戦いも合わせて更新します
実はもう少し早い段階で更新予定だったのですが
iOSの審査基準の変更に伴い
Unityのバージョンを変更されられた関係で
テスト工数などがとれなくて遅れていました
更新の時期としましては
ドイツポーランド戦役のver1.0更新に合わせて
一緒に更新させようと考えています

ワルシャワ近郊の戦い(1806/12/22~26)

ベルリンを制圧したナポレオンはポーランドへ侵攻
ベスラ川沿いにある町トルニ・ワルシャワを補給基地にして
東プロイセン侵攻の足掛かりにしようとします
この時ロシア軍と衝突する戦いがワルシャワ近郊て生じました
フランス軍は直前までドイツの征討作戦を行っていた為
各軍団が横に伸びた機動を追展開しており
ロシア軍も二手に分かれて侵攻してきた為
合流を優先した事から
お互い決定打を与える事ができずに幕引きとなりました
ただナポレオンはこの戦いで兵士の士気低下に悩まされ
また冬の到来と共に冬営の準備を進める事となります
ロシア軍との決戦は冬が明けてからの計画とされました
開発中のドイツポーランド戦役の中で
この戦いはシナリオ化しませかず
歴史コンテンツの中でご紹介しようと思います

一級土木施工管理技士の試験

昨日は一級土木施工管理技士の学科試験があり
一年ぶりくらいに博多泊
久しぶりに本屋へ寄ったりしましたが
人通りは一定あるものの
裏通りの居酒屋は無くなっている所も多くて
夜はゲームの方の作業を半分ほど入れました
試験の方は実技試験が12月にあるので
それまでもう少し勉強します

イエナ・アウエルシュタット合体シナリオ調整中

ドイツポーランド戦役におきまして
先行配信シナリオでイエナを収録していますが
アウエルシュタットをどうすか検討しており
単独で出すか合体シナリオで出すかを考えてましたが
(合体するとユニット数が増えて手番不足が懸念要素)
合体シナリオでフルメンバー出場でも
なんとかギリいけそうな感じなので
合体版の調整を急ぐ事にしました
それでもTIMEOVERは増えるので
サドンデス条件をもう少し詰めますが
それにもテスト統計が重要なので
週明けの作業として統計データを急ぐ事にします
イエナアウエルシュタットの戦い
(フルメンバー登場のテスト画像)

サイフォンボードゲーム研究会(2020/10/03)

アナログでもデジタルでもテストプレイは行いますが
デジタルの最大の利点は回数が稼げる事
アナログで10回やれる時間で
デジタルだと100回はテストできます
これは特に仮想シナリオで勝敗の統計データをとる場合に
すごく有効なデータ(特にパワーバランスの)がとれます
その統計データを元にレートを調整したり
計算式を変更したりできますので数は力です
そんなこんなで現在はイエナとフリートラントを仮想化
 未登場のままの部隊が登場していたらどうなるか
 同じ戦力でも有効な配置であった場合はどうなるか
 登場する時間や場所が異なる場合はどうなるか
この辺りが仮想化のパターンである訳ですが
イエナにはろフリートラントにしろ
かなり面白いものに仕上がってきています
特にフリートラントの場合は
同じ戦力なのに配置が変わっただけで
こんなに違う(真逆の勝敗率)のかと思えるほど変わりました
次第に有効なテスティングができるようになってきたので
今後の更新にご期待下さい
バナー
サイフォン公式トップページ
SGC Si-phon Game Club
薔薇の騎士シリーズ
ソロアプ
こまあぷ(駒アプ)
サイフォンデジタルアプリ
Si-phon Board Game
信玄上洛~デジタルアプリ版
信玄上洛~武田の御旗を打ち立てよ~
太平洋決戦~全軍突撃せよ~
空母決戦~日本機動部隊の戦い~
戦ノ国~もののふ絵巻~
源平争乱~将軍への道~
サイフォン通販
カテゴリータグ
サイト内検索
カレンダー
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
リンク
フィード
管理

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174